スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:神社

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    51

    管理人のコメント2014年8月24日、タレントの関根麻里(29)が韓国人歌手K(30)と赤坂の氷川神社で挙式したことが、韓国ネットユーザーの注目を集めている。

    続きはコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/27(日) 09:54:21.96 ID:Qseutq3K0.net BE:311660226-2BP(1000)
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014072790070722.html
    2014072799070722
    ◆人手不足 各地で深刻
     神輿の担ぎ手不足に悩む地域は少なくない。浅草・三社祭のような著名な祭りでも、
    ほかの地域から多くの担ぎ手が加わっている。
     半田稲荷(いなり)神社神輿(みこし)保存会(葛飾区東金町七)は一九九三年から、ほかの地域から担ぎ手を呼んでいる。三年に一度の祭りでは二百人の担ぎ手が必要だ。会長の飯生(いいの)昇さん(67)は「うちだけじゃ到底維持できない」と話す。飯生さんらは、荒川区や大田区など都内のほか、埼玉、千葉、茨城各県も含む計三十二団体で協力会をつくり、担ぎ手を融通し合っている。
    それぞれの地域の神輿を絶やさないための工夫だという。

     千葉市中央区登戸三の登渡(とわたり)神社でも十年ほど前から、市内外の神輿の愛好団体に声を掛け、担ぎ手を集めている。
    地元住民だけでは最低必要な五十人が確保できないという。「地元民で担ぐのが理想だが、
    神輿の存続が最優先」と説明する。
    ネットで担ぎ手を募集するところもある。

     一方で、単に人を集めるだけでは、その地域への敬意に欠けるなどして、うまくいかないケースもある。
    西新小岩三丁目のように、ほかの地域の担ぎ手を入れない祭りも多い。

     日本の郷土信仰や文化に詳しい国学院大の新谷尚紀(しんたにたかのり)教授は「もともと神輿は神社の氏子が担ぐもの。
    人手不足のため、一般の人も担ぐようになった。それを禁止する地域もある。どちらにせよ、地域の神様に敬意を示すことができるかの問題ではないか」と話している。
    4: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/27(日) 09:55:40.12 ID:AcThhuU90.net
    急に張り切りだすヤクザは何なの
    続きはコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 05:38:37.11 ID:???O.net
    最近ではイラストが描かれたものや、いわゆる「ネタ」と思しき内容が描かれたものも珍しくなくなってきた絵馬。
    そうした事情を反映してか、東京千代田区にある神田明神が啓示した注意書きが、近頃話題となっている。

    あるユーザーが投稿した画像に映し出されていたのは
    「神社の方針として不適切として思われる絵馬は外させて頂きます」の一文。
    そのため、これを見たユーザーたちは、
    「神社ですらも二次元規制か!?」と一瞬色めき立ったが、この画像をよく見てみると、
    その背後にはイラスト入りの絵馬が。
    そこから、神社側の言う「不適切」な絵馬は、「別の何か」ではないか?と指摘する声が上がった。

    結論から言ってしまうと、実はここ数年、反日活動の影響からなのか、外国人観光客らの手による敵意剥き出しのメッセージを記した絵馬が激増。
    「日本沈没」「地震が起きて死ね」といった、実に過激な内容の絵馬が目立っているのだ。

    今回はこれらを「不適切」であるとして、神社側が警告に踏み切ったのではないかとみられている。
    そもそも、神社は神聖な場所。
    また、絵馬というものは、それぞれの望みを託して神に奉納する大切なものであって、ネットの掲示板ではない。
    こうした心ない行為をする者は、それが日本人だろうと外国人だろうと、それこそ罰が当たりそうなものなのだが...。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0728/aol_140728_3505481209.html
    no title

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ