1: アイアンフィンガーフロムヘル(芋)@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 07:14:18.78 ID:vOGuiBv90.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
今回の件がいままでと大きく違うのは、「イスラエル側」に対する国際社会の目がかつてないほど厳しいものになりつつあることです。

ニューヨークでは”イスラエルに抗議する在米ユダヤ人”のデモが1万人集まったそうで↓
no title


ユダヤ人ですらこうですから、世界的に「イスラエルいいかげんにしろ」ムードは非常に高まっていて、欧州を中心に、宗教的に中東と無関心ではいられない地域ではイスラエル国家だけでない「反ユダヤ主義」感情も台頭しつつあるとか。

で、今回の「戦争」だっていつまでもやるわけにはいかないし、どこかで停戦することになるでしょう。というかしてもらわないと困ります。

しかし、「停戦合意」というのは、ありていに言えば何かを「ウヤムヤにして終わらせる」ということです。
ウヤムヤにせずにいると、毎日死傷者が出続けるんですから、ウヤムヤにせざるを得ない。
いや、一刻も早くぜひともウヤムヤにするべきだ。
そのための努力は、現地周辺に生きる人達と、現地に既に深く関わってしまっているアメリカや種々の国際機関のやるべきことです。

最終的には、「パレスチナ自治区とイスラエルとの間の国境線をどこに引くか」という実務問題に決着するはずです。本当に「根っこの感情問題」が解消すれば、その「実務」はいずれ戦争に嫌気がさした若い世代によって粛々と進むでしょう。

非常に巨視的に見てこの問題がなぜこうまでコジレるかというと、端的に言って第二次大戦以降の世界において公式にはユダヤ人にまつわる問題が「アンタッチャブル(一切の批判を受け付けない不可侵の状態)すぎた」からだと私は考えています。

二次大戦中にあまりにも大きなダメージを受けた代償として、ユダヤ人や彼らが持っている志向性に特権的地位を与えられてきた。

その「特権性」があまりにも大きいから、それに対向する側に強烈な感情がかきたてられることになります。

結果として、「その地域に地続きに本当の利害を持っている人」とは全然関係ないレベルで世界的な感情問題を引き起こしてしまい、イスラエルに対立する過激派組織には際限なく資金が流れ込みますし、実際に危機と隣合わせのイスラエル人はやはり常に「やりすぎ」てしまうことになります。
http://blogos.com/article/91945/
続きはコチラ