スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:共有

    IT情報つめこみ速報|Eyefi Cloud

    ワイヤレスSDカードのEyefiが、独自のクラウド写真サービス Eyefi Cloud を発表しました。
    Eyefi Cloud は
    Eyefi Mobiカードに対応したフォトストレージサービス。
    ハイフン付きの「Eye-Fi 」だったブランドロゴを eyefi に、カードのデザインも変更

    Eyefi Mobiカードはスマートフォンやタブレットなどと直接WiFi接続して、インターネットを経由せずに写真を転送する製品。
    Eyefi Cloud は新アプリ Eyefi Mobi を使い、カードからアプリへ、アプリからクラウドへアップロードします。


    写真サービスとしての仕様は、
    ・フルサイズの写真を枚数無制限で保存
    ・複数の機器で撮影した写真をひとつのライブラリでまとめて管理
    ・Eyefiアプリまたはウェブからプラットフォームを問わず参照
    ・共有する際、相手にサービス登録などは不要
    ・アプリでライブラリを同期しておけば、ネット接続がなくても写真にアクセス可能


    提供地域は今のところ米国のみ。
    サービスに必要な新アプリ Eyefi Mobi は今のところ米国向けストアでのみ配布中。

    服やカバンに取り付けられるライフログカメラ「Narrative Clip」が、Jan-gle 秋葉原本店で販売中だ。

    「Narrative Clip」は、30秒ごとに自動で撮影をしてくれるGPS内蔵の小型カメラ。

    本体に取り付けられたクリップで服やカバンに取り付けておくことで、ライフログカメラとして利用できる。

    IT情報つめこみ速報|Narrative Clip
    主な仕様は、本体サイズが36(幅)×36(奥行き)×9(高さ)mmで、重量が約20g。

    カメラの画素数は500万画素。

    内蔵ストレージは8GBで、約4,000枚の写真が保存できる。

    連続動作時間は、約2日間。

    なお
    、撮影データはカメラをPCに接続すると専用のクラウドサービスに自動アップロードされ、

    PCやスマートフォンなどで閲覧することが可能だ。


    価格は、39,800円(税抜)。
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ