スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:再会

    no title

    管理人のコメント“地獄” マンチェスター・ユナイテッドから晴れて解き放たれた『2人』香川とウェルベックはCL予選で再会し談笑。その内容とは…

    続きはコチラ

    no title
    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/04(金) 01:28:02.66 ID:xdqRTvTE0 BE:815592111-2BP(1000)
    米軍兵士のロバート・ガバートは、子犬の頃からかわいがっていた柴犬のバクスターを
    ガールフレンドに預けて、アフガニスタンに赴任した。
    ところが、ガバートの不在中にこのガールフレンドは、なんとバクスターを売り飛ばしてしまったのだ。

    1度目の赴任のときは、ガバートはオハイオ州コロンバスに住む自分の父親にバクスターを預けた。
    2度目となる今回は、ガールフレンドに世話を頼み、後ろ髪をひかれる思いで戦地へと向かった。
    ガバートはバクスターとのたくさんの写真をいつも持ち歩き。危険なアフニガニスタンで過ごしていた。
    バクスターはガバートの背中に乗るのが大好きで、大親友だった。
    ところがしばらくして、そのガールフレンドが、「もう面倒をみきれない。」と連絡してきたのだ。

    ガバートは父親に連絡してひきとってもらうよう、父親の携帯電話の番号を教えた。
    しかし、彼女から父親のところに連絡がくることはなかった。
    しばらくしてその彼女が、ネットを通じてバクスターを売り飛ばし、姿をくらましたことが発覚した。

    ガバートはバクスターが今どこにいるのかをフェイスブックなどを使って徹底的に調べ上げた。
    ガバートの悲しいストーリーを読んだ読者は皆犬を探すのを協力してくれ、
    努力の甲斐あってバクスターはコロラド州に住むとある家族に買い取られていたということがわかった。
    さっそくガバートはその家族に連絡して、バクスターを返してほしいと願いいれた。

    その家族は、子供たちがとてもなついているからと最初は返すことを渋っていたが、バクスターに対する
    ガバートの熱い思い、また、売られてしまった経緯が話題になると、気の毒だと思ったのか、
    ついに返すことに同意したという。
    ガバートの父親は、バクスターを買った家族にお金を送り、子供たちのために別の犬を見つけてもらうつもりだという。
    その家族はこんな事情があるとは知らなかったのだから、申し訳ないと思うと語ったそうだ。
    http://karapaia.livedoor.biz/archives/52167107.html

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ