スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:残業

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/07(月) 08:33:07.25 ID:crhJ6RgD0 BE:485245446-2BP(1000)
    no title

    製造業は残業が少ない? 業種・職種別の残業時間ランキングをヴォーカーズが発表
    残業時間を職種別に見ると、20位にようやく「医療用具・医療機器の研究・開発」(56.67時間)が入るのみで、他業種と比べて比較的残業時間が少ない傾向となっている。

    同調査によると、残業時間(月間)の全体平均は約47時間。時間別では「30時間」(14.5%)が最も多く、次いで「40時間」(14.5%)、「20時間」(13%)となっている。
    月間の平均勤務日数を約20日とした場合、1日当たりの残業時間が1~2時間程度の人が41.2%を占める結果になった。

    業界別に残業時間(月間)を見ると、1位「コンサルティング、シンクタンク」(83.5時間)、2位「広告代理店、PR、SP、デザイン」(78.6時間)、3位「建築、土木、設計、設備工事」(70.8時間)だった。

     製造業では、上位30位以内に10業界がランクイン。10位「住宅設備、建材、エクステリア」(56.59時間)、11位「ゲーム関連、玩具」(53.71時間)、
    12位「印刷、紙・パルプ、書籍、パネル」(53.05時間)など、残業時間50時間を超える業界が比較的上位に入った。

     一方、残業時間の短い業界として、「自動車、自動車部品、輸送機械」「日用品、化粧品」「化学、石油、ガラス、セラミック」などの製造業が挙げられている。これらの業界は社歴が長い企業が多く、
    人事制度が確立されていること、また労働組合を持つ企業が多いことから、残業時間に対しても組織的な歯止めがかかっていると考えられる。

    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/03/news047.html

    続きはコチラ

    20090816-02

    1: ローリングソバット(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 17:30:12.57 ID:VClOkoiu0.net BE:721835457-PLT(12345) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/kita.gif
    北海道教育委員会は19日、2009年8月から約2年半にわたり、勤務時間中に短文投稿サイト「ツイッター」に計2394回の書き込みをしたなどとして、
    北海道標茶町立中学校の男性教諭(48)を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にした。

    道教委によると、教諭は09年8月~12年3月、当時勤務していた中学校で空き時間中、私物のパソコンから書き込んでいた。
    内容は授業のアイデアや私的なもので生徒の個人情報はなかった。

    また、09年9月~11年8月には勤務時間中、17回にわたってジョギングもしていたという。
    http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061901001174.html

    続きはコチラ

    ブログネタ
    社会人のお勉強。 に参加中!
    a6bd86d81d3e36a53d61a1f6179b21ec_tn316

    1: パロスペシャル(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 22:37:51.52 ID:KmMOOSlI0●.net BE:601381941-PLT(22121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
    「残業代ゼロ制度」 年収300万円以下の人も対象になるかは今後議論

    「残業代ゼロ制度」との指摘もある、労働時間ではなく成果のみによって報酬が決まる新しい労働時間制度について、政府の担当者は6月4日、年収300万円以下の人を対象にするかどうか「今後議論されていく」と述べた。

    衆議院厚生労働委員会で山井和則議員の質問に答えた。 
    続きはコチラ

    26067

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/05/28(水) 06:47:23.44 ID:Yleh1LVI0 BE:388787307-2BP(1000)
    経財相、労働時間規制「残業代ゼロ法案にならないよう進める」
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL270EN_X20C14A5000000/

    甘利明経済財政・再生相は27日午前の閣議後記者会見で、政府が検討している「ホワイトカラー・エグゼンプション」
    (労働時間規制の適用除外)について「現場のニーズと厚生労働省の考え方との擦り合わせをしているところだ。働き方に
    色々なニーズが出ていることと、全員参加型社会をつくっていかなければ労働力が確保できないという日本が直面する現実との
    擦り合わせだ」と述べた。

     そのうえで「労働基準をしっかり守って、残業代ゼロ法案というような汚名を着せられないようにどう柔軟化していくかが大事だ」
    との認識を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    引用元: ・残業代ゼロ法案が通りそう 国民が全く望んでないことばかりどんどん実現される安部政権・・・

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ