スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:Windows

    1: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 23:54:28.25 ID:???0.net
    no title

    最新のよりも、ちょっと昔のWindowsぽい感じに。

    マイクロソフトはWindows 8の改良アップデートを続行する一方で、次の準備だってしているわけ です。
    ネタ元のMyceがリーク画像として公開しているのが、Windows 9のスクリーンショット Windows 9のスクリーンショット。
    「 Threshold Threshold」という名前で進行しているプロジェクトですが、つまりはWindows 9です。

    見たところ、Windows 8のメトロ/モダンスタイルデザインに、それまでのスタートメニューが加 わった
    ちょうど真ん中 ちょうど真ん中な印象をうけます。Windows 8.1のアップデートはもう間近で、
    スタートメ ニューもそのうち追加されるだろうと噂されていました。今回のリークをふまえると、
    噂されている方向性は間違っていないように思えます。タイルデザインの「閉じる」「最小化」
    「最大化」も 加わるようで、あと欲しいのはリサイズくらいなもんでしょうか。 
    続きはコチラ

    gearfit-e1404369368707

    アップルのiWatchは今秋リリースと予想されていますが、マイクロソフトもアップルやグーグル、サムスンに対抗して1年以上前から腕時計型のデバイスを開発しているようです。

    マイクロソフトが開発しているデバイスは1.5インチディスプレイを搭載し、スマートウォッチというよりもフィットネスバンドとしての機能にフォーカスしているとWindows関連のブロガーPaul Thurrott氏が報じています。


    スマートウォッチよりもフィットネスバンド、生体センサーを搭載
    マイクロソフトの開発中のデバイスは先行しているサムスンのGalaxy Gearのような腕時計スタイルよりも、Gear Fitに近いフィットネスバンドスタイルで、スマートフォンと連動して着信やメールなどの通知機能を搭載するようです。

    また、アップルのiWatchやサムスンの端末と同じように複数の異なったセンサーを搭載しており、カロリー消費量や心拍数などの健康に関する数値情報を記録できるようになっています。

    Windowsだけでなく、iOS、Androidにも対応 一方、アップルのiWatchやグーグル、サムスンの端末とは違い、マイクロソフトのスマートリストバンドはWindows端末だけでなく、iPhoneやiPadなどのiOS端末やAndroid端末にも対応しています。

    スマートフォンとタブレットの市場でのWindowsがAndroidやiOSと比較して、低いシェアとなっていることを考えると、これは仕方がないのかもしれませんが、マイクロソフトにとっては賢い選択かもしれません。
    続きはコチラ

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/06/02(月) 18:41:15.58 ID:???
    台湾で6月3日から始まるPC 関連の見本市Computex 2014 を前に、ASUS がAndroid スマートフォンを脱着できる
    Windows ノート/タブレットASUS Transformer Book V を発表しました。

    Transformer Book V は、キーボードを外してタブレットとしても使えるWindows ノート。
    ディスプレイの背面にAndroid スマートフォンを取り付けられるのが特徴で、スマートフォン装着時はWindows とAndroid を
    切り替えられます。

    no title

    引用元: ・【PC】ASUS androidスマホを脱着できるWindowsノート/タブレット発表 2014/06/02

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|amlogo390x95

     エンバカデロ・テクノロジーズは4月21日、1つのコードでiOSとAndroidに対応したネイティブアプリの統合開発基盤「Appmethod」の販売を開始した。

     Appmethodは、すでに提供されている統合開発ツール
    「Delphi」「C++Builder」をマルチデバイス向けに開発機能を絞り再構成したものだ。

     
    サブスクリプション形式で利用できる。
    税別価格は、個人ユーザー向けが年間3万4000円、企業ユーザー向けが年間11万円。

     企業向けでは、企業内のバックエンドにアクセスできる機能やクラウドにアクセスできる機能などがオプションとして提供され、利用するデバイスの数で課金される。

    6月からは、個人向けにAndroidアプリをC++で開発できる個人向けプランを無償で提供。


     Appmethodは、DelphiやC++Builder、これらを含むスイート製品の「RAD Studio」と 同様
    CPUで直接実行されるネイティブコードでマルチデバイスに対応し、デバイスの性能を活かしたアプリケーションを構築できるという。

     アプリケーションを構成するコンポーネントをドラッグ&ドロップで開発する手法
    「ビジュアルRAD」でアプリケーションを作成するため、記述しなければならないコード量は、従来のおよそ5分の1に削減できるとした。

    さらに、一度開発したアプリケーションコードは、他のデバイス向けにもわずかな修正で利用できる。
    1つのソースコードでWindowsやOS X、iOS、Andoridを開発できる。


     日本法人代表の藤井等氏は
    「PC向けのソフト開発者は(Windowsの)XPから7/8へ対応するアプリを作っている担当者も多く、モバイルに関われていないと聞く。モバイルアプリの開発者はPC向けソフト開発が分からないという人もいる。両者をつなぎたい」と語った。
     


    Official:appmethod

    IT情報つめこみ速報|smartphoneOS
    iPadとAndroidがタブレット市場で激しく火花を散らす中、Windowsは大きく出遅れている。

    米Microsoftはこの状況を打破すべく、
    低価格向け端末に対してWindowsを無料で提供する。

    この戦略は果たして吉と出るのだろうか。

    詳細:
    “ゼロ円Windows”で格安タブレットが急増? Microsoft新戦略を深読みする 続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ