スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:兵器

    1: 断崖式ニードロップ(長野県)@\(^o^)/ 2014/07/27(日) 04:25:41.54 ID:Tnk0rkX30.net BE:323057825-PLT(12221) ポイント特典
    NASAが公開した写真には、毎度のごとく物議をかもしており以前「シャード」と呼ばれる謎の月面構造物が話題となり、高さはなんと2400メートルもあると言われておりました。
    むろん月面上にその様な人工的な構造物があるとは考えられませんがオカルトファンにとってその様な噂が立ち込めるという話は非常にセンセーショナルな気持ちにさせてくれるようですが今回の構造物、いや人物もまたすばらしい。

    謎のヒューマノイドは、まさしく人間と言った形をしており、月面上の「人」であると考えられる。
    とはいえ縮尺率から考えて「人」と判断するにはあまりに大きすぎる為、人型の何か建造物である可能性も高い。


    エヴァ発見か?Googleアースの月面上に謎の人型兵器が歩き話題に
    http://www.yukawanet.com/archives/4715911.html
    no title

    http://youtu.be/7QdYvelStn8


    続きはコチラ

    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 11:11:56.66 ID:???0.net
    22日、北京で行われた外国人記者向けの会見において、
    中国人民解放軍の幹部は「中国は世界最高の戦車ではなく、我が国に最も適した戦車を作る。」と述べました。
    グローバルタイムズ紙が報じました。

    この記者会見には112人の記者が招待され、中国の装甲戦闘車両が紹介されたとのことです。
    その中で96A式主力戦車は外国人記者から最も注目を集めました。

    96A式主力戦車は125mm滑腔砲と新型の火器管制装置を搭載しており、公開された演習風景では荒れた地形を走行中でも正確な射撃を行っていました。
    この新型戦車は来月、ロシアで行われる「戦車バイアスロン競技」で実地試験が行われるとのことです。

    中国は「イスラム国家やチェチェンでの戦闘により、ロシアのT-80戦車や米国のM1A1戦車が多大な被害を受けている。」と例を挙げ、「あくまで戦車の性能は地形に左右される。」と言います。
    「高度な主力戦車は不正規戦には適さない。
     我々中国軍は世界最高の戦車ではなく、解放軍に最も適した戦車を求める。」

    no title


    http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20140724000123&cid=1101

    続きはコチラ

    2013091305

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 12:19:16.07 ID:5exnYbFL0.net
    57メガトン
    分かりやすく例えると5京7000兆カロリー
    275カロリーのマックバーガーの約207兆個分に相当する

    更にこれをジュールに例えると約24京1000兆ジュール
    小さなりんごを約24兆km動かす力で約2.5光年分に相当

    続きはコチラ

    1: 番組の途中ですが\(^o^)/です 2014/07/15(火) 14:53:04.94 ID:mKq5y40i0 BE:422186189-DIA(112111) ポイント特典
    no title

    米軍の四足歩行ロボット LS3 が、海兵隊員とともに初のフィールド演習を実施しました。

    LS3 は従来から屋外での不整地踏破試験を実施してきましたが、今回は自衛隊も参加する環太平洋合同演習リムパックの
    一環として、実際の海兵隊員をオペレータに水などの物資を運ぶ補給演習に参加しています。
    実際の様子とオペレータのコメントは続きの動画をどうぞ。
    https://www.youtube.com/watch?v=Uc8uBzMKNAQ



    米軍の LS3 (Legged Squad Support System)は、米国防高等研究計画局 DARPAの主導で Boston Dynamics 社が開発した荷役用四足歩行ロボット。かつて YouTube で、あまりにも生物的な動きが
    「キモかわいい」「いやキモ怖い」
    と話題になった BigDog の大型化バリエーションモデルにあたります。

    ハワイでの演習の様子を掲載したリンク先 DVIDS によると、実際にオペレータを務めた海兵隊員 Brandon Dieckmann
    上等兵(Lance Corporal) はかつて YouTube で BigDog の動画を見かけたことがあり、当時はまさか自分が
    そのオペレータになるとは考えてもいなかった、と語っています。

    Dieckmann 上等兵のコメントでは、現時点の LS3 は海兵隊員が徒歩で移動できる地形の70から80%を踏破可能。
    自律動作で障害物を避け、オペレータに追従します。またときには転倒することがあり、多くは自力で立ちあがるものの、
    立ち直れない場合でも海兵隊員一人で楽に元に戻せるよう設計されているとのこと。

    また別のオペレータ Huberth Duarte 一等兵によれば、LS3のオペレータ用コントローラはジョイスティックを備え操作は
    容易に学ぶことができ「まるで Call of Duty のよう」。( Call of Duty は人気のミリタリー系一人称シューティングゲームシリーズ。念のため)

    (後略)
    http://japanese.engadget.com/2014/07/15/ls3-rimpac-google-boston-dynamics/

    続きはコチラ

    shinka
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/08(火) 10:00:34.20 ID:0dZTo4vx0.net
    100年前まで空すら満足に飛べなかった人類が今じゃ…

    怖い、どこまで行くのだろ人間は、どこまで行ったら満足するんだろうか…

    なにか、後戻り出来ないレベルの進み方をしてる気がしてならない

    続きはコチラ

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 10:38:15.13 ID:???0
    防衛相、強襲揚陸艦の導入検討 対中国抑止力を向上
    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070801001009.html
     【サンディエゴ共同】小野寺五典防衛相は7日(日本時間8日)、上陸用装備を搭載できる「強襲揚陸艦」を念頭に、
    離島奪還作戦で活用する新型艦艇の海上自衛隊への導入
    を本格検討する意向を表明した。米サンディエゴの海軍施設で強襲揚陸艦を視察後、同行記者団に語った。

     検討理由に関し「島しょ防衛のため、必要な部隊を速やかに展開できる多機能の輸送艦
    という意味合いで考えたい」と述べた。沖縄県・尖閣諸島周辺で
    軍事的影響力を強める中国をにらみ、抑止力を向上させる狙いがあるとみられる。

    続きはコチラ

    res_LeGr81pjGL

    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/05/12(月) 10:17:54.34 ID:???0.net
    韓国全土を沈鬱な黒雲が覆っている。

    「4月16日、韓国南西部の珍島付近で起こった大型旅客船セウォル号(定員921人)沈没事故が原因です。
    事故発生から2週間近く経った時点で、死者、安否不明者は300人を超え、関係者の怒りや無念さは深まる一方です」(在ソウル通信社記者)

    そんな中、沈没船を所有していた企業と乗務員たちの破廉恥な行動や、救助の指揮に当たった政府関係者の右往左往ぶりが次々と明るみに出て、
    事故に遭った乗客や家族たちは怒りを募らせている。

    「まず怒りを買ったのが、乗客を置き去りにして真っ先に逃げ出た船長と、全員"無傷"で逃げた機関士ら操船関係者たち。
    あきれたことに、彼らは乗客の命の綱、救命ボートをほったらかしにして、我先にと逃げ出してしまったんです」(前同)

    かたや、救助の指揮に当たった韓国政府も、乗客者数の把握に3日もかかったほか、
    ダイバーが進入できていないにもかかわらず、「船内で捜索開始」と発表するデタラメぶり。

    さらに、現地に赴いた安全行政省の幹部が、"記念撮影"をしようとしていたことが発覚。被害者家族らの大反発を招いた。
    朴槿恵大統領は、すぐにこの幹部をクビにし、"逃げた"船長らを逮捕。「殺人罪に相当する」と糾弾してみせた。

    現在、セウォル号を運航していた企業の幹部には出国禁止令が出され、当局の取調べを受けているというが、
    政府の稚拙な対応への韓国国民の怒りが収まったわけではない。

    「事故原因は操舵システムの不具合を放置したこと、船舶の建て増し工事や過積載がささやかれています。
    この事故が"人災"の色を強めるにつれ、怒りは沸点に達しようとしています。

    自国を礼賛することが多い韓国大手紙の『朝鮮日報』ですら、"先進国ではあり得ない大惨事"とか"韓国は三流国家だった"と
    報じたのには驚きましたね」(全国紙外信部記者)

    北朝鮮などはウェブサイト『わが民族同士』で、「事故の責任は全面的に無能な現政権にあり」と痛烈にアジってみせた。
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw1062868?news_ref=w_latest_pol

    >>2

    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1399857474/
    ・【話題】 北朝鮮もあきれた「韓国ハリボテ軍隊」大崩壊惨状

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|DARPA_Logo
    via.Wired

     米国から遠く離れた海で敵国とのいさかいが起こったとき。
    近くに友好的な空軍基地や港がない場合、米海軍の船や飛行機が駆けつけようとしても、何週間もかかる可能性がある。


     米国防総省高等研究計画局(DARPA)が目指すのは、そんな場合でも、敵艦隊の近くや後ろ、さらには真っ只中から突如現れて瞬く間に現場に到着できる新しい方法を、米海軍に提供すること。

     そしてその方法とは、海底にロボットポッドを設置し、遠隔からの命令によって、攻撃能力のある無人航空機や無人船を海上に放てるようにするというもの。
     

     DARPAは4月10日(米国時間)
    Upward Falling Payloads(UFP)」プログラムの最後2フェーズの入札を募集した。

    UFPは、海底に潜伏して、命令があると海面に上昇して使命を果たす、事前設置の無人システムを開発する取り組みだ。

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|NATO-dolphin-searching-for-mines
    via.TOKANA
    「今後、アメリカとロシアの軍用イルカが、実戦上で初めて衝突する可能性がある」
    とロシアの新聞「イズベスチヤ」が報じて話題となっている。

    軍用イルカとは?
     軍用イルカとは、軍事目的で特別な訓練を施されたイルカで、主に水族館のショーなどでもお馴染みの、「バンドウイルカ」が使われている。

     
    その役割は、主に機雷や敵のダイバーの探知、偵察活動などだが、中には機雷の設置や、戦闘行為(自爆攻撃も含む)すら行うことができるほど訓練されたものもいるという。

     
    旧ソ連崩壊後、軍用イルカの計画を凍結したロシア海軍だったが、今年に入り、ウクライナ南部のクリミア半島を事実上併合した際、どうやらウクライナ海軍が訓練していた軍用イルカも手に入れていたようだ。

     
    英紙「The Daily Mail」の取材によると、アメリカ海軍「海洋哺乳類計画」のスポークスマンは、
    「軍用イルカが、黒海においてレーダーに探知されないための試験を実施する予定」だと語ったとされる。

     
    アメリカ海軍は、他に軍用アシカを訓練していることも知られているが、それらと連携して、敵のソナーを混乱させるための実験も行うようだ。

     
    ちなみに、ウクライナからロシアの手に渡った軍用イルカたちは、射撃や、機雷の設置もできるほど訓練されており、戦闘行為にも長けていると考えられている。

    記事詳細:Daily Mirror
    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|ナチスドイツが作ったコンクリ

    ナチスドイツが作ったコンクリの物体にまつわるトンデモ仮説、その正体がようやく分かった


    バレンツ海沿岸の水面下には、上画像のような
    円形のコンクリートの物体があるそうです。
    これは第二次世界大戦中、ナチスドイツ軍が作ったものらしく、戦後から数十年間、
    ソ連軍はこの物体に近づくことを制限していました。

     そのため、この円型コンクリートの用途を巡っては様々な憶測が飛び交っていたのです。

    (中略)

    中はXerum 525と呼ばれる液体で満たされており、それは水銀に似ているもので、
    大量の電力を使って機器が作動している間は紫色に光ったそうです。いったん作動すれば周りの人間や動物を殺し、分解するのみです。
    IT情報つめこみ速報|ナチスドイツが作ったコンクリ2
    他にも、The Bellは重力と時空を曲げ、
    未来ではなく過去を見るためのタイムマシーンだったという説を唱える人もいます。

    詳細は以下より:
    ナチスドイツが作ったコンクリの物体にまつわるトンデモ仮説、その正体がようやく分かった 続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ