スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:未来

    shinka
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/08(火) 10:00:34.20 ID:0dZTo4vx0.net
    100年前まで空すら満足に飛べなかった人類が今じゃ…

    怖い、どこまで行くのだろ人間は、どこまで行ったら満足するんだろうか…

    なにか、後戻り出来ないレベルの進み方をしてる気がしてならない

    続きはコチラ

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/01(火) 09:42:19.60 ID:jBrYhQbp0 BE:151463772-2BP(1000)
    中国に空飛ぶ自動車―渋滞緩和の秘密兵器に?

    中国では交通渋滞は日常茶飯事でうんざりするほど長い。
    そのため、ドライバーらは退屈を和らげる方法をいくつも編み出してきた。

     そこに目をつけたのが米ベンチャー企業テラフージアの
    カール・ディートリヒ最高経営責任者(CEO)だ。
    ディートリヒ氏らは交通渋滞をいくらか緩和できるはずだと考える「空飛ぶ自動車」を製造している。

     ディートリヒ氏は交通渋滞や大気汚染を例に挙げ、「中国は工業国になるための産みの苦しみを経験しているところだ」としたうえで、空飛ぶ自動車への「ニーズがあるのは確かだ」と述べた。
    投資家を募るため、この4カ月間に中国を2度訪問したという。

     テラフージアにはその信じがたい計画を支える支援が必要だ。
    同社は空飛ぶ自動車の初代モデル「トランジション」を米国で2015年に販売開始したいと考えている。

     同社のウェブサイトによると、トランジションの次世代モデルとなる
    4人乗りのプラグインハイブリッド車「TF-X」(現在開発中)は垂直離着陸が可能。
    ディートリヒ氏は、中国で「引く手あまた」の自動車になると予想する。

    以下ソース
    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303844704580000613656764940?tesla=y
    no title

    引用元: ・中国に空飛ぶ自動車 ついに未来がやってくるな

    続きはコチラ

    1: ランサルセ(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 18:56:08.01 ID:bS/ZcfkL0●.net BE:273822876-PLT(23122) ポイント特典
    スーパー・百貨店・コンビニが次々倒産/
    宅配便は届かず、ゴミは収集してもらえない/
    山手線は15分に1本、
    新幹線は1時間に3本、
    地下鉄は廃線/
    アホでも東大に入れる、早稲田・慶応はバカばかり/
    葬式は出せない/
    吉野家、ワタミは消えてなくなる/
    年金は消滅、生命保険は破綻、消費税は50%ほか

    向こう三軒両隣、近所の家々には子供が何人住んでいるか。空き家が何軒あるだろうか。
    ひと昔前を思い返せば、驚くほどの違いが、すでに私たちを襲っている。日本の崩壊は、もうはじまっている。
    no title
    右のグラフを見てほしい。これは国立社会保障・人口問題研究所が発表した将来推計人口だ。 
    これによると2050年頃に日本の総人口は1億人の大台を割り込む。 
    さらに'82年になると、総人口はピーク時の半分に。2110年に至っては、総人口約4300万人と、ほぼ現在の1都6県(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木)の人口と同じになってしまう。 
    これはつまり、1都6県に現在と同じだけ人がいれば、日本の他の場所には人っ子一人いない状態になることを意味する。 

    引用元: ・100年後の日本 人口4300万人 警官もいない 足立区、杉並区、豊島区は消滅 京都・大阪も無法地帯

    続きはコチラ

    focused_v3
    via.Wired

    ――これらは、クリエイティヴ・ディレクターのフェルナンド・バーベラが、自身のTumblrプロジェクトで、未来の標識に記したメッセージだ。

    バーベラ氏が披露している、フォトショップでつくられた画像を通して、近未来を垣間見ることができる。

     このプロジェクトは、最初は「Medium」で書いていた投稿だった。
    しかし書きながら、バーベラ氏は視覚的な方法で近未来の街を再現したいと思ったのだ。
    画像をいくつかつくってみた彼は、このプロジェクトは視覚的なほうがよく伝わると判断し、「Signs From The Near Future」(近未来からの標識)というTumblrサイトをつくった。


     頭上のドローンを警告する道路標識、肉屋のカウンターにある3Dプリント合成肉の宣伝、ハイパーループで乗客にかかる重力の警告標識など、近未来のさまざまな場面の画像がある。

    続きはコチラ

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)18:23:27 ID:tXi1A3Biu
    no title

    最終的にどーなっちゃうの?エロくて頭いい人達教えて!

    引用元: ・スマホやiPhoneは薄さを追求したあとはどうなるのか考えるスレ

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|巨大3Dプリンター

    1: オリンピック予選スラム(岡山県) 2013/10/31(木) 15:21:58.34 ID:byYfkkJW0 BE:1743894454-PLT(12110) ポイント特典

    巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」

    作り方はこんな感じ。

    まず家の床が作られ、その回りにレイヤーが重ねられていくことによって壁が完成します。 

    作業はすべて自動で行われていきます。

    平均的な大きさの家なら大体20時間ほどで完成するとのこと。

    パーツの接合などもロボット技術によって自動で行われます。

    一軒家だけではなくマンションなどの集合住宅から

    オフィスビルまで、さまざまな建築物が作れるようになります。

    詳細は以下より 
    http://gigazine.net/news/20131030-contour-crafting/
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ