スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:電波

    denpa

    建設現場の監督だったメクナさんは、1990年代から体調不良を訴えていたが、自分の使っていた携帯電話が原因だという結論に至ったのは、だいぶ後になってからだ。

    メクナさんは「(症状が電波に)関連があるとは思ってもみなかった」と話す。
    当初は医師に抗うつ剤を処方されたという。
    WiFi回線に近づくたび、吐き気や頭痛、不整脈が起こっていたが、グリーンバンクに滞在してから2週間経ったころ、頭痛が消えた。

    続きはコチラ

    32f29248
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 17:20:16.07 ID:???0.net
    米国の元海兵隊員が「火星で17年間過ごした」と主張していることがわかりました。英紙ミラーが報じました。
    元海軍歩兵のキャプテン・ケイ氏(仮名)は、地球人の5つの植民地を火星の原住生命体から守るため、火星に派兵されたと主張しています。

    キャプテン・ケイ氏は、火星で過ごした後、3年近く秘密の宇宙艦隊での任務にもついていたといいます。
    この宇宙艦隊は、地球防衛軍と称する多国間機構によって運営されており、米国、ロシア、中国などから軍人を採用しているそうです。

    キャプテン・ケイ氏が ExoNews TV に証言した話によると、彼は3種類の宇宙戦闘機と爆撃機の飛行訓練を受けたとのこと。
    この訓練は、月面秘密基地
    「ルナ・オペレーション・コマンド」、土星の衛星タイタン、そして深宇宙で行なわれました。

    20年間の任務を終えてキャプテン・ケイ氏は退役。月面で行なわれた引退式を主催したVIPの中には元国防長官のロナルド・ラムズフェルド氏も含まれていたとしています。

    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=1227

    引用元: ・【宇宙】元アメリカ海兵隊員、火星で17年間過ごし、植民地を防衛していたと主張

    続きはコチラ

    355
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/11(水)07:36:56 ID:Q1OStU9iR

    アニメキャラを「俺の嫁」と言ってるおまえらと

    何も違わない事に気づいてしまった

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1402439816/



    【関連記事】

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ