スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:パンデミック

    03

    管理人のコメント全世界中でアウトブレイクの兆しを見せている恐怖の伝染病『エボラ出血熱』これに対し、救世主が現れる!!!!?

    続きはコチラ

    09

    管理人のコメント驚異的な広がりを見せている恐怖のエボラウイルスについてアンソニー・バリー国連特別代表がマジキチな発言をした…。

    続きはコチラ

    41

    管理人のコメント国連のエボラ流行問題担当者であるアンソニー・バリー特別代表は「ウィルスが空気感染するタイプに変異する可能性」について言及、警告しました((((; ゚Д゚)))ガクブル

    続きはコチラ

    001697_14_3

    管理人のコメント国境なき医師団『医療団体幹部が警告』…遂にエボラ出血熱の感染拡大に『緊急事態が発生』パンデミックは止まらない!!

    続きはコチラ

    no title


    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 08:38:59.29 ID:???0.net
    西アフリカで患者が増え続けているエボラ出血熱について、WHO=世界保健機関は、先ほど声明を発表し、今後、半年間で、感染者が2万人を超えるおそれがあるとの見方を示しました。 WHOは、エボラウイルスに感染、または感染の疑いがある人は、西アフリカで3069人に上り、このうち1552人が死亡したとしています。 このうち感染者については、把握している数の2倍から4倍に上る可能性があると指摘しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140828/k10014165871000.html

    続きはコチラ

    11

    管理人のコメント遂に日本でも『パンデミック』エボラ出血熱で世界が脅かされる今、『デング熱』による感染が東京・埼玉で広がっていく…。

    続きはコチラ

    55

    管理人のコメント 本当に!?“パンデミック”の恐怖、西アフリカのシエラレオネに派遣されたWHOの専門家に遂に感染者が出たと判明…怖すぎる事実に世界でパニック…

    続きはコチラ

    no title

    管理人のコメントエボラに感染してしまったアメリカ人の2人は臨床試験前の治療薬「ZMapp」の投与で治った!とメディアは注目、しかし裏では…

    続きはコチラ

    05

    管理人のコメント世界保健機関のキーニー事務局長補は、エボラ出血熱の感染拡大に「制御が困難な状況に陥っている」と述べた。

    続きはコチラ

    00

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/08/12(火) 09:21:14.38 ID:???0.net
    【ナイロビ共同】世界保健機関(WHO)は12日までに、西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱の感染が確認、または疑われる件数が計1013人に達したと発表した。ロイター通信が報じた。
    各国は感染封じ込めに努めているが、過去最大の流行に歯止めがかかる兆しは見えない。
    続きはコチラ

    BlogPaint

    管理人のコメントエボラ出血熱が猛威を振るう西アフリカのリベリアの首都モンロビアでは病院が閉鎖…“院長までがエボラで死亡”したという…((((; ゚Д゚)))ガクブル

    続きはコチラ

    BlogPaint

    管理人のコメント※閲覧注意リベリア首都、エボラ死者死体が多数放置されている事実が判明…((((; ゚Д゚)))ガクブル

    続きはコチラ

    383A9E794BBE5838F
    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 12:42:15.91 ID:???O.net
    西アフリカで大変な事態が起きつつある。
     ほとんどの読者の方は、今年2月から西アフリカの3カ国(ギニア、シエラレオネ、リベリア)でエボラ出血熱(以下エボラ)が発生していることをご存じだろう。

    致死率が50~90%に達する世界で最も怖い伝染病

    先週、ある事件が起きたことで、エボラがさらなる拡大を見せつつあるのだ。ウイルスに感染すると致死率が50~90%という高さであり、もはや日本から遠く離れたアフリカの風土病と位置づけている時代は終わりを告げるかもしれない。

     実はナイジェリアの首都ラゴスで7月25日、エボラによる死亡者が出た。この事例は単に感染が4カ国に広がったということではない。

    深刻な事態に発展する可能性があるのだ。

     と言うのも、ラゴスの病院で亡くなったパトリック・ソイヤーさんという40代のリベリア人男性は、リベリア財務省のコンサルタントで、飛行機でリベリアからナイジェリアの空港に着いた直後に倒れて病院に搬送されている。

     ラゴスの保健省によると、ソイヤーさんがナイジェリアに着いてから59人との接触があった。周囲の人たちはソイヤーさんがエボラの患者だったことを知らない。
    すでに59人は特定されて、感染の注意が喚起されているというが、経過が注目されている。 
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ