google01_s
 Googleは、テレビにHDMI接続して、YouTube動画などを楽しめるスティック型デバイス「Chromecast」を28日午前9時から日本国内で発売開始する。価格は4,200円。28日9時からGoogle Playで注文を受け付け、3~5営業日で配送するほか、Amazonやビックカメラ、ヤマダ電機グループなどで販売する。日本投入にあわせて、dビデオやauビデオパスなどの定額制ビデオ配信サービスに対応する。

 スマートフォンなどで視聴中のコンテンツを、無線LAN経由でChromecastに伝送し、テレビ出力できるなど、スマホ/タブレット連携を前提としたHDMIスティック端末。IEEE 802.11b/g/nの無線LANに対応し、最高1080pの映像を受信/出力できる。

 例えば、スマホのYouTubeで再生中の番組などを、簡単にテレビに表示できるほか、YouTube、Google Play 映画&テレビなどのアプリからChromecastへの出力が可能。また日本でのサービス開始にあわせて、NTTドコモが展開する定額制ビデオ配信「dビデオ」やKDDIの「auビデオパス」に対応した。dビデオは28日にアプリを提供、ビデオパスも近日提供開始としている。
 

 対応OSはAndroid 2.3以降と、iOS 6以降、Windows 7以降、Mac OS X 10.7以降と、Chromebook。HDMI CECにも対応。電源はUSBで供給し、電源アダプタやUSB電源供給ケーブルが付属。外形寸法は72×35×12mm(縦×横×厚み)、重量は34g。 
 

引用元:
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140527_650304.html 
製品情報:
https://play.google.com/store/devices/details?id=chromecast
続きはコチラ