スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:賃金

    AS20140723005777_commL

    1: 生姜茗荷 ★@\(^o^)/ 2014/07/24(木) 07:29:35.52 ID:???0.net
    時給664円「夢も希望もない」 全国最低の9県
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140724-00000008-asahi-pol

     非正社員を含め、働き手全体の生活底上げにつながる最低賃金をめぐる議論が、大詰めだ。
    政府は全国平均15円の引き上げだった昨年以上の増額をめざす。だが、消費増税や物価高の直撃で、全国最低の664円の9県では
    「こんな水準では夢も希望もない」との声がもれる。

     梅雨明けで真夏の太陽が照りつける宮崎市内。
    ハローワーク宮崎の玄関で、白い日傘を差した女性(47)が顔を曇らせながら紙をめくっていた。

     「レジ係 時給664円」「清掃スタッフ 時給665円」。
    宮崎県内の最低賃金は664円。玄関脇の箱から取り出した一覧表には、最低賃金か、それをわずかに上回る金額の求人が目立つ。
    「短大生のころのパートより安い。これだと、フルタイムでも月に10万円少しにしかならない」

     2年前までコールセンターの契約社員だった。手取りで月給は17万円台。
    体を壊して退職し、今月から、職探しを始めた。「人手不足で賃金が上がるとか、景気がよいとか、東京だけの話なんじゃないですか」

     同じくハローワークを訪れた宮崎市のアルバイト男性(52)はため息をつく。

     「こんな金額じゃ、夢も希望もないよね」。7月に始めた草刈りの仕事は時給750円。
    最低賃金を90円近く上回るが、熱中症を心配しつつ、8時間働く。「50を過ぎ、稼げる仕事が見つからない」

    関連
    5月基本給、下方修正し横ばいに 厚労省の勤労統計
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014071801001458.html

    物価目標「2%」、企業は半信半疑 「1.5%上昇」予想、消費増税の影
    http://www.asahi.com/articles/DA3S11222059.html

    消費増税後の家計、引き締め派7割弱 調査会社調べ
    http://www.asahi.com/articles/DA3S11102994.html

    経団連が軽減税率に反対、なぜ?
    http://news.livedoor.com/article/detail/9029071/

    公明代表 軽減税率、10%引き上げと同時導入「望ましいが、首相判断」
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140722/stt14072222580008-n1.htm

    軽減税率、流通は導入慎重 与党税協聞き取り「対象品目の区分困難」
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140716/mca1407160500013-n1.htm

    続きはコチラ

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/06(日) 20:23:54.64 ID:SnaVhDBN0● BE:488538759-PLT(24000) ポイント特典
    年収300万円以下の人口の割合とその推移をグラフでまとめました。
    年収300万円以下の人口割合とその推移
    統計元:国税庁 平成24年 民間給与実態統計調査結果より
    収入格差~年収300万円以下の割合とその推移詳細データ~
    収入格差の傾向を計る指標として、全人口に占める年収300万円以下の割合の推移を折れ線グラフで、その割合を円グラフにまとめました。
    全人口に占める年収300万円以下の人口割合の推移
    統計元:国税庁 平成14-24年 民間給与実態統計調査結果より
    no title
    続きはコチラ

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/07(月) 08:33:07.25 ID:crhJ6RgD0 BE:485245446-2BP(1000)
    no title

    製造業は残業が少ない? 業種・職種別の残業時間ランキングをヴォーカーズが発表
    残業時間を職種別に見ると、20位にようやく「医療用具・医療機器の研究・開発」(56.67時間)が入るのみで、他業種と比べて比較的残業時間が少ない傾向となっている。

    同調査によると、残業時間(月間)の全体平均は約47時間。時間別では「30時間」(14.5%)が最も多く、次いで「40時間」(14.5%)、「20時間」(13%)となっている。
    月間の平均勤務日数を約20日とした場合、1日当たりの残業時間が1~2時間程度の人が41.2%を占める結果になった。

    業界別に残業時間(月間)を見ると、1位「コンサルティング、シンクタンク」(83.5時間)、2位「広告代理店、PR、SP、デザイン」(78.6時間)、3位「建築、土木、設計、設備工事」(70.8時間)だった。

     製造業では、上位30位以内に10業界がランクイン。10位「住宅設備、建材、エクステリア」(56.59時間)、11位「ゲーム関連、玩具」(53.71時間)、
    12位「印刷、紙・パルプ、書籍、パネル」(53.05時間)など、残業時間50時間を超える業界が比較的上位に入った。

     一方、残業時間の短い業界として、「自動車、自動車部品、輸送機械」「日用品、化粧品」「化学、石油、ガラス、セラミック」などの製造業が挙げられている。これらの業界は社歴が長い企業が多く、
    人事制度が確立されていること、また労働組合を持つ企業が多いことから、残業時間に対しても組織的な歯止めがかかっていると考えられる。

    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/03/news047.html

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ