IT情報つめこみ速報|笹井芳樹
STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理化学研究所の
小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーの指導役の笹井芳樹氏(52)が
朝日新聞の取材に「STAPはreal phenomenon(本物の現象)だと考えている」とこたえた。

小保方氏の現状については

「こうした事態を迎えた責任は私の指導不足にあり、大変心を痛めた」
と心境を説明した。
来週中に会見を開く方針。
続きはコチラ