スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:裁判

    AS20141106003870_commL

    管理人のコメントアジア大会期間中にカメラを盗んだとして略式起訴された競泳の富田尚弥が、韓国で裁判をすることが分かった。12月1日に初公判が行われる。韓国で裁判、完全アウェイで厳しいような・・

    続きはコチラ

    05

    管理人のコメント大阪府茨木市のファミリーマートで、店長らに土下座させ、商品のたばこを脅し取ったとして恐喝罪に問われた中村剛被告、ついに判決が下った!!!

    続きはコチラ

    24

    管理人のコメント歌手のGACKT(41)が自身のブログを更新。自身の名前を許可無く使用して宣伝に利用したウェブサイトが存在したとして激怒している様子www

    続きはコチラ

    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!
    46

    管理人のコメントアイドル業界衝撃!!ファンと隠れて交際したとして、グループの運営側が、メンバー、親権者、交際相手ファンに損害賠償を請求していることがわかったwwww

    続きはコチラ

    57

    管理人のコメント“最恐の娘” 父の預金を数回に分け引き出し『お金は全て無くなった』と説明し姿をくらました結果、父親『銀行のせいだ!!』と訴訟wwwwww

    続きはコチラ

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/15(火) 09:11:48.96 ID:JQ0NlyDa0 BE:758283585-2BP(1000)
    死亡しても会社の責任問わず フィリピン人採用で誓約書
    関西地域の介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が、フィリピン人女性を介護職員として採用する際に、本人が死亡しても会社の責任は問わず、「永久に権利放棄する」との誓約書を提出させていたことが12日、共同通信の取材で分かった。

    フィリピン人の女性職員からは「労働条件が厳しい」との苦情が出ており、宿直勤務を月間13回させた書類も残っている。
    職員が死亡した場合に会社を免責する誓約書に署名させていた理由や、休日取得などの実態について、厚生労働省が調査に乗り出した。
    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071201001954.html

    ケアサービス寿寿
    http://www.kyoei-gr.co.jp/office/01/

    代表者名 児林 健太
    生年月日 昭和58年(1983年)8月7日
    出身地 大阪府東大阪市
    出身校 縄手南中学校
    趣味 スキューバダイビング(最近になってから)
    休日の過ごし方 読書・外食(流行の店舗・美味な店舗探索)
    過去に経験した
    スポーツ野球・スキューバダイビング
    座右の銘 継続は力なり/感謝・出来る・プラス発想
    http://j-president.net/osaka/kyoei-gr
    ご尊顔
    1387253313-0


    続きはコチラ

    殺意の波動 浮気

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)14:07:14 ID:3WQcrLMGp
    一生お前に粘着して裁判で訴え続ける
    お前の個人情報をネットに晒して社会的に殺す
    とか言ってるんだが怖すぎワロタwwwwwwwwwww

    引用元: ・普段無口で優しい彼女に浮気がバレた結果wwwww

    続きはコチラ

    20140422view
    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/22(火)17:28:58 ID:FwjZSlDiF
     油断したときにケガをする……と言われますが、結婚もそうなのでしょうか。やっと結婚にたどりついたと思ったら、最後に落とし穴があった! という、ウソのような本当の話をご紹介しましょう。
    ◆式の直前になって彼から「白紙に戻したい」と
     大手企業でバリバリ働くユキナさん(仮名、33歳)。約6年付き合った彼に押し切られて、ついに結婚することに。
    「会社で中堅になってから自分のやりたいことが見えてきて、やっと仕事の楽しさがわかってきたとき、プロポーズを受けました。彼とはいつか結婚しようと思っていたし、あんまり待たせるのも悪いから、プロポーズを受けることにしたんです」
     忙しく働いていたユキナさん。準備に時間をとられてしまう結婚式には乗り気じゃなかったとか。
    「正直面倒だなと思って。一方で彼はすごく張り切っていました。それで、式の準備は彼に任せきりになってしまったんですよね。料理のメニューやら披露宴で流すBGMやら、いろいろ聞かれるけれどなんでもいいよって」
     そうこうしているうちに、まさかの事態に。
    「式の直前になって、彼が結婚を白紙にしたいと言いだしたんです。私が全然協力的じゃないものだから、彼の不満が爆発したんだって思いました。必死に謝ったのですが、彼は許してくれませんでした。結局彼とは別れることに。
     それからしばらくして、共通の友人から彼が結婚したことを聞かされました。相手はウェディングプランナー。私たちの結婚式を担当してくれた女性だったんです」
     まさに青天のへきれき。ユキナさんの彼とそのウェディングプランナーは、2人で式の準備をしている間に、意気投合してしまったみたい。
    「私が協力しないという不満を、プランナーさんにもらしていたらしいんです。いくら任せたからって、まさかプランナーさんとデキてしまうなんて思わないじゃないですか。だって、あっちは結婚式のプロですよ」
     結婚をサポートする職にある人が、2人の仲を引き裂くなんてありえませんよね。当然のことながら、ウェディングプランナーは会社をクビになったそうです。
    【教訓】
    「式の準備」は実はリスキーな時期
    結婚式の準備で意見が対立してケンカになるカップルは多いもの。男女ともマリッジブルーになる「最後のリスキーな時期」と心得て、相手から目を離さないようにしましょう。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140422-00085706-jspa-life

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ