スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:テロリスト

    mmL

    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 10:07:07.01 ID:???0.net
     コウモリといっても、主に果物を食べる草食で、身体からいい香りがするためにフルーツバットと呼ばれ、パラオだけでなく南太平洋諸国や中国南部、アフリカなど広い範囲で食べられているそうです。
    頭や内臓、皮も食べることができるので、調理法は1匹まるごと姿焼きや姿煮にするのがポピュラー。
    お祝いなど特別なときに食べる高級食材として珍重されていて……。

     ひと口食べてみると、密集して生えている短い毛が舌にまとわりつきます。
    自分の長い髪の毛が口に入ってしまったときに感じる舌触りとはまた異なる、もっとやわらかい動物の毛。
    私は小型犬を飼っているのですが、いたずらで前足を口に入れられたときの感触がもっとも近いかもしれません。

    パラオ料理はコウモリだけじゃない
     とはいえ、毛皮さえ丁寧にはがせば、意外にもすいすい食べ進められます。
    肉はちょっと野性味があるけれどやわらかく、大きな青唐辛子を入れて辛めに仕上げ、
    タロ芋でとろみをつけたココナツスープがよく絡んで、エキゾチックな味わいでした。

     パラオ料理は、もちろんコウモリだけではありません。
    主食はキャッサバやタロなどのイモ類。
    これを蒸かして食べるのが一般的です。
    また、戦時中に日本が統治していた影響もあり、庶民に人気の巻き寿司は「スシ」とか「マキ」と呼ばれ、いなり寿司などと並んでスーパーマーケットお惣菜コーナーの一画を占めていました。

     酒のおつまみとして、はしが止まらなかったのは、陸ガニを使った料理「ウカイブ」。
    パラオで人が暮らしている九つの島のうちのひとつ、ペリリュー島の名物だそうです。

     作り方はいろいろあるそうですが、私が食べたものは、新鮮な陸ガニの身を丁寧にほぐしてココナツミルクで煮込み、
    それを甲羅に詰めて、さらにココナツミルクをかけたものでした

     白濁したスープに浮かんでいるのは、羽を広げた小型のコウモリです。 
    おなかを上に、口を半開きにして、ちょっと恨めしげな顔で見上げています。 
    そんなパラオの郷土料理を食べてみたいと願ったのは、私です。 
    それは衝撃的な体験でした。 

     ★全文はソース先で
    http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2014080121641.html

    続きはコチラ

    image-ISIS
    1: RASCAL ◆BoHYalwbrSpk @ラスカル ★ 2014/07/28(月) 05:07:19.02 ID:???0 BE:119783842-2BP(1000)
    彼のあだ名は「顔の見えないシーク(族長)」。シリアやレバノンから、第1次大戦後に
    英仏が定めた国境を越えてイラク領内に侵攻し、支配領域を広げるイスラム武装組織
    ISIS(イラクとシリアのイスラム国家)の指導者、アブ・バクル・アル・バグダディのことである。

    その名のとおり、仲間内でも覆面をつけたままなのは、米国が彼の首に「生死にかかわらず」
    1千万ドル(約10億1千万円)の懸賞金をかけたからで、部下の裏切りを警戒しているのだ。

    折しも、英国の対外諜報機関(MI6)の長官であるジョン・サワーズが、就任から5年を経て
    今年11月に退任する意向を表明した。バグダディは揉み手でにんまりしたかもしれない。
    サワーズの辞任は、CIA(米中央情報局)の元職員エドワード・スノーデンの内部告発でMI6を
    はじめとする西側情報機関が大混乱に陥ったことを受けてのものだが、スノーデンが盗み.....

    (以下、会員限定ページ)

    ソース記事 ファクタ

    http://facta.co.jp/article/201408049.html

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ