スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:Android

    garasumarl

    1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 13:51:57.20 ID:???i.net
    ・街中や電車の中などを見回せばスマートフォンだらけの昨今。今年3月末の総務省の調査によると、 世帯普及率では54.7%となり、過半数を超えた。そんなスマートフォンだが、今年に入ってからの 販売台数が低下してきているというデータも……。

     電子情報技術産業協会 (JEITA)の調査によると、今年5月の携帯電話の販売台数は158万台で、 前年同月比93%となったが、スマートフォンは68.6%で、前年同期よりも3割以上の減少となった。
     この傾向は、今年に入ってから続いており、1月には前年同期比100.6%となったものの、2月は38.6%、4月は26.6%だった。また、iPhoneを中心にのりかえキャッシュバック商戦が過熱した3月でも83.8%に留まっている。

     一方、店では隅のほうに追いやられ、すっかり存在感が薄くなったとおもわれていた「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話の人気は、意外にも根強い。同調査によると、携帯電話の販売台数全体に占める従来型携帯電話の割合は、今年1月以降50%を超えており、特に、大手各社からスマートフォンの新機種の発売がなく、商戦が一段落した4月には91.8%に達していた。

     いったいなぜなのだろうか?

     スマートフォンの普及度を年齢層別で見ると、情報機器に慣れ親しんでいる人が多い10代、20代を中心にスマートフォンの所有率は、7割から8割に達しているというデータもある。すでに高い所有率を維持しているため、伸びしろが少なくなっていることが考えられる。

     一方50代、60代の所有率は半分以下だというデータもある。やはり、情報量が多く、操作が複雑で、なおかつ大手各社の機種ともなれば通信料金も高くつくので、それに抵抗を感じている人も多いのか、機種変更の際にも再度ガラケーを選ぶ人が少なくないようである。

     また、周りの人や店の販売員などにスマートフォンを勧められて購入したものの
    「思ったほど必要がなかった」
    「操作がしにくい」
    「通信料金が高い」などの理由で、ガラケーに戻すといったケースもあるそうだ。

     調査結果をみると、携帯電話会社の新機種はスマートフォンがほとんどである。この状況では、 「ガラケーの復権」とまでは言えないかもしれない。
    しかし、ボタンの押した感覚がすぐに分かる物理キーを使用して、電話やメールの操作が簡単に行えるガラケーの需要が根強いのも確かだ。
     更に、大手通信各社がこの夏から設けた音声定額プランでは、「ガラケー」用の月額定額料金を、 スマートフォン用よりも500円ほど安く設定してきた。
    仕事で通話することが多かったり、ついつい長電話してしまったりする人にとっては、まだまだ「ガラケー」が現役なのかもしれない。

     あなたはどっち派?
     http://news.livedoor.com/article/detail/9086898/
    続きはコチラ

    trq_001

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/22(火) 15:11:19.71 ID:oJTyVAzf0.net
    https://www.youtube.com/watch?v=svNLxf4FJPQ



    実験
    ・約2mから落下
    ・海への落下
    ・水を張ったガラス容器に入れて冷凍庫へ投入
    ・沸騰したお湯の中へ投入
    ・洗濯機に中に入れ洗濯脱水
    ・軽自動車で踏み潰す

    続きはコチラ

    pavilion10f000

     HP SlateBookは、14インチのフルHD(解像度は1920×2080ドット)対応タッチディスプレイを搭載し、OSに「Android 4.3 Jelly Bean」を採用する。
    動作周波数1.8GHzの米NVIDIA製「Tegra 4」プロセッサ、2Gバイトのメモリーを備える。
     

     また同社は、Webアプリケーションに特化したOS「Chrome OS」を搭載するノートパソコン
    (総称「Chromebook」)の拡充を発表した。

    そのほか、ディスプレイ部を360度回転できる15.6インチディスプレイの「HP ENVY x360」と13.3インチディスプレイ搭載の「HP Pavilion x360」、ディスプレイ部とキーボード部を分離できる13.3インチディスプレイ搭載の「HP Split x2」を6月から7月にかけて米国でリリースすることも明らかにした。


    ※画像は静音モバイル 同社 Pavilion 10-f000 (販売中製品) 続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|sanzo_s
    via.R25
    ロボットが家族の一員になり、日々の暮らしをサポートする未来が、近く現実のものになるかもしれない。

    サンヨーホームズが開発した「MIRAI SANZO(ミライ サンゾー)」は、同社が手掛けるスマートハウスの技術と連動し、様々な機能で生活を「お手伝い」する
    「Android」OSを採用した家庭用ロボット。

    Android OSを搭載した量産型の家庭用ロボットの販売は国内初という。

     最大の特徴はコミュニケーション能力。
    東芝ホームアプライアンスのホームITシステム「フェミニティ」と、ナノコネクトの音声制御アプリを搭載しており、ロボットを介して家庭内のエネルギー消費量をモニタリングすることができる。

    話しかけることでエアコンや床暖房の運転操作やお風呂の給湯、玄関の施錠などを行ってくれるほか、簡単な言葉を交わすことが可能。

     例えば「リビング、エアコン、ON!」といえばエアコンをONにするなど、各家庭機器を音声で操作することができる。
    パソコンや携帯電話からも操作も可能。
    さらに7色のLEDを搭載したSANZOは色で“感情”表現で電気を使いすぎるとピンク色に光って怒り、何もせず放置すると寂しくて青ざめるという。

    電力使用量可視化によりムダをチェックするシステムは増えているが、こんな機能は他にない。


    「家庭内での発電量や電力使用量を計測するといったスマートハウスの技術は普及し始めていますが、操作が難しいと思われがちです。こうしたIT技術と住まい手の橋渡しをしてくれるのがコミュニケーションロボット『SANZO』です。まさに、賢い家族が加わった感覚で使っていただけると嬉しいですね」
    (サンヨーホームズ商品企画室)


    7月15日から本格販売を開始。
    サイズは直径22cm。
    価格はSANZOと制御システム込みで70万円程度

    IT情報つめこみ速報|Chrome OS搭載タブレット

     米Googleの「Chrome OS」を搭載する初のタブレット製品が近いうちに発表となるかもしれない。

     Chrome OSは、低価格ノートPC向けに設計されたOSであり、タブレット向けではない。

    先日発表されたChrome OSの新版には、オンスクリーンキーボードが新たに追加された。

    オンスクリーンキーボードは、ノートPCには不要だが、タブレットには必要不可欠な機能だ。

      この機能強化に続いて、台湾AcerはChrome OSベースのタブレットを発表する見通しである。

     その招待状には「A Touch More Connected」というメッセージが添えられており、タッチスクリーンに関連した製品の発表だと予想される。

     無論、消費者にとってもアドバンテージがある。特に影響が多いのが、価格面でのメリットだ。

    Chrome OSは、スペックの低い低価格のプロセッサで動作する上、ファイルをオンライン上で保管するため、ストレージ容量を最小限に抑えることができる。

    現在、フルサイズタブレットの多くは、500ドル以上の価格帯で販売されている。

    Chrome OSを搭載するタブレットでは、さらに価格を抑えられると見込まれる。

    IT情報つめこみ速報|inforod270x152

    日本の企業、ウエストユニティスから新しいGlassデバイスが発表。

    発表されたinforodはGoogle Glass風の片持ちレンズ方式。

    先端に400×240の小型ディスプレイ搭載。
    操作は音声認識のほか、本体側面をタッチすることでも操作が可能。

    本体には交換可能なバッテリ内蔵で重さ48g。OSにはAndroid 4.2.2を採用。
     

    発売は7月予定。価格は135,000円とのこと。

     

    IT情報つめこみ速報|googleglass SMS for iPhone
    「Google Glass」にAppleの「iPhone」向け機能が新たに追加される。
     今週公開予定の新機能を利用すると、iPhoneユーザーはGlassのディスプレイにカレンダーのイベントやテキストメッセージを表示させることができる。
    Googleは数日前にGlassをAndroidの最新版である「KitKat」に対応させたばかりだ。

     Googleによると、米国時間4月25日に公開予定の「XE16」への最新アップデートを適用しても、「『iOS』の制約」のために、iPhoneユーザーはテキストメッセージに返信することはできないという。

     カレンダーアプリもGlassのディスプレイにユーザーの予定を表示させることができるほか、返信を送ったり、イベントを非表示に設定したりすることも可能だ。

     Googleにとって、Glassは依然として開発中の試作品だ。
    そして、GlassのエコシステムはAndroidと同じくらいオープンなものになりそうだ。

    IT情報つめこみ速報|bigsim
     ビックカメラは4月18日、通信料と端末代込みで月額2830円(税別)からのスマートフォンを発売した。
    同社のSIMカード「BIC SIM」のMNP(番号ポータビリティ)対応に合わせ台数限定で販売する。
     

     発売するのはSIMロックフリー端末とのセットで、


    (1)3G対応・Android 4.2/4.5インチ液晶ディスプレイ搭載「FleaPhone」(Covia製、CP-F03A)+BIC SIM(音声通話・データ通信)+Wi-Fiサービス:月額2830円
    (税別、3年目から月額1900円)
     

    (2)LTE対応・Nexus 7(2013)+BIC SIM(データ通信)+Wi-Fiサービス:月額2580円
    (税別、3年目から月額900円)
     

    (3)3G対応・Android 4.2/6インチ液晶ディスプレイ搭載「Fonepad Note 6」(ASUS製)+BIC SIM(音声通話・データ通信)+Wi-Fiサービス:月額3580円
    (税別、3年目から月額1900円)
     

    ビックカメラ全店と、コジマ2店舗(コジマ×ビックカメラ梶ヶ谷店、NEW静岡店)で
    合計1000セット限定で販売する。

    IT情報つめこみ速報|Flickr

     米Flickrは4月17日(現地時間)、モバイルアプリの新版「Flickr 3.0」を発表した。
    デザインを刷新。

     撮影機能、クラウドへのアップロード、管理機能、共有機能、すべてを改善・強化した。
    価格は無料。

    iPhone用をApp Storeから、Android用をGoogle Playから入手できる。

    新しいFlickrアプリは、フィードの読み込みが高速になった。
    また、お気に入りやコメント、共有などに写真から容易にアクセスできるデザインになっており、写真を通じたコミュニケーションがさらに快適になった。
     

     撮影機能は、新たに最長30秒のHD動画の撮影・編集が可能になった。
    写真機能と同じライブフィルターを使用できる。
     

     現在Flickrは、500,000枚以上の写真を収められる1TBのオンラインストレージを無料提供している。
    Flickr 3.0では、iOSアプリだけではなく、AndroidアプリでもAuto Syncを使って端末内の写真を自動的にFlickrにアップロードできる。

     たくさんの写真がFlickrアカウントに存在しても、Flickr 3.0と共に提供が始まった最新のインテリジェントな検索エンジンによって、従来よりも短時間で目的の写真を見つけ出せるという。

     Flickrは、時間 (例:2014年4月)、場所(例: サンフランシスコ)、シーンやオブジェクト(例: 海、クルマ、ポートレートなど)といった様々な写真分類に対応している。

    IT情報つめこみ速報|Google Camera

     Googleは米国時間4月16日、「Android」向けの新しいスタンドアロンカメラアプリである
    Google Camera」をリリースした。

     同アプリは、「Nexus」以外の端末で「Photo Sphere」を利用できるようにするとともに、
    撮影した写真に被写界深度を持たせるレンズブラー(ぼかし)効果を加えられるようにするもの。
    同社は「Google+」でこれを発表した。
     

     Googleは基本的に、Nexusシリーズのスマートフォンとタブレットのみで提供されていた多数のカメラ機能を、他の多くの「Android」端末で使用できるようにした。

    「Android 4.2」(開発コード名:「Jelly Bean 」)で導入されたPhoto Sphereカメラモードが今回、
    Google Cameraアプリで利用できるようになった。

    同モードでは、「Google Street View」の画像に似た
    特大サイズのインタラクティブなパノラマ写真を撮影することができる。

    IT情報つめこみ速報|Social Gallery-3Dicon


     今回紹介する「Social Gallery-3D」(以下、Social Gallery)は、いわゆるビューワアプリだ。

    基本的にスマホには純正のビューワアプリが搭載されているため、よほど高性能なアプリでもない限り代替アプリを利用することはないだろう。

    しかし、本アプリはひとつ特徴的な機能がある。それが、SNSとの連携だ。

    価格は無料。試用バージョンは1.5.0。

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|Windroy

     Windows上でAndroidを動作させることができるエミュレータ。

    パッケージファイルを所定のフォルダに保存することで、Android用アプリを実行できる。


     「Windroy」は、Vista以降のWindowsでAndroid用アプリを動かせるエミュレートソフト。

    起動後に表示されるコマンドプロンプトウィンドウで初期設定を行うと、続いて「Windroy」本体が起動する。

    エミュレータはフルスクリーンで動作し、画面上では
    Android端末そのものを使っているのと同じような感覚で操作できる。


    記事詳細は以下より:
    Windroy Windows 8/7/Vista(フリーソフト)

    IT情報つめこみ速報|APLI

     スマートフォンを買ったものの、どんなアプリをダウンロードしていいか分からない……。
    そんな声に応えるべく、初心者がまず入れておきたいアプリを紹介しよう。
    今回は高校生たちに聞いたオススメのアプリをまとめた。

     スマートフォンを楽しく使うのなら、ぜひとも「アプリ」を活用したい。
    iPhoneなら「App Store」 Androidなら「Google Play」にアクセスすると、
    たくさんのアプリが紹介されている。
    アプリの数は、iOS/Androidアプリともに100万本を超える。
     

     カテゴリーを見ると
    ニュース、ゲーム、ツール、スポーツ、エンタメ、ナビ、電子書籍……など多岐にわたる。

     そんな中から、どんなアプリをダウンロードすればいいのだろうか?
    そこで本コーナーでは、女子高生、大学生、社会人、主婦……といったユーザー別にオススメのアプリをピックアップしたい。
     その際、ITやスマートフォンにそれほど詳しくない一般ユーザーを調査し、なかでも利用者の多いアプリを紹介していく。


    詳細:スマホを買ったら入れておきたいアプリ10選――高校生編 続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|google-bot
    新サービスではインストール後も端末を継続的に見張り、
    全てのアプリに不審な挙動がないかどうかを確認する。 

     米Googleは4月11日、Androidを搭載したスマートフォンやタブレットを有害アプリから守るため、新しいセキュリティサービス層を追加すると発表した。

     Androidでは現在、Google Play以外のサービスからアプリをインストールする際に不正な機能がないかどうかチェックする「Verify apps」を提供している。新サービスはこれをベースとして、インストール後も端末を継続的に見張り、全てのアプリに不審な挙動がないかどうかを確認する。Googleはこれを、自宅の安全を監視するホームセキュリティサービスにたとえている。

     新サービスは無料で追加され、アプリの挙動チェックにはAndroidセキュリティチームとSafe Browsingが開発したAndroidアプリスキャンシステムを利用する。

    続きはコチラ

    Dropbox傘下のMailboxが、MailboxのAndroid版とMac版β、ユーザーのアクション履歴から学習したパターンで提案する自動スワイプ/スヌーズ機能「Auto-swipe」を発表した。
    IT情報つめこみ速報|autoswipe
     米Dropbox傘下のMailboxは4月9日(現地時間)、これまでiOS版のみだった同名のメールアプリ「Mailbox」のAndroid版を公開した。米GoogleのGoogle Playから無料でダウンロードできる。

    Mailboxは、受信箱に未読状態のメールを残さずに済む機能を搭載したクラウドベースのメール管理アプリ。メールプラットフォームとしてはGmailとiCloudのアカウントのみをサポートする(将来的には拡大する計画としている)。

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ