スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:先進国

    7220450_01
    1: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/07/22(火) 22:35:40.71 ID:???0.net
    精神科病棟への入院の長期化が問題となるなか、日本の精神科のベッド数は人口10万人当たりでおよそ270床と先進国の平均のおよそ4倍となっていることが、OECD=経済協力開発機構のまとめで分かりました。

    OECDは「精神科医療の改革を進め、地域で患者を受け入れる態勢を整備する必要がある」と指摘しています。

    OECDは加盟する34か国の精神科の医療の状況について調べ、今月、報告書をまとめました。
    それによりますと、3年前の時点で、日本の人口10万人当たりの精神科のベッド数は269床と、先進国を中心とした加盟国平均の68床のおよそ4倍となっています。

    報告書では、入院が長期にわたる患者の中には比較的症状が軽く、自宅や地域に戻り治療を続けることができる人もいるはずだとしたうえで、「ほかの加盟国では、患者は病院などの施設から地域での生活に移行している。
    日本も精神科医療の改革を進め、地域で患者を受け入れる態勢を整備する必要がある」と指摘しています。

    統合失調症や認知症などで精神科の病棟に入院している人は全国で32万人で、このうち、1年以上入院している人は全体の7割近くの20万人を占め、入院の長期化が問題となっています。

    厚生労働省は、比較的症状が軽い患者の退院を促し精神科のベッド数を削減する方針ですが、住まいや就職先の確保などが課題となっています。

    NHK ニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140722/k10013178371000.html

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|skeletonics_cocomag_04

    前記事:学生「凄いロボット出来たよ!」 日本企業「そう…」 Google「買いましょう!」 ―そして技術は米国に

    31: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2014/04/09(水) 17:01:38.23 ID:jncQXMMd0

    そうは言うけどさ、他人の会社が支援してたらよくやったと思うけど 

    自分の会社の経営者がこんなベンチャー買収したら、何考えてんだアホとか内心思うでしょ

    879: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2014/04/10(木) 03:37:18.29 ID:M1DHbq1Z0
    >>31
    そんなもんは株主が考えること
    株主が理念や未来を見て賛同してるなら構わない

    社員は自分の自己実現を会社で実現してそれで金を会社にもたらす

    それだけの話。

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|skeletonics-with-lawn

    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2014/04/09(水) 16:53:45.59 ID:3f+RBiNw0 BE:273999848-2BP(1000)
    ロボVB争奪過熱 米IT大手、日本勢に次々触手

    スタートアップの世界で最も注目を集めているのはロボット業界だ。

    米グーグル、米アマゾン・ドット・コムなど世界経済をけん引するIT(情報技術)大手が
    相次いでロボットベンチャーを買収。世界の有力ベンチャーキャピタルが血眼になって金の卵を探す。
    国境を越えた争奪戦の様相だ。


    「なんだ、あのロボットは」。

    3月に米テキサス州オースティンで開催された

    「サウス・バイ・サウスウェスト」。
    スタートアップの祭典でひときわ大きな人だかりができた。

    ■高専発、反響呼ぶ
    SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた、
    アニメに出てくるような搭乗型ロボットが操縦者の動きに合わせ、「手」や「足」を突き出す。

    名づけて「外骨格(パワードスーツ)」。
    出展したのは日本の工業高等専門学校が競う「ロボコン」で優勝した
    沖縄高専のメンバーで構成するスケルトニクスだ。

    話題が話題を呼び、米有力紙USAトゥデー、米三大ネットワークの
    ABCテレビが取り上げるほどの人気となった。

    仕掛けたのは元ACCESS共同創業者の鎌田富久(52)だ。
    「これほどまで反響を呼ぶとは思わなかった」と笑う。


    鎌田は今、TomyK代表としてスタートアップ支援を手がけるが、日本では苦労した。
    東京大発のSCHAFT(シャフト)は二足歩行ができ、人と同じような作業ができる
    災害対応ロボットを開発、米国のコンテストで決勝戦に進む実力。

    だが1台3000万円のロボット試作費の調達に国内の金融機関やメーカーから色よい返事はなし。
    最終的に鎌田が接触したのが米グーグル元上級副社長のアンディ・ルービンだ。

    「個人的に出資してくれないだろうか」

    無類のロボット好きで知られるルービンは強い関心を寄せ、
    出資どころかグーグルによる買収にまで広がった。

    昨年末のこの買収は、「霞が関」に衝撃を与えた。
    「税金が投入された日本の技術が米企業に買われた」

    というわけだが、日本の大手メーカーや投資家の動きこそ鈍かったと言わざるをえない。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD06005_X00C14A4X13000/?dg=1

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ