スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:東日本大震災

    IT情報つめこみ速報|震災

     グーグルは4月24日、地図サービス「Google マップ」のストリートビューにおいて、過去に撮影された町並みや風景を、時間をさかのぼって見られる「タイムマシン」機能を世界で同時に公開した。
    同日より順次適用していくという。
     まずはPC版から提供し、今後はモバイル版の提供も検討する。
     

     2007年にサービスを開始したストリートビューは、現在50数カ国で提供されているという。
    タイムマシン機能を利用するには、Google マップで閲覧したい場所のストリートビューを表示し、画面の左上部にある小さな時計のアイコンをクリック。スライダーで見たい時期を指定する。
     

     この機能によって、日本では2008年から撮影された各地の季節ごとの景色を楽しんだり、新しい建物が作られていく様子を振り返ったりできる。
    写真を撮影するストリートビューカーが通過した回数が多い地域ほどさかのぼれる時間も増えるが、グーグル グループプロダクトマネージャの河合敬一氏によれば「どの場所でも2回以上はさかのぼれる」そうだ。

    タイムマシンは日本からグローバルへと広がった機能だ。
    グーグル日本法人では、2011年7月からストリートビューによる被災地域のデジタルアーカイブプロジェクトを開始。ストリートビューカーを使って、津波の被害が大きかった東北地方の沿岸地域などを撮影し、同年12月から震災前後の被災地のストリートビュー画像を、東日本大震災のアーカイブサイト「
    未来へのキオク」で公開している。 

    IT情報つめこみ速報|マキシマム ザ ホルモン
    マキシマム ザ ホルモンが4月12日、メンバーの地元である八王子市の協力のもと、南大沢中郷公園にて
    「東日本大震災被災地支援イベント“マキシマム ザ ホルモンの東北こども応援大作戦”」を開催し、
    訪れたファンに「マキシマム ザ 豚汁」と「フランクフルト」をメンバーが手渡しで販売した。

    (中略)

     海外からの音楽による復興支援では、
    ボランティア活動を主軸とした世界的音楽イベント『Rock Corps』に注目が集まっている。

    同イベントは、音楽の力で社会貢献活動への参加を邁進しようと2003年にアメリカで誕生、
    これまで世界9カ国27都市で開催されてきた。

    東日本大震災のボランティア活動を促すため、9月6日には福島市のあづま総合体育館にて開催、
    国内3組と海外1組の計4組の一流アーティストが出演予定で、全国から約4000人の参加を見込んでいる。

    イベントチケットは、相馬市の仮設住宅での野菜販売への協力や、相馬市や新地町でのがれき撤去、
    いわき氏での農業支援など、ボランティア団体が被災地を中心に実地している
    約100の活動に4時間取り組むことで手に入れることができる。

    なお、同イベントがアジア圏で開催されるのは初めて。


    記事詳細は以下より:
    ホルモン「豚汁販売」チャリティーに5000人超 ミュージシャンたちの復興支援続く 続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ