スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:大麻

    no title

    管理人のコメント 大麻は実際に海外では合法の国がありますしその国では全く違法ではありませんね。合法化するために国民が抗議をしたこともありました。現在日本ではそのような議案も出ているようですね。現在の日本ではもちろん違法なのでそのようなことはしないように。ちなみに依存率で言うとタバコの方が高いです。

    続きはコチラ

    ST-3-bud
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 10:40:52.41 ID:???0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000011-jij_afp-int
    【AFP=時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は26日、マリフアナ(乾燥大麻)禁止を定めた連邦法を1920~33年に施行されていた禁酒法(Prohibition)になぞらえる大胆な社説を掲載し、マリフアナの合法化を訴えた。

     同紙は「Repeal Prohibition, Again(禁止法を再び廃止せよ)」と題した社説で、マリフアナ禁止法は特に若い黒人男性に影響を及ぼしていると指摘。
    マリフアナ中毒・依存は、アルコールや煙草と比べ「比較的小さな問題」だと主張している。

    「米国が正気に戻り禁酒法を廃止するまでに13年もかかった。その13年間、人々は酒を飲み続けた。本来ならば法に従う市民が犯罪者となり、犯罪組織が台頭しはびこった」

    「連邦議会がマリフアナを禁止する現法を通過させ、酒より危険性が遥かに少ないものを禁止するためだけに社会に多大な害を与えてから、40年以上になる。
    連邦政府はマリフアナ禁止法を撤廃すべきだ」

     さらに、2012年のマリフアナ所有による逮捕がコカイン、ヘロインなどの逮捕と比べ遥かに
    多い65万8000件だったとの米連邦捜査局(FBI)の統計結果を引用した上で、「その結果は人種差別的だ。特に若い黒人男性に影響が及んでおり、彼らの生活を破壊し、常習犯の新世代を生み出している」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News

    続きはコチラ

    budzz1_500
    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/16(水) 00:04:26.75 ID:???0.net
    日刊サイゾー(2014年7月15日19時00分)
    http://www.cyzo.com/2014/07/post_17888.html
     脱法ドラッグを原因とする自動車事故が全国で相次いでいる。6月、池袋で8人が死傷した事故を皮切りに、7月8日には仙台市と豊橋市で、12日には大阪府で2件、さらに同15日には新宿区で、脱法ドラッグを使用した運転者による事故が発生している。

     こうした事態を受け、厚生労働省は17日、池袋の事件で運転手の男が使用していた脱法ドラッグを、薬事法の規制薬物として緊急指定するなど、脱法ドラッグ対策を強化している。

     しかし、違法薬物に詳しいフリーライターの高田信人氏は、脱法ドラッグの取り締まりが「イタチごっこに陥っている」と指摘する。

    「厚労省は、事件が起きるたび、原因となった脱法ドラッグを泥縄的に規制していますが、そのたびに化学構造を少しだけ変えて規制の対象から逃れた、類似の効果を持つドラッグが出現している。
    しかも、そうして生まれる新種の脱法ドラッグは、人体や精神への影響の『タチの悪さ』はむしろ増しているといわれる」
     そんな中、大手新聞社の政治部記者は話す。
    「世界的に医療大麻の解禁や、大麻取り締まりの緩和が進む中、日本でも大麻の効果と害について、超党派の国会議員や有識者を交えた意見交換はこれまでも行われてきた。
    もちろん、大麻解禁を積極的に目指すものではないが、『大麻をかたくなに禁止して、それより危険な脱法ドラッグがはびこるくらいなら、大麻を解禁したほうがいい』という意見も上がっており、近い将来、大麻解禁に向けた動きが、国会の場で活発化する可能性もある」

     医療大麻は、すでに世界21カ国とアメリカの23州で解禁されている。また、米ワシントン州では8日、コロラド州に続いて、成人への大麻の販売が合法化され、昨年12月には、ウルグアイで大麻の栽培から消費までが登録制で認められるなど、嗜好目的での大麻使用も解禁されつつある。

     一方、日本の大麻取締法では、単純所持でも「5年以下の懲役」という、先進国では極端に
    重い罰則が設けられている。大麻に関しては、「ダメ。ゼッタイ。」を見直す時期に来ているのだろうか?
    (文=牧野源)

    続きはコチラ

    175208
    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/12(土) 13:01:27.18 ID:eR66BSdVi● BE:851847904-2BP(11000)
     喫煙者の数は若い世代を中心に、どんどんと減少し続けているという。かつては飲酒と並び
    「大人の象徴」とみなされていた喫煙だが、年々健康に対する意識が高まる今、それはもはや
    「時代遅れ」の行為になりつつあると言えるだろう。もちろん禁煙エリアの増加や販売価格の
    値上がりなども、そうした喫煙者数減少の要因ではあるのだろうが、しかし一番の原因はやはり
    そうした「大人の象徴」から「時代遅れ」という意識の変容ではないかと思われる。
    http://www.zaikei.co.jp/article/20140617/199371.html

    続きはコチラ

    news2245057_6

    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 20:38:15.50 ID:???0 BE:348439423-PLT(13557)
    アメリカ西部のワシントン州で8日、嗜好品としての大麻の販売が解禁され、この日オープンしたシアトルの店などには多くの客が訪れました。
    全面解禁はコロラド州に続いて2州目です。

    「興奮しているし、本当に幸せだわ」(大麻を購入した客)

    税率は25%。合法化に賛成する人々は
    「大麻取り締まりのコストを減らし、さらに税収も確保できる」
    と主張していて、解禁の流れは他の州でも加速するとみられます。

    *+*+ TBS News i +*+*
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2245057.html
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ