1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/03(木) 08:14:41.94 ID:7kIGjQV10 BE:151463772-2BP(1000)
生物模倣で大進化、デジカメの「目」 ソニーの挑戦

ソニーは生物の目の構造をまねた曲面形状のイメージセンサーを開発した。
デジタルカメラなどに搭載するCMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーは
平面状が当たり前だが、今回のセンサーは中央部がくぼんだ半球状。
まさに眼球の奥で像を結ぶ網膜を模した。
暗い場所でも明るくノイズの少ない画像を撮影でき、
レンズの小型・軽量化や低コスト化も可能になるという。
CMOSセンサーで世界シェア首位の実力を証明した格好だ。

生物の目をまねてセンサーを曲げてみた

 「最初の発想は生物の目をまねることだった」――。
同社セミコンダクタテクノロジー開発部門の糸長総一郎デバイスマネジャーは
曲面CMOSセンサーを開発した経緯をこう説明する。
「なぜ目が生まれたのか、なぜ目は丸くなったのか、生物学の本で学ぶところから着手した」(糸長氏)。
DSXBZO7360934001072014000001-PN1-17

以下長いのでソース
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ30H8P_R00C14A7000000/

続きはコチラ