スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:健康

    00667085-aspa-000-2-view
    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/24(木) 08:55:24.89 ID:???O.net
    「まず、『朝食はしっかり食べろ』と言われますが、実は朝から重い食事をとるのは、準備運動なしに100mダッシュするようなもの。
    朝はせいぜい消化にいい果物を食べる程度のほうが体にいいです。
    また、同じように誤解されやすい事例の代表格が『カルシウムは牛乳で取れ』というもの。
    確かに牛乳にはカルシウムは含まれていますが、日本人の85%は牛乳からカルシウムを分解する消化酵素を持っていない。
    だから、小魚や野菜を食べたほうが断然、吸収率がいい。

    あと、『コンビニサラダで野菜不足を補う』ともいいますが、コンビニのサラダは次亜塩素酸ナトリウムという消毒液や塩素水に何度もつけて殺菌し、さらに薬の匂いを消すために繰り返し水洗いをします。
    そのため、店頭に並ぶ頃にはほとんど栄養素が残っていないんです」

    そして、残念なことに医師が営利のためにあえてミスリードを誘っているケースもある。なかでも歯科では、誤った情報がなかば“常識”となっているという。
    歯科医の長尾周格氏が次のようにそのカラクリを解説する。

    「歯科業界は医療業界のなかでも、特に薄利多売の商売です。
    なぜなら歯科医は報酬が低いから。
    日本の保険制度での歯科医の診療報酬は、米国と比較すると20分の1程度。つまり、日本の歯科医は先進国のなかでも稀に見るほど報酬が
    低いため、ほかの医者よりも頻繁に定期健診を患者に押し付けざるを得ないんですよ」

     歯科医を訪れる最大の原因といえば虫歯。そもそも虫歯は摂取した糖から虫歯菌が酸を作り、歯を溶かすことで起こる。
    一般的には「歯磨きを丁寧にやれば虫歯は防げる」と思われているが……。

    「虫歯が発生するのは小窩裂溝と呼ばれる歯ブラシでは磨けない細かな歯の溝。つまり、歯磨きは虫歯予防にならないんです。
    最近は虫歯予防にプラーク(歯垢)取りやフッ素治療が推奨されていますが、これも別に予防にはならないのに『歯垢を取れば予防になる』と余計な診療をすすめるわけです。

    フッ素にいたっては、アメリカではフッ素入り歯磨き粉は『毒物』の表示が義務付けられていますし、WHOでは6歳以下のフッ素洗口を禁止しています。
    毒物扱いされるフッ素をそれでも使うのは、日本の歯医者が診療を増やそうとしているからにほかなりません」

    ※本文より抜粋しました
    http://yukan-news.ameba.jp/20140722-7504/

    続きはコチラ

    1: キャプテンシステムρφ ★ 2014/06/23(月) 11:55:40.51 ID:???0
    近年、健康と長寿を実現している日本の生活様式が研究者の間で注目を集めています。
    東アジアの島に住む彼らは82.5歳もの平均寿命を持ち、また116歳という世界最長寿の人がおり、そして100歳以上の人口比率は世界で最も高いとされます。

    肥満率は英国が25%もあるのに対し、日本はわずか2.5%です。
    乳癌、前立腺癌、心疾患の発生率も英国に比べはるかに低いのです。

    「日本人はデザートにプリンよりも緑茶や果物を好む傾向があります。」
    とクレイグ・ウィルコックス氏は言います。
    国連統計によれば、英国が100.4g/日も糖分を摂取しているのに対し、日本人は48.8g/日にとどまっています。

    また低脂肪な海藻食は抗酸化物質が豊富であり、同時に減量にも役立ちます。

    以下要約
    ・日本人は大豆を食べる。大豆は女性ホルモンに似た作用がある物質を含み、閉経後の女性に有効である。
     特に豆腐に醤油をかける「タブル大豆」は理にかなった食べ方だ。
    ・日本は毎年、健康診断を受ける義務がある。雇用者は労働者の体重管理に熱心だ。
     このような公的医療制度と優れた健康志向が日本人を健康的にしている。
    ・英国人は日本人のように健康と食生活に注意を払うべきだ。

    日本人はハラハチブを実践している
    no title
    続きはコチラ

    a85b3247245c531f7bd77d8842b73e37

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/10(火)05:30:41 ID:edMGrvVDn
    ちな精子じゃない

    五分くらい前に小便終わらせて裸で布団の上に仰向けで寝転がってたら、
    ち●こから変な色の液体がドバーッて出てきて匂いも臭い

    なにこれ、誰か知ってるやついない?

    引用元: ・今ち●こから変な色の液体がでてきた、やばい

    続きはコチラ

    ブログネタ
    やってみたい健康法 に参加中!
    1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/04(水)15:48:31 ID:46QvWeohm
    no title


    サーチュイン遺伝子を活性化させろ
    誰でも持ってる
    スイッチを入れる方法はただ一つ

    食わないこと

    腹がグゥ~っと鳴る度に幸せを感じられるようになったら無敵モード

    引用元: ・ハゲず、デブらず、健康で長生きしたい奴だけこい

    続きはコチラ

    tnb_r1_c1

    1: キングコングニードロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/05/21(水) 11:41:52.42 ID:GKTcoT0z0.net BE:671521424-PLT(12346) ポイント特典
    糖尿病を防ぐために20代からはじめたい4つのこと

    1.適正体重をキープする
    2.糖質に偏った食事に気をつける
    3.お酒の量に気をつける
    4.運動習慣を作る


    引用元: ・【健康】 マジで「糖尿病」だけは気をつけろ。気付いた頃には完全に終わる。

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|ハゲ

    1: 超竜ボム(dion軍) 2013/11/03(日) 23:20:39.07 ID:o5mvGTBq0 BE:3793085069-PLT(12001) ポイント特典

    ○知的な男性ほど“抜け毛・薄毛”になりやすい!?

    その点について先生は「AGAは男性ホルモンの作用が増強されている方に比較的多く見られます。

    男性ホルモンは知能の発達や身体・骨格の発達に関係していますから、

    わりと知能の高い方が多いです。“若ハゲ”には頭のよい人が多いですね」と、ショッキングな発言……。

    自分も多少は知性があると思っているだけに、いよいよタダごとではない。

    非常に衝撃的な内容だが、単純に“頭がよい人”“運動が得意な人”が

    抜け毛・薄毛になる確率が高くなるかというと、実はそうシンプルな法則ではないという。

    「男性ホルモンの感受性が高い人はAGAになりやすい。


    逆に男性ホルモンを大量に分泌するタイプでも、男性ホルモンを受けとる感受性が低ければ、

    髪に影響は出にくいです。


    ちなみに男性ホルモンの感受性は遺伝します。

    母方のおじいさんの髪が薄いと孫も薄くなる確率は高くなります。これは論文も出ています」



    詳細は以下より
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131101-00000157-mycomj-life



    続きはコチラ

    1: ベガスφ ★ 2013/10/04(金) 08:56:04.99 ID:???

    "卵は冷蔵庫に保存するべき?それとも室温で保存するべき?"

    卵は冷蔵庫に保存するべきなのか?

    それとも、室温で保存するべきなのか?

    日本人であれば、冷蔵庫と答える人が大半だろう。

    だが海外では、特に英国ではそうとは限らないようだ。

    英国メディア Daily Mail が伝えている。

    同メディアによれば、英国ではこの問題について長く議論が戦わされてきたのだという。

    冷蔵庫に保存すべきと主張する人々は、卵にはサルモネラ菌などの細菌が含まれている可能性があり

    室温で保存すると、これらの細菌が繁殖して危険だと考えているそうだ。


    一方、冷蔵庫に保存するべきではないと考える人々も存在する。

    この人々は、卵は冷蔵庫に入れても入れなくても保存可能な期間はほとんど変わらず、

    むしろ冷蔵庫保存にはデメリットが多いと主張している。

    冷蔵庫の卵入れは冷蔵庫のドア部分に取り付けられていることが多い。
     
    このため、ドアが開け閉めされる度に卵には振動が加えられ、品質に影響を与えるというのだ。

    また、冷蔵庫に保存すると、庫内の他の食品の匂いが移り、卵の風味が損なわれることもあるという。


    さて、両者の主張はどちらが正しいのだろうか? この謎を解明するため、Daily Mail は

    英国ウェストヨークシャー州にある英国政府承認の研究所 Foodtest Laboratories に調査を依頼した。


    調査では、スーパーで購入した卵を使用。

    これを、庫内温度を6度に設定した冷蔵庫内に保存するグループと室内で保存するグループに分け、

    1週間後、2週間後のそれぞれの状態を比較した。

    比較対象となったのは、卵内に含まれる、

    大腸菌 K12 株

    黄色ブドウ球菌

    サルモネラ菌

    リステリア菌

    そしてカンピロバクター菌の数だった。


    調査の結果、両グループの細菌数には全く違いがないことがわかった。

    冷蔵庫内で保存したグループからも、室温で保存したグループからも、

    上記細菌が検出されることはなかった。

    開始時点はもちろん、1週間経過後も、2週間経過後も、両グループとも卵は無菌状態だったそうだ。


    Foodtest の運用品質マネージャーである Jay Tolley 氏は、次のように述べている。

    「室温で保存した場合と比較して、卵を冷蔵保存するメリットは何もないことがわかった」


    Daily Mail は、今回の調査で長年の疑問は解決したとしている。

    だが同時に、英国市民には、冷蔵庫から卵を取り出した後に生まれたスペースをどう有効に活用するか、

    という新たな課題が突きつけられているとも述べている。


    なお、日本と英国では、卵の収穫方法や気象条件に違いがあるため、今回の調査結果が

    日本の卵には適用できない可能性がある点については、留意されたい。



    2013/10/03 19:00
    http://entabe.jp/news/article/2968


    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ