スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:国内

    54

    管理人のコメント埼玉県の10代女性に“デング熱”感染が見つかった!!エボラ出血熱で世界が恐怖の中起こった国内感染、しかし…当感染者の渡航履歴がないという事実が…。

    続きはコチラ

    7220450_01
    1: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 22:35:40.71 ID:???0.net
    精神科病棟への入院の長期化が問題となるなか、日本の精神科のベッド数は人口10万人当たりでおよそ270床と先進国の平均のおよそ4倍となっていることが、OECD=経済協力開発機構のまとめで分かりました。

    OECDは「精神科医療の改革を進め、地域で患者を受け入れる態勢を整備する必要がある」と指摘しています。

    OECDは加盟する34か国の精神科の医療の状況について調べ、今月、報告書をまとめました。
    それによりますと、3年前の時点で、日本の人口10万人当たりの精神科のベッド数は269床と、先進国を中心とした加盟国平均の68床のおよそ4倍となっています。

    報告書では、入院が長期にわたる患者の中には比較的症状が軽く、自宅や地域に戻り治療を続けることができる人もいるはずだとしたうえで、「ほかの加盟国では、患者は病院などの施設から地域での生活に移行している。
    日本も精神科医療の改革を進め、地域で患者を受け入れる態勢を整備する必要がある」と指摘しています。

    統合失調症や認知症などで精神科の病棟に入院している人は全国で32万人で、このうち、1年以上入院している人は全体の7割近くの20万人を占め、入院の長期化が問題となっています。

    厚生労働省は、比較的症状が軽い患者の退院を促し精神科のベッド数を削減する方針ですが、住まいや就職先の確保などが課題となっています。

    NHK ニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140722/k10013178371000.html

    続きはコチラ

    541826

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 19:11:48.18 ID:???0
    日本の移民受け入れ案 欧州人は内心「ひどい目にあうぞ」
    http://dot.asahi.com/aera/2014070900065.html

     少子高齢化社会の日本にとって、労働人口の減少は大きな問題。
    その対策のひとつとして「移民の受け入れ」が話題にのぼることがあるが、
    専門家からはこれに疑問を呈する声も。経済評論家の森永卓郎さんは次のように話す。

    * * *
     移民受け入れ派は、右派、構造改革派、弱肉強食、ネオコン、
    新自由主義者、いろいろ言い方はありますが、目指しているのは富国強兵です。
    労働力人口を確保し、経済のパイ、つまり国力を確保してグローバル経済で日本のプレゼンスを確保する。
    働かない若年層、女性、高齢者にもフル稼働して働けと。そして足りない部分に移民をあてるというのが安倍政権の労働・人口政策の全体の構図です。

     彼らにとって、国力の低下がいけない、それが一番の価値観です。
    移民受け入れ派と闘うと最後はそこに行き着くので、議論は平行線になっちゃう。
    彼らは、国民一人一人の幸福という発想がない。政治家には「成長」を唱えたい本能があるようです。
    安倍首相はその点を使命だと考え、一点の疑いもない。だから、議論にならないのです。

     ヨーロッパのように、一日も早く引退し、自由で豊かな老後を過ごし、
    金銭的欲求にとらわれず大自然のなかでぼうっとするのが幸せという考え方をなぜ選べないのか理解できない。
    日本人の価値観はとっくにそうなっています。 外国人を受け入れると、財政と社会保障の負担はとんでもなく増えます。
    メリットは雇った企業だけ。不足する労働力を補えて、安いコストで労働力を使えるからです。しかし、財政コストはかかります。
    外国人は失業しやすい。そうすると失業対策費がかかる。教育現場でも多様な外国語を使う子どもへの対応で多大なコストがかかる。

     それに異論もあるでしょうが、治安維持のコストもかかります。低賃金の労働者、失業者が増えると治安が悪化し、
    その対策で財政負担が増えます。日本は累進課税なので低所得の外国人は
    それほど所得税や住民税は払わない。税収は少なく、支出は増えるので、
    結果的に財政は悪化するのです。ヨーロッパの人たちは、おれたちがこれだけ失敗して苦労したのになんで
    日本はその轍を踏むのか、お前らがやりたいならやればいいが、ひどい目にあうぞと心のなかで思っています。

    続きはコチラ

    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/24(木)20:09:30 ID:3GghB1d7U
    日本在住の外国人20名に、「日本のアニメのロボットの中で、デザインがかっこいいと思うもの」を聞いてみました。

    ■ガンダム。(シリア/30代前半/男性)
    ■ガンダム。(インドネシア/30代後半/男性)
    ■あまりありませんがガンダムは知っています。(オーストラリア/40代前半/男性)
    ■ガンダム。(イギリス/40代後半/男性)
    ■ガンダム。(韓国/40代後半/男性)
    ■ガンダムがかっこいいです。(ロシア/20代後半/女性)
    ■UFOロボ グレンダイザー(フランス/30代後半/男性)
    ■鋼鉄ジーグ(イタリア/30代後半/女性)
    ■マクロスです。(アメリカ/30代後半/男性)
    ■マクロス。(スペイン/30代後半/男性)
    ■エヴァンゲリオン。(インドネシア/30代前半/女性)
    ■エヴァンゲリオン!!!(ポーランド/20代後半/女性)
    ■鉄腕アトム(ペルー/40代後半/男性)
    ■ドラえもん(トルコ/20代後半/女性)
    ■アナライザー(スリランカ/50代後半/男性)
    ■ロボット系のアニメはかっこいいと思いません。(中国/30代前半/女性)
    ■アニメやロボットには興味がありません。(スウェーデン/40代後半/女性)
    ■そのようなアニメには興味がありません。(ブラジル/50代前半/女性)
    ■全然知らない。(ベトナム/30代前半/女性)
    ■よくわかりません。(ドイツ/30代後半/男性)

    かつてはアニメの中だけの存在だったロボットたち。今ではお台場に実物大のガンダムがあったり、回答にはありませんがパトレイバーの「イングラム」が街中に登場したりと、夢が現実になりつつある状況です。こんなことが実現できるのも、当時から精巧なデザインが施されていたからこそ。2次元にあったデザインのクオリティの高さを自分の目で確かめることができるなんて、すごい時代ですよね。


    詳細のソース
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1040517

    続きはコチラ

    1: 膝十字固め(愛知県) 2013/11/03(日) 02:17:35.15 ID:Rj0mDpHLP BE:3687825097-PLT(12122) ポイント特典

    海外で勤務している友人が一時帰国をしていた際、食事の場で衝撃的事実を聞きました。


    私が「海外だと、付き合ってくださいって英語でなんて言うの?」

    と聞いたところ「そんな英語はないよ」とバッサリ当然のように答えたのです。


    友人いわく、なんと海外では女性と付き合う前に、

    「僕は君のことが好きです。付き合ってください。」

    というマニュアル的表現やフローは存在しないのだそう。


    「恋愛はフィーリングだから、そんなこといちいち言わなくてもいい。

    二人の心の問題だから、それは口に出す必要はなくお互いに感じるものだ」とのことでした。


    続きは以下より:
    http://mdpr.jp/column/detail/1294819

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|東洋経済オンライン

    1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/10/30(水) 19:23:12.23 ID:???0

    宗教学者の山折哲雄さんと、東京工業大学リベラルアーツセンター教授の
    上田紀行さんにより行われた対談が、現在ネット上で話題になっているようだ。

    10月29日に東洋経済オンラインに掲載された

    西洋は「信じる宗教」、日本は「感じる宗教」
    http://toyokeizai.net/articles/-/22709
    という記事の中で、上田教授は

    <私も東工大で必ず年に1回、学生にいやがらせの質問をするのです。(略)


    「じゃあ、何も信じてない人、手を挙げてください」と言うと、みんなバーッと挙げるんですよ。

    「その中で初詣に行ったことのある人」と言うと、手を挙げる。

    「その中でお守りを持っている人、持ったことのある人」と言うと、手が挙がって、

    カバンの中に持っている子がいるんです。

    「じゃあ、あなたたち、宗教を信じていないのなら、ここにハサミがあるから、
    そのお守りをズタズタに切って」と言うのです(笑)。>

    と語る。そして


    <「宗教なんか信じてなくて、神様も信じてないなら切れるだろう?」と言うと、

    「ダメです。そんなことできるわけないじゃないですか」とうろたえる。

    「何でできないんだ?」と聞くと、「バチが当たる」と。

    「誰がバチを当てるんだ?」

    「神様のバチが当たる」って。

    「おまえ、神様を信じてるのか?」

    「いや、神様なんて信じてません」と。

    「じゃあ、切れよ」って、そこで押し問答になるわけです(笑)。>


    と続けている。

    この後に続く一連のやりとりが紹介され、さまざまな意見がネット上では交わされているようである。

    2013.10.30 16:15 ガジェット通信
    http://getnews.jp/archives/445401
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ