スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:ChromeOS

    pavilion10f000

     HP SlateBookは、14インチのフルHD(解像度は1920×2080ドット)対応タッチディスプレイを搭載し、OSに「Android 4.3 Jelly Bean」を採用する。
    動作周波数1.8GHzの米NVIDIA製「Tegra 4」プロセッサ、2Gバイトのメモリーを備える。
     

     また同社は、Webアプリケーションに特化したOS「Chrome OS」を搭載するノートパソコン
    (総称「Chromebook」)の拡充を発表した。

    そのほか、ディスプレイ部を360度回転できる15.6インチディスプレイの「HP ENVY x360」と13.3インチディスプレイ搭載の「HP Pavilion x360」、ディスプレイ部とキーボード部を分離できる13.3インチディスプレイ搭載の「HP Split x2」を6月から7月にかけて米国でリリースすることも明らかにした。


    ※画像は静音モバイル 同社 Pavilion 10-f000 (販売中製品) 続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|Chrome OS搭載タブレット

     米Googleの「Chrome OS」を搭載する初のタブレット製品が近いうちに発表となるかもしれない。

     Chrome OSは、低価格ノートPC向けに設計されたOSであり、タブレット向けではない。

    先日発表されたChrome OSの新版には、オンスクリーンキーボードが新たに追加された。

    オンスクリーンキーボードは、ノートPCには不要だが、タブレットには必要不可欠な機能だ。

      この機能強化に続いて、台湾AcerはChrome OSベースのタブレットを発表する見通しである。

     その招待状には「A Touch More Connected」というメッセージが添えられており、タッチスクリーンに関連した製品の発表だと予想される。

     無論、消費者にとってもアドバンテージがある。特に影響が多いのが、価格面でのメリットだ。

    Chrome OSは、スペックの低い低価格のプロセッサで動作する上、ファイルをオンライン上で保管するため、ストレージ容量を最小限に抑えることができる。

    現在、フルサイズタブレットの多くは、500ドル以上の価格帯で販売されている。

    Chrome OSを搭載するタブレットでは、さらに価格を抑えられると見込まれる。

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ