スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:デバイス

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/25(日)18:23:27 ID:tXi1A3Biu
    no title

    最終的にどーなっちゃうの?エロくて頭いい人達教えて!

    引用元: ・スマホやiPhoneは薄さを追求したあとはどうなるのか考えるスレ

    続きはコチラ

    ブログネタ
    周辺機器 に参加中!
    1: \(^o^)/ 2014/06/04(水) 10:05:59.41 ID:???0.net
    あなたは1本のペンで1600万色のを使いこなせるようになります。
    またセンサーにより物体の色を「拾う」ことができるのです。

    カリフォルニアの会社が「世界初のカラーピッキングペン」を作成したと言います。
    キックスターターで資金調達が予定されており、150ドルでの販売を目指しているとのこと。

    画家は忠実な色彩の再現のために膨大な量の画材を蓄積するといいます。
    しかし今、あなたは1本のペンだけで1600万色を拾い上げることができるのです。

    ペンにはカラーセンサーとマイクロプロセッサが内蔵されています。
    小型のインクカートリッジにより、センサーで読み取った色を調色することが出来るのです。
    インクはシアン・マゼンタ・イエロー、そして白と黒があるとのこと。
    またスマートフォンやタブレット用のスタイラス版もあり、
    こちらは紙には書けませんが価格は80ドル、専用アプリで色の保存もできるそうです。

    「このカラーピッカーペンはデザイナーや芸術家、教師、写真家などだけでなく、
     色盲の子供たちにも正確な色を提供することが可能となります。」

    no title

    引用元: ・【IT】1本で1600万色を再現できるペンが登場…カラーセンサーで色を”拾う”事も可能[6/4]

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|inforod270x152

    日本の企業、ウエストユニティスから新しいGlassデバイスが発表。

    発表されたinforodはGoogle Glass風の片持ちレンズ方式。

    先端に400×240の小型ディスプレイ搭載。
    操作は音声認識のほか、本体側面をタッチすることでも操作が可能。

    本体には交換可能なバッテリ内蔵で重さ48g。OSにはAndroid 4.2.2を採用。
     

    発売は7月予定。価格は135,000円とのこと。

     

    IT情報つめこみ速報|SELFI
    アメリカのiStrategy Labsが作った「S.E.L.F.I.E.」という作品。

    この鏡の前で笑顔になると、中に組み込まれているMac MiniとArduinoが自動で顔を認識し、カメラで写真を撮影します。
    撮られた写真は、そのままSNSで共有も可能

    「S.E.L.F.I.E.」は
    Self 
    Enhancing 
    Live 
    Feed
    Image 
    Engine(自己拡張ライブフィード画像エンジン)の略。
    略のまま読むと今はやりの「SELFIE(セルフィー)」。
    日本語では「自撮り」の意味で、アメリカでは去年の流行語にもなりました。 
    製品としてのリリース予定はないとのこと
    詳細情報:Cult of Mac
    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|BTC-24GH
     BTC-24GHはBitcoinの採掘向けにカスタムした半導体(IC)チップとなるASICチップを64個搭載する。
    採掘性能を示す処理スピードは約24GH/secで、これはRadeon HD 7970×30基分にあたるとのこと。

     専用のASICチップを搭載するため汎用性はないものの、消費電力は130Wとなっており、ビデオカードを使用するよりワットパフォーマンスが高いのが特徴だ。
    また、同基板は最大50枚まで連結でき、処理性能を最大1200GH/secまで引き上げることができる。

     PCとの接続はUSB(付属のUSB-シリアル変換アダプタとケーブルを使用)。
    電源は+12V 1系統出力で12A以上が必要とのこと。
     なお、基板サイズは244mm×244mmで、PCケースへの装着は不可。

    冷却ファンが必須とされるが、冷却ファン用のコネクタは非搭載。
    玄人向けの製品となっている。


     予価は73,889円で、発売日は4月24日。予約販売分は締め切られており、受発注での販売となっている。
    納期は1か月から2か月。

    オリオスペックにて展示中だ。展示期間は19日まで。

    詳細製品情報:BIOSTAR

    IT情報つめこみ速報|アンバサダー


     サムスンは、4月17日からGALAXYの魅力を発信するファンを集める
    “GALAXYアンバサダープログラム”のスタートを発表しました。
    4月17日から募集開始です。

    アンバサダー登録したファンには、GALAXYに関する最新情報の配信だけでなく、
    限定イベントや端末モニターの招待が送られる予定。

     専用ティザーサイトや応募ページには既存のGALAXYスマホに加え、
    GALAXY S5、Gear Fitなどまだ日本ではまだ発表されていない端末の写真もあり、
    それらの新端末のモニターなども期待できそうです。

     ブロガーだけでなく、最新のスマホを試してみたい方はぜひ参加してみましょう。

    関連ページ

    IT情報つめこみ速報|Sanctuary

    スマホ、タブレット、そしてバッテリーetc。便利なデジタルデバイス仲間が増えるたびに、コンセントまわりは充電ケーブルでごちゃごちゃとしてくるのが困りもの。それに、差込口が足りずに部屋のあちこちで充電していると、出かけるときに忘れるということも起こりがちですよね。

    そんな充電のごちゃごちゃ問題を解決するために、デジタルデバイスをスッキリ充電、収納できる“聖域(サンクチュアリ)”を用意してみてはいかがでしょうか。

    紹介するのはその名も『Sanctuary(サンクチュアリ) 4』。4つまでのUSB機器を充電し、ごちゃごちゃとしたケーブルは、4つのUSBポートを配置したボックス内に隠し、スマホはボックスの上のトレイに置いて充電する…。単純な解決法を用いた商品ではありますが、効果はてきめんです。

    via.R25
    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|GoogleGlass
    [サンフランシスコ 10日 ロイター]

    米インターネット検索大手グーグルは10日、眼鏡型端末「グーグル・グラス」を

    15日から米国で一般向けに発売すると発表した。

    期間限定でオンラインで注文を受け付けるという。価格は1500ドル。

    販売数量を発表していないが、数量限定としている。

    詳細:
    米グーグル、眼鏡型端末「グラス」を15日から米国で限定発売
    関連:
    Google Glass、米国で1日限定の一般販売 続きはコチラ

    服やカバンに取り付けられるライフログカメラ「Narrative Clip」が、Jan-gle 秋葉原本店で販売中だ。

    「Narrative Clip」は、30秒ごとに自動で撮影をしてくれるGPS内蔵の小型カメラ。

    本体に取り付けられたクリップで服やカバンに取り付けておくことで、ライフログカメラとして利用できる。

    IT情報つめこみ速報|Narrative Clip
    主な仕様は、本体サイズが36(幅)×36(奥行き)×9(高さ)mmで、重量が約20g。

    カメラの画素数は500万画素。

    内蔵ストレージは8GBで、約4,000枚の写真が保存できる。

    連続動作時間は、約2日間。

    なお
    、撮影データはカメラをPCに接続すると専用のクラウドサービスに自動アップロードされ、

    PCやスマートフォンなどで閲覧することが可能だ。


    価格は、39,800円(税抜)。
    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|palmer Luckey

    Oculus Rift「新型は日本優先出荷」を明言

     ねとらぼでもたびたび紹介しているVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」。その次世代型にあたる「DK2(開発キット2)」が日本でお披露目され、Oculus VR創業者・Palmer Luckey氏が「DK2は日本に優先的に出荷する」と語った。

     Oculus Riftは開発者向けの「DK1」がすでに6万セット出荷され、より高性能なDK2が今年の7月に発売される予定。すでに大量の注文が世界中から殺到しており、日本からも約3000セットの注文が来ているが、Palmer氏によると、特に「日本に優先的に出荷する」という。4月7日~8日に行われた、Unityの開発者セミナー「Unite Japan 2014」の基調講演での出来事で、Palmer氏が優先出荷を発表すると会場はたちまち割れんばかりの歓声に包まれた。
     

    詳細は以下より:
    ねとらぼ
    日本は「まったくベクトル違う」Oculus Riftなぜ“日本優先出荷”に?創業者が語った「日本ヤバイ」の理由
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ