スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:食品

    1: ジャンピングパワーボム(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 13:17:29.18 ID:FXbSkmLzI.net BE:576142242-PLT(16000) ポイント特典
    中国の屋台の衛生が激ヤバ過ぎて鳥肌! 見る人は覚悟して

    最近話題になっている中国の食品事情。チキンナゲットの肉は期限切れの物を
    使っていたことが判明しそれが日本マクドナルドにも混入していたかもしれないと
    いうのだ。大手福記食品の管理ですらこのずさんさ。個人の経営はどんな衛生管理なのだろうか。

    私が見つけた1つの動画がある。それは中国の屋台の動画。そこには餅をこねているおばさんが
    映っており、なにやら無数の黒い点が動いている。よーく見てみるとこれは大量の虫なのである。
    大量の虫が屋台の周りを飛び回っており、売り物である餅のような菓子にたかっている。
    動画の説明によるとここに居る虫は大量のハチだとか。砂糖に釣られてやってきたのだろうか。

    またこねている餅の上にも大量の虫がたかっているが、それでもかまわず擂り潰しているおばさん。
    虫が混入したり卵を産み付ける可能性もありそうだが、「私は食べないからへーき」ということなのだろうか。
    この団子を食べた人はご愁傷様である。

    中国に行ったときはくれぐれも屋台の物を食べないように。

    http://getnews.jp/archives/635532
    no title

    続きはコチラ

    m14486
    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 12:02:58.95 ID:???0.net
    日本マクドナルドに中国産チキン全面販売中止を決定させた、上海福喜食品の使用期限切れ鶏肉使用事件。
    この問題について、『日本人を脅かす中国毒食品』(宝島社刊)を上梓したばかりのジャーナリスト・椎名玲さんはこう語る。

    「中国では昨年、46年前の67年に消費期限の切れた鶏のもも肉が、化学薬品を使用して、“新鮮な肉”に偽装されていたというニュースがありました。
    『お金になればいい』『自分が食べるものじゃないからいい』ということで、中国人の食の安全に関するモラルのひどさは、日本人には理解できないと思います。

    いくら衛生管理のためのシステムやマニュアルがあっても、実際に工場で働く中国人従業員にモラルがなければ、どうしようもありません。
    上海福喜もそうでしたが、査察のときだけごまかすことも日常茶飯事なのです」

    また『中国食品工場の秘密』の著書もあるジャーナリストの青沼陽一郎さんが言う。

    「以前、私が取材した日本向けの食品を製造している中国の工場は衛生管理も徹底していました。
    ですから、“すべての中国食品が危険”というのも短絡的すぎると思います。

    しかし上海福喜食品のケースでは、いちばんの問題はモラルの低下というより、“モラルがなかった”ことなのは、はっきりしています。
    “食品を扱っている”という認識を持っていない中国人従業員がいるはずです。ハンバーガーやチキンナゲットは、中国の食文化にありませんでしたし、扱いが雑になりやすかったのかもしれません」

    実は中国では、冷凍食品に対する評価はかなり低いようだ。現在、中国で生活している日本人ビジネスマンは次のように明かす。

    「度重なる食品汚染問題で、中国製の食品をいちばん信用していないのが中国人なのです。
    彼らは安全な食材を買い求めるときは、市場に行って肉でも魚でも野菜でも、その目や鼻で一つ一つじっくり調べてから初めて購入します。
    そこでも、“変なものをつかまされないように”と慎重ですよ。チキンナゲットは冷凍されて日本に運ばれていたわけですが、中国では“冷凍された食品”は非常に価値が低いのです。肉でも新鮮なものと冷凍ものでは、10倍ほども値段が違います」

    中国食材を輸入している日本企業も、今回の事件を契機に食の安全をもう一度見つめなおしてほしい。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140729-00010001-jisin-soci

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|マシマシチョモランマ

    【スマホアプリ今日の1本】どんどん盛っちゃって系ラーメンゲーム「マシマシ∞チョモランマ」

    ラーメンどんぶりにひたすらキャベツやモヤシが積み上がって提供される、いわゆる「チョモランマ盛り」


    どんどんと巨大化する「ラーメンを食べたい」とい う欲求に呼応するかのように

    その“標高”は上がり続けている印象があるが、
    そんな状況をただただアホらしくゲーム化してしまったのがiOS/Android「マシマシ∞チョモランマ」だ。


     詳細は以下より:
     GAME Watch 続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|餃子

    1: バーニングハンマー(大阪府) 2013/11/05(火) 17:22:56.08 ID:AUjBKkTz0 BE:1987503089-PLT(12001) ポ
    イント特典

     全国から20種類のギョーザが集結する第4回「全国餃子(ぎょうざ)祭り」が3日、

    裾野市佐野の市役所駐車場をメーン会場に始まった。

    各販売ブース前には長蛇の列ができ、来場者は次々とできあがる熱々のギョーザをほおばっていた。

    初日の入場者は3万5千人(主催者発表)。
    祭りは4日まで。


    http://www.asahi.com/articles/TKY201311030170.html
    続きはコチラ

    1: トペ スイシーダ(秋田県) 2013/11/04(月) 11:48:39.95 ID:uecZu6tp0 BE:1354425784-PLT(12123) ポイント特典
    日本人にとってカレーライスと並んで国民食と言われるラーメンは

    もともと中国から伝来した料理だ。

    日本のラーメンは伝来後に独自の発展を遂げ、現在は中国のラーメンとまったく違った料理になった。


     ラーメン発祥の地である中国においても、日本式ラーメンの人気は高いのだが、

    中国の掲示板サイト虎撲に

    「わが国は麺料理で日本に負けると言わざるを得ない」というスレッドが立てられ、

    ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。


      スレ主は日本に滞在した経験があるようで、日本の三大麺料理として

    「ラーメン、うどん、そば」を挙げ、

    「日本ではラーメンがもっとも人気で、日中のラーメンでもっとも大きな違いはスープだ」と紹介。

    日本のスープは非常に研究されていて

    「一種の文化といえる。ラーメンは1つの芸術品」
    と絶賛した。


    詳細:
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1104&f=national_1104_008.shtml
    続きはコチラ

    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/10/04(金) 14:52:37.91 ID:???

    ドゥ・ハウス モラタメ事業部はこのほど、「食欲の秋」に関するWEBアンケートを実施、

    結果を公表した。

    同調査は9月4日、同社のインターネットリサーチサービス「myアンケートASP」を利用し、

    全国の「モラタメ.net」会員のうち22歳~69歳の男女を対象に実施

    1,008人から有効回答を得た。


    ■「食欲の秋」を実感する人多数。

    秋になると食欲が増す人は80.1%

    「秋になると食欲が増しますか」との質問には、「はい」と回答した人は80.1%となり
     
    「食欲の秋」との言葉を裏付ける結果となった。

    グラフ
    IT情報つめこみ速報|秋が来たと感じる食材 YesNoグラフ



    ■秋は食べ物が一番おいしい季節だ、と思う人は78.6%

    「秋になって夏より体重が増えたことがある人」は66.5%に達した。

    また、食欲の秋といわれるだけあって
    「食べ物が一番おいしい季節」と感じている人は、78.6%に上った。

    気になる体重については、
    66.5%の人が「秋になって夏より体重が増えたことがある」と回答した。

    「夏にダイエットに成功しても秋にリバウンドする」
     
    「いつも太ってしまうことしか思い出せない。でも、太るほど食べ物がおいしい」

    といったコメントも寄せられた。


    ■「秋が来た」と感じる食材は、1位「さんま」、2位「松茸」、3位「栗」

    見たり食べたりすると「秋が来た」と感じる食材について聞いたところ

    1位「さんま」(31.4%)

    2位「松茸」(24.8%)

    3位「栗」(17.6%)となった。

    この季節にしか手に入らない高級食材「松茸」は、

    秋を感じさせる食べ物として多くの人に認知されているようだ。
    jpg

    続いて、「秋になると食べたくなるもの」については

    1位は「さんま」(67.9%)
    半数以上の人が支持した。

    2位は「栗」(49.9%)。

    3位は「梨」(47.4%)という結果となった。
    IT情報つめこみ速報|秋が来たと感じる食材 食べたくなるもの表
    「秋になると必ず食べる(または作る)料理」は、「さんまの塩焼き」(73.7%)が、
    2位に2倍以上の差をつけて1位に輝いた。

    2位は「栗ごはん」(33.2%)

    3位は「秋鮭の塩焼き」(22.5%)と、いずれも秋の食卓の定番メニューがランクイン。

    4位には「松茸以外のきのこごはん」(22.0%)が入っている。


    「秋を感じる」
    「秋になると食べたくなる」
    「必ず食べる(または作る)」
    の項目すべてにおいて、
    「さんま」が堂々の1位を獲得した。

     
    栄養価も高く、調理方法が比較的簡単で短時間でできるところ、

    また、手ごろな価格で入手しやすいところが支持を得たのかもしれないと同社では分析している。

    ソースは
    http://news.mynavi.jp/news/2013/10/04/169/index.html
    続きはコチラ

    1: ベガスφ ★ 2013/10/04(金) 08:56:04.99 ID:???

    "卵は冷蔵庫に保存するべき?それとも室温で保存するべき?"

    卵は冷蔵庫に保存するべきなのか?

    それとも、室温で保存するべきなのか?

    日本人であれば、冷蔵庫と答える人が大半だろう。

    だが海外では、特に英国ではそうとは限らないようだ。

    英国メディア Daily Mail が伝えている。

    同メディアによれば、英国ではこの問題について長く議論が戦わされてきたのだという。

    冷蔵庫に保存すべきと主張する人々は、卵にはサルモネラ菌などの細菌が含まれている可能性があり

    室温で保存すると、これらの細菌が繁殖して危険だと考えているそうだ。


    一方、冷蔵庫に保存するべきではないと考える人々も存在する。

    この人々は、卵は冷蔵庫に入れても入れなくても保存可能な期間はほとんど変わらず、

    むしろ冷蔵庫保存にはデメリットが多いと主張している。

    冷蔵庫の卵入れは冷蔵庫のドア部分に取り付けられていることが多い。
     
    このため、ドアが開け閉めされる度に卵には振動が加えられ、品質に影響を与えるというのだ。

    また、冷蔵庫に保存すると、庫内の他の食品の匂いが移り、卵の風味が損なわれることもあるという。


    さて、両者の主張はどちらが正しいのだろうか? この謎を解明するため、Daily Mail は

    英国ウェストヨークシャー州にある英国政府承認の研究所 Foodtest Laboratories に調査を依頼した。


    調査では、スーパーで購入した卵を使用。

    これを、庫内温度を6度に設定した冷蔵庫内に保存するグループと室内で保存するグループに分け、

    1週間後、2週間後のそれぞれの状態を比較した。

    比較対象となったのは、卵内に含まれる、

    大腸菌 K12 株

    黄色ブドウ球菌

    サルモネラ菌

    リステリア菌

    そしてカンピロバクター菌の数だった。


    調査の結果、両グループの細菌数には全く違いがないことがわかった。

    冷蔵庫内で保存したグループからも、室温で保存したグループからも、

    上記細菌が検出されることはなかった。

    開始時点はもちろん、1週間経過後も、2週間経過後も、両グループとも卵は無菌状態だったそうだ。


    Foodtest の運用品質マネージャーである Jay Tolley 氏は、次のように述べている。

    「室温で保存した場合と比較して、卵を冷蔵保存するメリットは何もないことがわかった」


    Daily Mail は、今回の調査で長年の疑問は解決したとしている。

    だが同時に、英国市民には、冷蔵庫から卵を取り出した後に生まれたスペースをどう有効に活用するか、

    という新たな課題が突きつけられているとも述べている。


    なお、日本と英国では、卵の収穫方法や気象条件に違いがあるため、今回の調査結果が

    日本の卵には適用できない可能性がある点については、留意されたい。



    2013/10/03 19:00
    http://entabe.jp/news/article/2968


    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ