スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:男性

    46

    管理人のコメント一晩中、海で漂流!?『40キロも漂流』そして “生還” 神戸で起きた水難事故が驚きの結末に!!!

    続きはコチラ

    aspa-000-1-view
    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 10:10:31.09 ID:???0.net
    30~40代既婚男性の3割以上「生活が困窮している」
    http://news.livedoor.com/article/detail/9047515/

    これまで、「貧困」といえば、20~30代の非正規労働者で単身者を指すキーワードだった。
    それが今、既婚男性にもしのびよっている。
    今回、
    「30~40代、年収600万円以下の正社員の既婚男性659人」
    にアンケート調査をおこなったところ、3割を超える200人が
    「生活が困窮していると感じる」と回答したのだ。

     年収が大してあがらないこの時代だからこそ、さほど無駄遣いをしてなくても、予期せぬことが勃発すれば家計は火の車に……。
    ここでは、貧困家族の生き地獄な日々をお届けしよう。
    続きはコチラ

    no title

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 13:31:33.95 ID:???0
    20代未婚男性の40.7%が交際経験なし -「恋人がいる」はわずか22.1%
    http://news.mynavi.jp/news/2014/07/11/081/

    明治安田生活福祉研究所は7月10日、「結婚」をテーマとする調査結果を発表した。
    調査は2014年3月21日~24日、全国の20歳~49歳の男女3,616人を対象にWEBアンケートで実施された。

    未婚男女に「現在の交際相手の有無」について聞いたところ、恋人がいる20代男性は5人に1人(22.1%)。
    20代女性も5人に2人(41.9%)と少数派だが、男性に比べれば2倍近い割合で、これは30代でも同様だった。



    また、30 代、40 代と年齢が上がるにつれ、男女ともに恋人のいる割合が低下。同調査では、
    「30・40代で恋人がいない男女が7~9割という状況は注目されます。
    婚活などの中心世代である『アラサー』『アラフォー』世代の恋愛事情はなかなか厳しいようです」としている。 
    続きはコチラ

    yarisa-nohimel

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:02:07.39 ID:hbFFGvwm.net
    山内優花 @asutana

    明大の女子大生昏睡事件とかスーフリについて彼氏と話をしたけど、男子と女子ではこの手の危機管理意識に差があるみたい。
    男子にしたら、「そういう奴ら」って明らかにわかるらしく、だからなんでそんなサークル行くの?てなるらしい。
    でもやっぱ女子は、気はつけるものの、そこまでわからない。 via Twitter for Android
    2014.06.21 23:15

    https://twitter.com/asutana/status/480353334990106626

    引用元: ・女はヤリサーがヤリサーだってわからないらしい。

    続きはコチラ

    13956775_T3

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 10:19:56.42 ID:i5N+D38V0.net
    ぼく「実は童●なんだよねwwww」

    女「は?死ねよ」



    なぜなのか

    引用元: ・イケメン「実は童●なんだよねwwww」女「うっそー可愛い~ww」

    続きはコチラ

    DSC_0151_original

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 14:02:31.11 ID:???0.net
    男女平等、個性尊重、そして性同一性障害への理解が進み、児童・生徒を男子/女子に分けることを善しとしなくなってきた学校教育の現場。カナダで進むジェンダーフリーの精神にもとづき、バンクーバー市では“Xe”なる新しい言葉が誕生した。
    しかしその支持率はかなり低め。
    どの学校でもPTAは喧々囂々となっているもようだ。

    カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市の教育現場では今後、これまで聞いたことのない「Xe(ゼ)」なる新しい単語が多用される可能性が出てきた。
    たとえば「ジョンはボブからリンゴを3つもらいました。ケイトからも4つもらいました。“He(ジョン)”は今、いくつのリンゴを持っているでしょうか」といった文章問題において、男女で異なる“He”や“She”といった代名詞を用いず、これからはどちらにも“Xe”を使おうという動きだ。 引用元: ・【カナダ】代名詞“He/She”廃止して新語“Xe”に統一、性別を超えたトイレの使用も導入…ジェンダーフリー精神で混乱する教育現場
    続きはコチラ

    jpg_350x350
    1: TEKKAMAKI(dion軍)@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 18:23:12.84 ID:eAcgYr+80●.net BE:488538759-PLT(24000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/jisakujien_1.gif
    社会人の出会いの場として外せない「合コン」。理想の彼氏を見つけるために積極的に参加している人も多いだろう。
    普段、合コンの相手としては、一般企業に勤めるビジネスマンが多いかもしれないが、あまり出逢うことのない「憧れの職業」と合コンできるとしたらどんな業界の人がいいだろう。20~29歳の未婚女性200人に聞いた。
    ●合コンしてみたい憧れの職業TOP10
    (1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptに換算して計算。協力/アイリサーチ)
    1位 医者(133pt)
    2位 お笑い芸人(99pt)
    3位 芸能人(83pt)
    4位 作家・漫画家(82pt)
    5位 弁護士(80pt)
    6位 一流クリエイター(72pt)
    7位 建築家(67pt)
    8位 外資系金融マン(66pt)
    9位 プロミュージシャン(58pt)
    10位 宇宙飛行士(54pt)
    【1位 医者】
    「経済的に安定してそうだから」(26歳)、「お金持ちという印象があるから」(25歳)「年収が良いから」(28歳)
    【2位 お笑い芸人】
    【3位 芸能人】
    「普段なかなか話すことができないから、お酒飲んでいろいろ話してみたい」(27歳)、「芸能人と交流したいので」(29歳)、「憧れの存在だから」(21歳)、「1度は合コンしてみたい」(23歳)など、
    同じ有名人でもお笑い芸人とは一味違う、「憧れ」が強調されたコメントが聞かれた。
    【5位 弁護士】
    医者と同じく「お金持ちだから」(27歳)、「もしうまくいけば玉の輿が狙えるから」(25歳)
    ちなみに、高給取りのイメージもあり、上位に来るかと思われた【プロ野球選手】は12位(51pt)、
    【サッカー選手】は13位(38pt)と伸び悩んだ。いずれのコメントにも「野球に興味があるから」「サッカーが好きだから」などが並び、それぞれのスポーツが好きでないと選ばない傾向にあるようだ。
    たまたま参加した合コンに「憧れの職業」に就く男性が現れる日を信じて、合コンに参加し続けてみる?
    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/sp_column_detail/?id=20140623-00036699-r25

    引用元: ・【カネ・顔・コミュ力】20代女子が合コンしたいランキングで医者圧勝!ニート・無職・引きこもり圏外へ

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|黒髪男性

    もう50歳近いのにまだ茶髪にしているうちの課の上司。

    全然似合ってないし、眉毛だけ妙に黒くて目立ってる。

    そもそも茶髪の男性ってチャラくて軽~い雰囲気で、私はどうも苦手なんだよな……。

    今回はマイナビニュース会員のうち女性200名に、黒髪の男性についてどう思うか、尋ねてみた。


    Q.黒髪の男性は好きですか?

    はい 94.0%
    いいえ 6.0%

    Q.それはどうしてですか?

    黒髪の男性は好き


    ■黒髪の女性は好印象

    ・「カッコいいから」(31歳女性/不動産/その他)
    ・「爽やかな感じがする」(25歳女性/金融・証券/営業職)
    ・「清潔感があるし日本人には黒髪が一番似合うと思うから」(34歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
    ・「自然が一番」(57歳女性/医薬品・化粧品/専門職)

    続きは以下より
    http://news.mynavi.jp/news/2013/10/30/097/index.html

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ