スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:日本国債

    moodys

    管理人のコメント米国の格付け会社ムーディーズ日本国債をAa3からA1に1ランク格下げすることを発表!これにより日本は韓国や中国以下のランク付けとなってしまうことに・・・

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|海外から帰国

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/30(水) 20:21:36.62 ID:???0

    ★資産フライト思惑ハズれ…海外移住した富裕層が続々と帰国中
    日刊ゲンダイ 10月30日(水)10時26分配信


    高過ぎる税金に加え、忍び寄る日本国債のデフォルト危機。

    数年前からシンガポールやマレーシアに「資産フライト」、つまり海外移住する人たちが話題になった。
    ところが、最近の現状を聞いてみたら、 続々と逃げ帰ってきているという。

    なぜ?


    ここ最近、都内の会計士事務所には「日本に帰りたい」という資産家からの相談が多く寄せられている。

    ブームに乗って海外移住したが、当初の思惑とは違ったようだ。

    「私どもの顧客に多いパターンは、相続税逃れのための移住者でした。
    財産を渡す親と、受け取る子が共に5年以上海外に住むか、子だけでも日本以外の国籍を取得すれば、
    日本では最高50%取られる相続税を支払わなくて済むのです。ところが……」

    (事務所に所属する会計士)

    なぜ耐え難かったのか?

    日本の所得税(地方税含む)の最高税率50%に対して、例えばシンガポールは20%(地方税はゼロ)。

    ここだけ見れば海外移住が正解のようだが、それは世界の金融実態を知らないからだ。


    シンガポールから帰国した元株式トレーダーのAさんがこう言う。

    「何より日本の国税の監視の目が厳しくなっているのに耐えられない。

    日本から海外に100万円以上送金すると、金融機関から税務当局に報告が入る仕組み。

    グレーなやり方で海外に資産を流すと、国税に刺される可能性も高い。

    税金がバカ安いオフショアに口座を開いても、日本の税法で課税されるため、
    意外と資産フライトのメリットを感じられないのです」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000013-nkgendai-life
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ