スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:反日

    16

    管理人のコメントこの韓国人の歌手 “竹島不法上陸” など反日活動を頻繁にしているくせに、日本を訪問しようとしたが…羽田空港で入国を拒否され、約4時間にわたり足止めされてたというwwww

    続きはコチラ

    43

    管理人のコメント数々の過激すぎる反日活動、そして度重なる横暴と現在進行形で行われてる理不尽な侵略など…、中国はこれからも日本だけではなく世界との関係をよくしていくつもりはないのだろうか…

    続きはコチラ

    51

    管理人のコメント2014年8月24日、タレントの関根麻里(29)が韓国人歌手K(30)と赤坂の氷川神社で挙式したことが、韓国ネットユーザーの注目を集めている。

    続きはコチラ

    10

    管理人のコメント中国で衝撃!!アノ香港映画スター“ジャッキーチェン”の息子がドラッグ使用で逮捕!!中国の法律は死刑だと聞くが…。

    続きはコチラ

    mmL

    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 10:07:07.01 ID:???0.net
     コウモリといっても、主に果物を食べる草食で、身体からいい香りがするためにフルーツバットと呼ばれ、パラオだけでなく南太平洋諸国や中国南部、アフリカなど広い範囲で食べられているそうです。
    頭や内臓、皮も食べることができるので、調理法は1匹まるごと姿焼きや姿煮にするのがポピュラー。
    お祝いなど特別なときに食べる高級食材として珍重されていて……。

     ひと口食べてみると、密集して生えている短い毛が舌にまとわりつきます。
    自分の長い髪の毛が口に入ってしまったときに感じる舌触りとはまた異なる、もっとやわらかい動物の毛。
    私は小型犬を飼っているのですが、いたずらで前足を口に入れられたときの感触がもっとも近いかもしれません。

    パラオ料理はコウモリだけじゃない
     とはいえ、毛皮さえ丁寧にはがせば、意外にもすいすい食べ進められます。
    肉はちょっと野性味があるけれどやわらかく、大きな青唐辛子を入れて辛めに仕上げ、
    タロ芋でとろみをつけたココナツスープがよく絡んで、エキゾチックな味わいでした。

     パラオ料理は、もちろんコウモリだけではありません。
    主食はキャッサバやタロなどのイモ類。
    これを蒸かして食べるのが一般的です。
    また、戦時中に日本が統治していた影響もあり、庶民に人気の巻き寿司は「スシ」とか「マキ」と呼ばれ、いなり寿司などと並んでスーパーマーケットお惣菜コーナーの一画を占めていました。

     酒のおつまみとして、はしが止まらなかったのは、陸ガニを使った料理「ウカイブ」。
    パラオで人が暮らしている九つの島のうちのひとつ、ペリリュー島の名物だそうです。

     作り方はいろいろあるそうですが、私が食べたものは、新鮮な陸ガニの身を丁寧にほぐしてココナツミルクで煮込み、
    それを甲羅に詰めて、さらにココナツミルクをかけたものでした

     白濁したスープに浮かんでいるのは、羽を広げた小型のコウモリです。 
    おなかを上に、口を半開きにして、ちょっと恨めしげな顔で見上げています。 
    そんなパラオの郷土料理を食べてみたいと願ったのは、私です。 
    それは衝撃的な体験でした。 

     ★全文はソース先で
    http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2014080121641.html

    続きはコチラ

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/07/12(土) 14:14:01.05 ID:???
    no title

    ▲「差別やめよう」東京で平和行進(資料写真:2013年9月22日午後)

    (東京=聯合ニュース)来る20日、日本大阪で嫌韓デモに代表されるヘイトスピーチ(特定人種または国民に対する憎しみ表現)に反対する市民の行進がある予定だと共同通信が11日報道した。

    「仲良くしようぜパレード2014」と名づけられた今回の行事で市民らは約2時間、大阪市内を行し'差別反対'の声をあげる。

    昨年に続き2回目の今回の行事には約1千500人が参加するだろうと主催側は予想した。

    主催側運営委員の伊藤健一郎(33)氏は
    「国家と民族など生まれつき持つ属性を理由に差別することは間違い。各地で言語暴力に苦痛を受ける人々に私たちの努力を知らせたい」と趣旨を説明した。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) <'嫌韓反対'日本市民ら、20日大阪で平和行進>
    http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2014/07/11/0503000000AKR20140711188500073.HTML
    続きはコチラ

    130627-3

    1: ビッグブーツ(愛知県)@\(^o^)/ 2014/06/17(火) 07:10:25.46 ID:G45sPw/A0●.net BE:461158628-PLT(32222) ポイント特典
    有田芳生認証済みアカウント
    @aritayoshifu
    明日発表の「ニューズウィーク」日本版がヘイトスピーチの記事を掲載すると今朝、書きました。読みました。久びさのだまし討ち記事で、呆れています。
    まだ外にいるので、帰宅して紹介します。
    ザイトク界隈の別働隊「本誌記者 」深田政彦氏には、徹底して反論していきます。

    https://twitter.com/aritayoshifu/statuses/478502545455734785

    ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2014年6/24号 (2014年06月17日発売) の目次
    Cover Story
    イラクの戦慄

    イラクの首都バグダッドに迫る残虐集団ISIS……
    テロリスト支配国家の誕生という新たな脅威が世界を襲う?

    イラク テロリスト国家誕生の恐怖
    中東 イラク撤退の決断は誤りだった

    世界で増殖する差別と憎悪
    社会 寛容さの喪失とSNSで世界にヘイトスピーチが蔓延する
    日本 「反ヘイト」という名のヘイト
    http://www.fujisan.co.jp/product/5766/b/1114115/

    さあ、ヨシフさんの反ヘイトという名のヘイトが始まってるぞwwww
    https://twitter.com/aritayoshifu

    続きはコチラ

    hanzaisyayoshihu

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/06/17(火) 02:45:59.97 ID:2lP/YVM70 BE:455830913-2BP(1000)
    ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan 2014年6/24号 (2014年06月17日発売) の目次
    Cover Story
    イラクの戦慄

    イラクの首都バグダッドに迫る残虐集団ISIS……
    テロリスト支配国家の誕生という新たな脅威が世界を襲う?

    イラク テロリスト国家誕生の恐怖
    中東 イラク撤退の決断は誤りだった

    世界で増殖する差別と憎悪
    社会 寛容さの喪失とSNSで世界にヘイトスピーチが蔓延する
    日本 「反ヘイト」という名のヘイト
    http://www.fujisan.co.jp/product/5766/b/1114115/

    有田芳生 @aritayoshifu 20:41 - 2014年6月16日
    明日発表の「ニューズウィーク」日本版がヘイトスピーチの記事を掲載すると今朝、書きました。
    読みました。久びさのだまし討ち記事で、呆れています。まだ外にいるので、帰宅して紹介します。
    ザイトク界隈の別働隊「本誌記者 」深田政彦氏には、徹底して反論していきます。
    https://twitter.com/aritayoshifu/status/478502545455734785 
    続きはコチラ

    韓国で「日本が好きだ!」と公言する若者が続出している。

    「嘘だ!」という人も多いだろう。なにせ「親日派」という言葉がそのまま

    「売国奴」を意味するようなお国柄だ。ところが韓国の掲示板サイトなどでは、

    実際にこんな投稿を見かけることがある。

    「自分は日本が好きだ。良いものを良いといって何が悪い?」

    「俺、いつかきっと日本に帰化するんだ……。
    秋葉原に遊びに行って日本の女子と 結婚して娘には『あかり』って名付けるんだ……」

    「韓国は日本に追いつくことなんてできない。そんな可能性は存在しない」

    「日本」と「ヒロポン」でイルポン

    (~中 略~)

    こうしたことから、イルポンを「中2病」(韓国でも日本に近い意味で使われている)の一種だと見る向きもある。

    「そのうち治る」との楽観的見方だが、その真偽は定かではない。

    http://www.j-cast.com/2013/10/09185860.html?p=all 続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ