スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:ブラック企業

    04

    管理人のコメントたかの友梨、提訴の女性社員が告白「お客様に必要のないエステも勧めた」「自爆営業で3重ローン」実体験を暴露、クロすぎwwwwwwwwww

    続きはコチラ

    38

    管理人のコメント遂に実態が暴かれた!!『たかの友梨ビューティクリニック』女性社員に精神的圧迫が判明!?録音データの内容が公開されたwww

    続きはコチラ

    渡辺美樹
    1: シャチ ★@ 2014/08/07(木) 00:09:56.71 ID:???0
    週刊文春 8月6日(水)18時1分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140806-00004260-sbunshun-soci
    「お前たちがだらしないままだったら、議員バッジを外して戻ってくるぞ!」
    今年5月、全国のワタミグループから招集した定例の幹部会議で、創業者の渡辺美樹参院議員(54)はこう檄を飛ばしたという。

     ワタミ社員が嘆く。

    「“恫喝”したつもりでしょうが、参院選では組織ぐるみで応援させておいて、あまりにも身勝手で、呆れています。戻ってくれば、現役の時以上に口うるさく指示を出すでしょうから、側近社員は戦々恐々です」

    「ワタミグループは2014年3月期決算で、約49億円という、上場以来初の赤字を計上しました。後を託した幹部に任せてはいられないのでしょう。ただ、原因は渡辺氏が招いた“ブラック企業批判”にあるのですが……」(ワタミ関係者)

    「ワタミ出身者が秘書になっており、国会内を移動する時もかばん持ちの秘書がついて回ります。桑原豊ワタミ社長は、2週間に1回程度、会館に出向いて報告を行っています。社内報の渡辺氏へのインタビューも、場所は会館でした」(同前)
    続きはコチラ

    ブログネタ
    社会人のお勉強。 に参加中!
    040058000p_size5

    1: バックドロップ(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/06/08(日) 22:09:25.48 ID:vvJheTWA0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
     「事前に示された時給と違う」「遅刻したら罰金をとられた」
    こんな労働法規(ワークルール)に触れる違法なアルバイト「ブラックバイト」が横行している。

    被害に遭わないように、大学のゼミが実態を明らかにするアルバイト白書づくりに取り組んだり、学生自身が労働組合を結成したりする動きが出ている。
    北海道内での対策の最前線を追った。【千々部一好】

     ◆問題は労働法無知
     北海学園大経済学部の川村雅則准教授(労働経済)のゼミでは2011年度から毎年、アルバイト白書づくりに取り組んでいる。
    続きはコチラ

    1: メンマ(神奈川県) 2013/11/04(月) 23:26:42.74 ID:y+9+LPda0 BE:3214985459-PLT(12001) ポイント特典

    クール便、配達時も常温 繁忙期に多発か ヤマト運輸 【中村信義、伊藤和行】

    「クール宅急便」の荷物を常温で仕分けていた問題が発覚した

    宅配便最大手のヤマト運輸で、配達でも社内規定を逸脱した温度管理で

    荷物の温度が上がっていたことが、約20人のヤマト現・元従業員の証言でわかった。

    同社は仕分けや配達の手順を全面的に見直し、11月末までに対策を講じる。


    証言が多かったのは、中元や歳暮の時期に配送車に備え付けた冷蔵・冷凍庫に

    クールの荷物が入りきらず、常温のまま届け先に運んでいたという内容だ。


    東京都内の営業所のドライバーは

    「昨年の歳暮時期、ハムの箱が冷蔵庫に入らず、常温で運んだ」と話した。

    昨年までヤマトのドライバーだった30代男性も

    「冷凍ギョーザが冷凍庫に入らずに溶けて苦情を言われた。

    繁忙期に荷物が入りきらないのは日常茶飯事だった」と振り返る。

    http://www.asahi.com/articles/TKY201311040271.html
    続きはコチラ

    1: オリンピック予選スラム(岡山県) 2013/10/31(木) 11:31:12.32 ID:byYfkkJW0 BE:2092673838-PLT(12110) ポイント特典


    日本の部活文化がブラック企業の温床に

     つい先日、群馬県で部活の朝練を禁止するというニュースが報道されていた。

    学力優先のいやーなムードと捉えた人も多いのではないかと思う。

    しかし、僕は正直「それもありだよな」と思った。


     日本の部活熱は常軌を逸している。

    これも自分たちが育った環境が当たり前だと思っているひとたちからしてみるとにわかには

    受け入れがたい発想だとは思うのだが、日本の中高生では、1週間の総授業時間よりも

    部活時間のほうが長いということもざらだ。2003年、OECDのPISA調査では、

    日本の15歳の自主学習時間は世界最低であるという結果も出ている。


     日本の部活は、一度入部したら最後、極限まで練習し、部活一筋になることを要求されることが多い。
     
    ひと言で言えば軍隊式だ。

    海外のように、複数のスポーツを並行してやったり、学期によって変えたりという柔軟性がない。

     少しでも時間があれば練習する。

    どんなに疲れていても、休養より練習を優先する。

    チームのために、自己を犠牲にすることが美徳とされる。


     冷静に考えてみると、これっていわゆるブラック企業の構造と同じなのだ。

    長時間労働や自己犠牲的な労働観を刷り込み、誰のための勝利だからわからない

    勝利のために邁進する集団をつくる構造。

     ブラック企業が跋扈する原因の一つに、中高時代の部活で植え付けられた

    非理性的信念があるだろうと僕は思っている。

    (おおたとしまさ)
    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20131029/Allabout_20131029_8.html
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ