スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:DNA

    tacticsogre_02_cs1w1_573x640
    1: 目潰し(空)@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 11:54:49.69 ID:ihMgpPd4i.net BE:601732212-PLT(14019) ポイント特典
    出会いは偶然ではなく、DNAレベルで選んでいた! 友人は自分と似たDNA構造をしていることが判明 

     竹馬の友というように、普段自分の周りにいる友人は、共通の趣味や考え方があったり、たまたま学校や職場が同じだったと、偶然の出会いだと思われてきた。
    恋人なんていえば、まさにフォーリンラブ、なおさら偶然が重なってできた関係だと思われがちであるが、それらはなんと、「遺伝子レベルのつながり」であるという新しい研究結果が発表されたのである。
    ソウルメイトの根拠は遺伝子にあったというのだろうか?

    ■友人は4番目の従兄弟とほぼ同じDNA構造を持つ
     遺伝子医学および政治学を専門にするカリフォルニア大学のジェームズ·ファウラー教授と、社会学の専門家であるエール大学のニコラス・クリスタキス教授は、
    マサチューセッツ州の小さな町にあるフラミンガム研究所が1948年より集めてきたデータを解析し、友人と呼ばれる関係で結ばれた人々は驚くほどDNA構造が似ていることを発見した。
     ファウラー教授はBBCのインタビューに対し、「彼らは狭いコミュニティで形成されたがゆえに友人と捉えているが、それらは意識下において遺伝子構造が深く関係しているのです」と語った。
    狭いコミュニティというのは、後述のフラミンガム研究所の成り立ちに起因している。
     彼らは小さな町からランダムに選んだ2,000人の遺伝子データから、1,400組の友人関係を見つけ、実際にそれが確認された。
    全米科学アカデミーの機関誌に発表された調査結果によれば、「友人とは見知らぬ他人と比べて、約0.1パーセント以上多くのDNAを共有している」というのだ。
    これは、4番目の従兄弟とほぼ同じDNA構造を持つことを意味している。
    ファウラー教授は、「我々は表面的に自分と似た人と友人関係を形成しているのでなく、実際には無意識的に、深い遺伝子レベルで関係を形成しているのです」と述べている。

    ■友人が持つ遺伝は嗅覚!?
     ちなみに、彼らの研究ではさらに面白いことが分かっている。それは、近い友人ほど、嗅覚の部分で遺伝子構造が非常に似ているということだ。

    no title

    http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201407_post_4516.html

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|Machine
    1: Ψ 2014/04/11(金) 12:14:00.98 ID:fv5Onhaz0
     イスラエル バル・イラン大学の研究チームが、生きたゴキブリの体内で、
    任意の場所に薬を投与するナノボットを開発したとNewsScientist誌が8日付けで報じている。

     このナノボットは、DNAの結着性を利用したもので、DNAはある種のたんぱく質と出会うと
    2本鎖がほどかれるが、DNAの配列を人工的に調整することで、
    特定の分子に出会った時に鎖をほどくようにすることができる。

    これを応用し、ナノボットが特定の細胞にたどり着いた時に折り畳み構造がほどかれ、
    ナノボットが中に抱えていた薬が投与されるという具合だ。

    同チームは今回、生きたゴキブリにさまざまな種類のナノボットを投与し、
    送出および制御精度をコンピュータシステムと同レベルにまで高めたという。

     実際この仕組みを使って、ナノボットによる演算を行なうこともできるといい、ゴキブリの体内で
    コモドール64やAtari800などの8bitコンピュータに匹敵する
    演算性能を実現することすらできるとしている。

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20140411_643902.html

     とは言え、研究の目的はゴキブリ型コンピュータの開発ではなく、
    免疫反応を回避しながら、特定のがん細胞にだけ的確に投薬できる技術の確立だという。

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ