スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:GALAXYS5

    IT情報つめこみ速報|Galaxy-S5-Main-Board
    via.Wired
    さまざまな最新機器を分解しては部品のコスト概算を行うことで有名なIHS社
     またひとつコスト概算を発表した。

    IHS社による分解の対象になったのは、サムスンの最新フラグシップ機「Galaxy S5」。

    IHS社によると、Galaxy S5の32GBモデルのBOM(Bills of materials:部品表)コストは251.52ドルだという。
    今回のBOMコストは、物理的な部品だけを計算しており、研究開発、マーケティング、ソフトウェアなど、スマートフォンを市場投入するのに必要なほかの無数の項目のコストは含まれていない。

    それでも、さまざまな機器のBOMコストと比較すると興味深い。
    約600ドルのスマートフォンでBOMコストが250ドルなのは高くないように思えるかもしれない。
    しかし、サムスンはもう何年間もコスト増に手を焼いているようだ。
    S5のBMOコストは、S4(236ドル)やS3(205ドル)よりも高くなっている。
    また、S5よりずっと小型である「iPhone 5s」(207ドル)と比べて高価だ。

    最も額が大きいのは、1,080pの5.1インチ「AMOLED」ディスプレイで、63ドルだという。
    次に大きいのは、クアルコム製のSoC(システムオンチップ)、2.5GHzの「Snapdragon 801」だ。
    これは電話モデム込みで41ドルだという。

    ユーザーによってはお金を出したくないと思うかもしれない目新しい追加ハードウェアは、実はそれほど高くない。
    心拍数センサーは1.45ドル。

    「簡単に破られる」と指摘された指紋読取装置は、IHS社が独立した項目として計上しなかったほど低コストだ。

    IHS社はまた、S5の設計全般についても以下のように評している。

    「S5は、保守的で漸進的な設計手法の好例だ。設計に変革や大きな前進はない」

    IT情報つめこみ速報|GalaxyS5-640x361
     フラッグシップとしては初の防水端末となったGalaxy S5
    その防水性に疑問があるという内容がPhandDroidで報告されています。

     バックドアなどを完全に閉じた状態でシャワーにあてたところ、内部に水滴が入り、カメラも曇ってしまったということです。

     PhanDroidではこれまでもGalaxy S5の水没テストを行っていますが、その際にはこのようなことは起きていませんでした。
     Galaxy S5はIP67の防水防塵性能を持っているため簡単には浸水しないと思いますが、今回のテストではシャワーを使ったというのがポイントかもしれません。

    あまり知られていませんが、IPX7の防水性能は条件として
    水温は常温(5℃~35℃)ということになっています。

    このため、本来はお風呂での使用は保証対象外です
    (機種によっては一時的にはお風呂での使用をOKとしているものもあります)

    どの程度の温度でシャワーを使っていたのかは不明で、そもそもGalaxy S5自体の問題だった可能性もあるのでなんとも言えませんが、端末の防水性能を過信するのはほどほどにしておいたほうがいいかもしれません。

    Samsungは防水端末Galaxy S4 Activeでも
    水没後にボタンが使用不可能になるというトラブルがありました。
    参考サイト:PHANDROID

    IT情報つめこみ速報|samsung-fingerprint-scanner

     ドイツのセキュリティベンダーSRLabsは、GALAXY S5の指紋認証センサーを突破する様子をネット上に公開しました。
     

     SRLabsがアップロードした動画では、指で通常通りに指紋を認証した後、その指から複製した指紋を用いて、PayPal認証を行う様子が映しだされています。

     この方法は、AppleのiPhone 5sの指紋認証センサー「Touch ID」にも用いられた方法です。

    iPhone 5sの実験でも、同様に指紋認証は複製された指紋によって突破されていました。
    やはりスマートフォン内蔵のセンサーが複製された指紋を見破ることは、現状では難しいようです。  

    GALAXY S5は4月11日に世界で発売された、SAMSUNGのフラッグシップモデルでホームボタンに指紋認証センサーを内蔵しているのが特徴。

     盗難に遭った場合、PayPalアカウントからお金を送金されることも考えられます。
     指紋認証はあくまでパスコードの代替手段であり、不安な人は指紋認証を利用しないことが最も懸命な対策方法と言えそうです。

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ