スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:回収

    ebe3ce7e

    1: サソリ固め(茸)@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 20:06:57.30 ID:/x9lNM2z0●.net BE:875259835-2BP(11000)
    高騰する一方の放映権料

     W杯は世界的なスポーツイベントとあって、放送局としてはのどから手が出るほど欲しいコンテンツだ。
    だが、その放映権料は大会を追うごとに高騰。
    放送関係者の間からは
    「このまま高騰が続けば、とても手が出せなくなる」 との懸念の声が挙がっている。
     例えば、1998年のフランス大会の放映権料は6億円だった。
    ところが、2002年の日韓大会から放映権は各国放送局の競売形式となり、みるみる高騰。
    2010年の南アフリカ大会では250億円、そして、今回のブラジル大会では400億円にも跳ね上がった。
    これはNHK(日本放送協会)と民放連加盟各社で構成されるジャパンコンソーシアムが負担するもので、400億円のうちの70%をNHKが支払っている。もちろん、これは受信料からまかなわれるものだ。

     NHKの受信料収入は6428億円(2014年度)もあるのだが、それにしても400億円の70%=280億円はあまりにも高すぎないか?
     いくら4年に一度の世界的なイベントとはいっても、前述の通り、サッカーを見ない人が50%以上もいるのだ。

     こうしたサッカーに無関心の人たちにしてみれば、これは全くの無駄金。「受信料を返せ!」という声がわき上がるのも当然だ。

     NHKでは、かつて韓流ドラマでもこうした批判を受けた。韓流ブームのころは、価格が手ごろで高視聴率が期待できるとあって、うまみのあった韓流ドラマだが、いまやすっかり下火に。韓国のあからさまな反日感情も追い打ちをかけて、
    「われわれの受信料で何をやっているんだ!」
    といった怒りがNHKに向けられている。

     このままW杯の放映権料が高騰していけば、W杯が第二の韓流ドラマとなる恐れも十分にある。
    http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140621/wcg14062118000003-n6.htm

    引用元: ・NHKはワールドカップ放映権料に支払った280億円をどうやって回収するの?

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|SONY VAIO
    ソニーは24日、バッテリの不具合により4月11日に使用中止を呼びかけた「VAIO Fit 11A」の対応について発表した。

    今回の対応として、同社は現在出荷されている「VAIO Fit 11A」全製品に対し無償修理を実施。

    「VAIO Fit 11A」は、2014年2月に発売した同社製11.6型ノートPC。

     今回の対応は、設計生産委託先から供給を受けている同製品のバッテリーパックに問題があり、PC本体の一部が焼損する恐れのある問題を受けたもの。

    実際の焼損被害は、4月23日時点で国内/海外を合わせ計4件あったという。

    対象製品は、「VAIO Fit 11A」の店頭モデル
    「SVF11N19EJS」

    およびオーナーメードモデル/法人向けカスタマイズモデル
    「SVF11N1A1J」

    法人向け標準仕様モデル
    「SVF11N1BAJ」

    11日の告知では、該当製品の対象製造番号を案内し、無償点検や修理を行うとしていたが、同社による解析の結果、現在出荷されている該当製品全数に対し無償修理を行うに至った。


     無償修理の対象ユーザーは問い合わせ窓口に連絡する必要がある。
    修理は、同社指定の宅配業者がユーザー宅まで製品を引き取りに行き、委託先メーカーの協力によりバッテリを交換する。

    受付は2014年4月24日より開始するが、準備に時間を要するため、実際の修理作業は5月19日より順次開始する予定。

     無償修理を希望しないユーザーは、返品や返金などの相談に応じる。
    その場合、2014年7月31日までに問い合わせ窓口まで連絡して欲しいとする。

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ