スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:ニューヨーク

    44

    管理人のコメントニューヨークが危ない!!最近西アフリカから帰国した医師のエボラ出血熱検査の結果が陽性だったと報じた…ニューヨーク市では初の感染例となる。

    続きはコチラ

    ブログネタ
    旬なニュース速報 に参加中!
    41

    管理人のコメントヤンキースファンなら誰もが知っている“ジーター”内野手が本拠地最終戦でやってくれた!!一方で黒田が先発、絶好調キレキレで8回3安打2失点、無四球で9三振だったが…wwwwww

    続きはコチラ

    1: アイアンフィンガーフロムヘル(芋)@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 07:14:18.78 ID:vOGuiBv90.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    今回の件がいままでと大きく違うのは、「イスラエル側」に対する国際社会の目がかつてないほど厳しいものになりつつあることです。

    ニューヨークでは”イスラエルに抗議する在米ユダヤ人”のデモが1万人集まったそうで↓
    no title


    ユダヤ人ですらこうですから、世界的に「イスラエルいいかげんにしろ」ムードは非常に高まっていて、欧州を中心に、宗教的に中東と無関心ではいられない地域ではイスラエル国家だけでない「反ユダヤ主義」感情も台頭しつつあるとか。

    で、今回の「戦争」だっていつまでもやるわけにはいかないし、どこかで停戦することになるでしょう。というかしてもらわないと困ります。

    しかし、「停戦合意」というのは、ありていに言えば何かを「ウヤムヤにして終わらせる」ということです。
    ウヤムヤにせずにいると、毎日死傷者が出続けるんですから、ウヤムヤにせざるを得ない。
    いや、一刻も早くぜひともウヤムヤにするべきだ。
    そのための努力は、現地周辺に生きる人達と、現地に既に深く関わってしまっているアメリカや種々の国際機関のやるべきことです。

    最終的には、「パレスチナ自治区とイスラエルとの間の国境線をどこに引くか」という実務問題に決着するはずです。本当に「根っこの感情問題」が解消すれば、その「実務」はいずれ戦争に嫌気がさした若い世代によって粛々と進むでしょう。

    非常に巨視的に見てこの問題がなぜこうまでコジレるかというと、端的に言って第二次大戦以降の世界において公式にはユダヤ人にまつわる問題が「アンタッチャブル(一切の批判を受け付けない不可侵の状態)すぎた」からだと私は考えています。

    二次大戦中にあまりにも大きなダメージを受けた代償として、ユダヤ人や彼らが持っている志向性に特権的地位を与えられてきた。

    その「特権性」があまりにも大きいから、それに対向する側に強烈な感情がかきたてられることになります。

    結果として、「その地域に地続きに本当の利害を持っている人」とは全然関係ないレベルで世界的な感情問題を引き起こしてしまい、イスラエルに対立する過激派組織には際限なく資金が流れ込みますし、実際に危機と隣合わせのイスラエル人はやはり常に「やりすぎ」てしまうことになります。
    http://blogos.com/article/91945/
    続きはコチラ

    1: ベガスφ ★ 2013/10/07(月) 19:36:42.69 ID:???

    "女子大生の“太ももイラスト”、授業中の暇つぶしが世界から評判に"

    米国のある女子大生は、いつも講義の時間中に“太ももにイラストを描く”

    という暇つぶしをしていた。そして出来上がった作品を写真に撮り、

    ネットに投稿していたところ、そのクオリティに世界が注目。

    大きな反響を呼ぶことになったという。


    米紙ボストン・グローブやニューヨーク・デイリーニュースなどによると、
     
    注目を集めているのは、フロリダ州出身で、ボストンにあるエマーソン大学に
     
    通っている19歳の女子大生、ジョディ・スティールさん。


    数多くの米国人俳優を輩出したほか、日本人でもタレントの関根麻里が

    卒業生に名を連ねるエマーソン大学は、米国でも有数の名門芸術系大学として知られ、

    スティールさんも現在映画製作者を目指している学生の1人だ。


    そんな彼女が自信を持っていた特技がイラスト。約1年前のある日、

    大学の授業に集中できなくなった彼女は、暇つぶしになにか落書きしようと

    考えたものの、描く紙がないことに気付いたそう。そこで紙の代わりに

    「手っ取り早い」と選んだのが、きれいな肌をした自分の太ももだった。


    彼女はそこに、水性インクペンを使って人気ドラマの出演者などを描き、

    出来上がったイラストはiPhoneで撮影して、ネットに投稿するようになったそうだ。
     

    すると、彼女が描いた素晴らしい出来栄えのイラストはすぐに評判を呼ぶようになり、
     
    やがて自分の名前を明かした上で次々と作品を投稿。今では米国内のみならず、

    世界中に彼女のファンが広がっているそうで、最近は彼女のイラストに興味を持った

    「ブラジルやフランス、香港」などの企業から、仕事の依頼も舞い込んでいるという。


    授業の暇つぶしが注目を集めて世界の人と繋がる機会を持つようになり、

    彼女は「ネットで有名になって得た素晴らしいこと」「ものすごく興奮すべき出来事」

    と話しており、現状には大いに満足している様子だ。


    人を描くときは事前に、それ以外の猫や象といった動物などは

    その場で題材を決めて描くというスティールさん。


    だいたい45分で1作品を描き上げてしまうそうで、写真に残した後は

    石鹸と水でで洗い流し、“太もものキャンバス”を元通りにするという。

    ちなみに、“副業”ばかり力を入れて本業の映画製作に関する勉強が疎かになっては

    眉をひそめる大人もいるだろうが、彼女の場合はほとんどAと成績も優秀なのだそうだ。

     
    2013/10/07 18:44
    http://www.narinari.com/Nd/20131023241.html
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ