スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:出産

    BlogPaint

    管理人のコメントタイで見つかった『代理母出産13人の幼児』容疑者とみられる日本人男性に対して“人身売買”があったかどうか調査が始まる…(画像は日本人男性か?)

    続きはコチラ

    AS20140619004785_comm

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/19(木) 00:28:04.89 ID:???0.net
    都議会:セクハラやじ 女性議員に「早く結婚しろ」
    毎日新聞 2014年06月18日 23時44分(最終更新 06月19日 00時18分)
    http://mainichi.jp/select/news/20140619k0000m040122000c.html

     東京都議会の本会議で18日、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が、女性の妊娠・出産を巡る都の支援体制について一般質問をしていた際に、男性の声で「早く結婚しろよ」「子供もいないのに」などのヤジが飛んだ。
    同会派は、議員席からだったとして「公の場でセクハラ発言を受けた」と反発。
    発言議員を特定し、注意するよう議会運営委員会に申し入れる。

     塩村氏は議長席前の演壇でヤジを浴び、声を詰まらせる場面もあった。
    質問終了後、報道陣に
    「女性の気持ちを代弁していただけに腹が立つし、悲しい」と語った。
    同会派の両角穣(もろずみみのる)幹事長は
    「6年後に五輪が開かれる都市の議会でこういう発言が出るのは恥ずかしい」
    とあきれた様子。
    一方、議運の吉原修委員長(自民)は「聞いていない」とした上で、
    「(各)会派の中で品位のない発言をしないよう確認すればいいのでは」と述べるにとどめた。

     塩村氏は昨年6月の都議選で初当選。放送作家として活動し、
    日本テレビが放送していた人気バラエティー「恋のから騒ぎ」に出演していた。【和田浩幸】

    続きはコチラ

    0604

     就活生の親を対象としたアンケートによると、子どもが「設立間もないベンチャー企業」を就職先として望んだ場合、「反対する」と答えた親が27.9%にのぼったという。

     次に反対の多かった「無名の中小企業」の10.5%に、大差をつけてのワーストだ。
     

     一方、「賛成する」就職先では、
    1位が「地方公務員」で66.3%。
    次いで「国家公務員」「有名な大企業」「有名な中小企業」「無名の大企業」「無名の中小企業」
    と続き
    「設立間もないベンチャー企業」は11.0%にとどまっている。

    この結果に対し、社会人からは「情けない」という声が相次いでいる。


    「ベンチャー反対」は、父親よりも母親の方が高い割合を示しているが、ビジネス社会の変化を肌で感じていない主婦の意見を、就活生が重視するのは危険で合理的ではない、という声は少なくない。

    記事全文は以下より
     http://getnews.jp/archives/591349

    続きはコチラ

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/04/22(火) 17:34:40.29 ID:5Q3wTg/y0● BE:277283116-2BP(13000)
    (時時刻刻)何人産むか目標必要? 「出生率2.07回復」政府会議が検討開始

    写真・図版出生率と将来人口の推計
    no title


     深刻な人口減少を食い止めるため、出生率の数値目標が必要ではないか――。政府の有識者会議で21日、
    そんな検討が始まった。少子化への強い危機感が背景にある。だが数値目標が独り歩きすれば、産む、産まな
    いという個人の選択に、国が無言の圧力をかけることにつながりかねない。早くも懸念の声がでており、議論とな
    る…

    残り:2441文字/本文:2591文字

    http://www.asahi.com/articles/DA3S11097462.html

    引用元: ・政府「女は2.07人産め」

    続きはコチラ

    af828719.jpg
    1 : スミロドン(WiMAX):2013/03/19(火) 23:49:43.04 ID:O+2cJGOG0 ?PLT(12010) ポイント特典

    結婚・出産、政府が支援…住宅支援やマイ婦人科
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130319-OYT1T00844.htm
    政府は、深刻な少子化の状況を打開するため、これまで手薄だった結婚や出産などの支援強化に乗り出す。

    有識者による
    「少子化危機突破タスクフォース(作業部会)」(仮称)を発足させ、具体策を検討。

     タスクフォースは森少子化相が議長役を務め、学者や医師、自治体首長、経営者ら約20人で構成。
    政府の少子化対策としては、保育サービスと幼児教育の拡充を中心とする子ども・子育て支援3法が、
    昨年8月に成立した。

    ただ、少子化の背景には、未婚・晩婚化や出産・子育てへの不安感などの要因もある。
    こうした結婚や出産、育児など、残された課題への支援策を検討する。

     具体的には、結婚支援策として、低収入の新婚カップルを対象にした住宅支援や融資制度、自治体の
    「婚活」事業への補助などが挙がっている。
    また、出産前後の支援策として、女性が若い時期から婦人科のかかりつけ医を持つ「マイ婦人科」制度や、出産後の女性の1割が経験するとされる「産後うつ」などを防ぐための「産後ケア」の充実、働きながら不妊治療を受けられる「不妊治療休暇」制度などが検討される方向だ。
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ