スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:西之島

    1: brown_cat ★@\(^o^)/ 2014/07/23(水) 17:48:32.88 ID:???0.net
     国土地理院(茨城県つくば市)は23日、海底噴火でできた新島と合体した小笠原諸島・西之島(東京)で、海面に出ている溶岩量が東京ドーム18杯分に相当する約2220万立方メートルに達したと発表した。
    無人航空機が4日に撮影した画像を分析した。

     国土地理院によると、前回撮影した3月22日と比べると、標高は3メートル高い約74メートル、海面上の溶岩量は2倍になった。
    陸地面積は、昨年11月の噴火で新島が出現する前の約0・22平方キロから、6倍の約1・3平方キロに拡大した。

     西之島と新島は昨年12月につながり、溶岩噴出による拡大が続いている。

    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072301001280.html

    西之島付近噴火活動 斜め写真(2014.7.4撮影) 協力:(株)エアフォートサービス
    no title

    「地理院地図」に西之島付近の噴火活動関連情報を掲載しています -7月4日に撮影した西之島-|国土地理院
    http://www.gsi.go.jp/gyoumu/gyoumu41000.html

    続きはコチラ

    1: Cancer ★ 2014/06/13(金) 04:31:00.18 ID:???
    西之島の不思議:大陸の出現か?
    2014年6月12日

    東京の約1000km南方に、南北約650m、幅約200mの小さな無人島があった。西之島である。
    2013年11月20日、西之島の海岸線から約300m南東沖に海底噴火が確認され、新島を形成
    した(2013年11月25日のJAMSTECニュース・コラム参照)。新島は爆発的に、かつ着実に
    マグマを噴出して成長を続けた。2013年12月、西之島は新島と結合し、一体化した。
    2014年5月、西之島は、面積は以前の4倍、南北、東西ともに幅1,250mの島に成長した。
    激しい爆発は船舶の接近を拒み、いまも流出している西之島の溶岩は、未だ採取されて
    いない。しかし、旧西之島は1973年から74年に噴火しており、その噴出物およびそれ以前の
    溶岩は採取され、分析されている。驚くべき事に、これらの岩石はすべてSiO2(シリカ)量が
    60%前後の非常に均質な「安山岩」である。安山岩は大陸を形成する物質であり、海の
    真ん中で噴出するとは、誰も考えてはいなかった。安山岩を噴出する海洋島弧の火山、
    西之島に多くの研究者が注目している。

    写真 2014年5月21日の西之島(14:45 海上保安庁撮影)出展:海上保安庁(海域火山データベース:西之島)
    no title
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ