スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:タブレット

    50

    管理人のコメント大人気の集英社の看板マンガ誌“週刊少年ジャンプ”がついに、電子配信(ウェブ漫画)を開始した!!こりゃ“歩きスマホ”がまた増えそうだwwwwww

    続きはコチラ

    tnfig52

    1: シューティングスタープレス(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 09:08:46.56 ID:Wr869YAu0.net BE:764788229-PLT(16000) ポイント特典
    Q:現在、Windowsのノートパソコンを使っていますが、そろそろ買い替えたいと思っています。
    ノートパソコンのように使えるタブレットがよさそうですが、使い勝手はどうでしょうか。

     A:最近はパソコンの代わりにスマートフォンやタブレットでメールやウェブ閲覧をこなし、
    「パソコンはいらない」と言う人も増えてきました。
    Androidの安いタブレットにキーボードを付け、ノートパソコンのように使う製品も発売されています。
    タブレットがパソコンに取って代わりそうな勢いです。

     しかし、マイクロソフト・オフィスなどのパソコン用ビジネスアプリを仕事でフル活用するなら、まだパソコンが必要です。そこで考えられる選択は2つ。
    タブレットのように使えるノートパソコンか、ノートパソコン並みの性能を持つタブレットです。


    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20140807/ecn1408070830006-n1.htm
    続きはコチラ

    e61402151937

    1: ニールキック(東日本)@\(^o^)/ 2014/08/05(火) 08:16:11.53 ID:QqzO75Jr0.net BE:837857943-PLT(16555) ポイント特典
    台湾メーカーが電子機器のサプライチェーン(供給網)に加わることで価格が急落する構図はパソコンや薄型テレビでも繰り返されてきた。人件費が割安な中国で大量生産したり、高機能の部品を低コストで開発するノウハウに強みを持つためだ。

    最も顕著なのはノート型パソコンだ。台湾当局が2001年に台湾メーカーによる中国での組み立てを解禁したことで、広達電脳(クァンタ)などのEMS(電子機器の受託製造サービス)会社が相次ぎ進出。

    中国語が通じて生産管理しやすい強みを生かし世界のノート型パソコンの約9割を受託生産するようになった。

    これにより90年代に1台20万円以上したノート型パソコンは、13年の平均価格が5万円弱まで下落。
    台湾を活用してコストダウンを狙ったはずの米デルやソニーなど大手パソコンメーカーの業績悪化も招いた。

    薄型テレビ市場にも台湾勢が進出。友達光電(AUO)などが割安の液晶パネルを増産し、半導体大手のエムスター(2月にメディアテックが吸収合併)などがシステムLSI(大規模集積回路)を供給した。
    組み立てはテレビの受託生産で最大手のTPVテクノロジーや鴻海が請け負った。

    05年ごろには「1インチ当たり1万円」とされた薄型テレビはたちまち急落。現在は32インチでも2万~3万円台が当たり前となった。

    ただ台湾勢も自らが招く「価格破壊」から逃れられない。鴻海やパソコンEMS大手の売上高営業利益率は中国の人件費上昇もあって1~2%台にとどまり、経営陣を悩ませている。

    http://www.nikkei.com/article/DGKDASGM04H1N_U4A800C1EA2000/
    続きはコチラ

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/06/02(月) 18:41:15.58 ID:???
    台湾で6月3日から始まるPC 関連の見本市Computex 2014 を前に、ASUS がAndroid スマートフォンを脱着できる
    Windows ノート/タブレットASUS Transformer Book V を発表しました。

    Transformer Book V は、キーボードを外してタブレットとしても使えるWindows ノート。
    ディスプレイの背面にAndroid スマートフォンを取り付けられるのが特徴で、スマートフォン装着時はWindows とAndroid を
    切り替えられます。

    no title

    引用元: ・【PC】ASUS androidスマホを脱着できるWindowsノート/タブレット発表 2014/06/02

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|Chrome OS搭載タブレット

     米Googleの「Chrome OS」を搭載する初のタブレット製品が近いうちに発表となるかもしれない。

     Chrome OSは、低価格ノートPC向けに設計されたOSであり、タブレット向けではない。

    先日発表されたChrome OSの新版には、オンスクリーンキーボードが新たに追加された。

    オンスクリーンキーボードは、ノートPCには不要だが、タブレットには必要不可欠な機能だ。

      この機能強化に続いて、台湾AcerはChrome OSベースのタブレットを発表する見通しである。

     その招待状には「A Touch More Connected」というメッセージが添えられており、タッチスクリーンに関連した製品の発表だと予想される。

     無論、消費者にとってもアドバンテージがある。特に影響が多いのが、価格面でのメリットだ。

    Chrome OSは、スペックの低い低価格のプロセッサで動作する上、ファイルをオンライン上で保管するため、ストレージ容量を最小限に抑えることができる。

    現在、フルサイズタブレットの多くは、500ドル以上の価格帯で販売されている。

    Chrome OSを搭載するタブレットでは、さらに価格を抑えられると見込まれる。

    IT情報つめこみ速報|Celestron-logo
    via.Wired
    Celestron社の「NexStar Evolution」
    モバイル機器から見たい天体をすぐに探すことができる、スマートな望遠鏡。


    星図アプリから天体を選択すると、自動的に望遠鏡の向きを合わせてくれる。
    望遠鏡とアプリのペアリングは、空の明るい天体3つに望遠鏡を向けるだけ。

    環境設定システム「SkyAlign」が、GPS座標、日付、および時刻を使い、
    見えているものを解釈し、アプリ操作に正確に対応する。

    NexStar Evolutionは、Wi-Fiに対応した望遠鏡で、スマートフォンやタブレットの「利用できるネットワーク」の一覧に、アクセスポイントとして表示される。

    IT情報つめこみ速報|kindle

    参考価格:¥ 25,580価格:¥ 19,800
    参考価格:¥ 30,680価格:¥ 24,800
    参考価格:¥ 34,780価格:¥ 28,800

    Amazonが4月25日までの期間限定で、Kindle Fire HDX 7インチ版の25%オフキャンペーンを実施中!!
    Kindleの購入を考えている方には朗報かと思います。 

    IT情報つめこみ速報|Sanctuary

    スマホ、タブレット、そしてバッテリーetc。便利なデジタルデバイス仲間が増えるたびに、コンセントまわりは充電ケーブルでごちゃごちゃとしてくるのが困りもの。それに、差込口が足りずに部屋のあちこちで充電していると、出かけるときに忘れるということも起こりがちですよね。

    そんな充電のごちゃごちゃ問題を解決するために、デジタルデバイスをスッキリ充電、収納できる“聖域(サンクチュアリ)”を用意してみてはいかがでしょうか。

    紹介するのはその名も『Sanctuary(サンクチュアリ) 4』。4つまでのUSB機器を充電し、ごちゃごちゃとしたケーブルは、4つのUSBポートを配置したボックス内に隠し、スマホはボックスの上のトレイに置いて充電する…。単純な解決法を用いた商品ではありますが、効果はてきめんです。

    via.R25
    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|タブレットアームスタンド
    タブレットを使ってる人はカッコイイ。
    デキる女を目指す2年目社員が仕事でタブレットを活用しようと試みた。


    4月になり、早くもガジェット編集記者として2年目を迎えた。電車の中でタブレットを使っている人を見てなんとなくカッコイイと思い、タブレットを買ってみたはいいものの、イマイチ使いこなせていない。

     「仕事中にデキる人っぽくタブレットを使いたい」
    そんなよこしまな気持ちに全力で応えてくれそうなのが上海問屋の
    フレキシブル タブレットアームスタンド」。
    本製品はタブレットを固定できるデスク取り付け型のアームスタンドだ。
     iPad Air、iPad miniなど画面サイズが7~11型の機器に対応し、
    ホルダー部分の幅は125~240ミリまで調整できる。
     試しに6型の「Kindle Paperwhite」も固定してみたが、
    多少固定が甘いながらも問題なく使用できた。

     厚さ50ミリまでの天板や棚などにクランプで固定して使う構造で、
    角度や高さを調節するアームの長さは65センチ、本体重量は約650グラム。
    端末をしっかり支えられるようにアームは頑丈にできている。

    続きはこちらより 続きはコチラ

    iOS/Android「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」
    自分のセーブデータを各種端末で共有できる“クラウドセーブ”に対応

    スクウェア・エニックスは、iOS/Android用アプリ「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」
    において
    クラウドセーブに対応するバージョンアップを実施した。


    今回のバージョンアップで“クラウドセーブ”に対応し、
    各端末で自分のセーブデータを共有できるようになった。

    IT情報つめこみ速報|ドラゴンクエストVIII
    これにより自宅ではタブレットで、外出先ではスマートフォンでと、シチュエーションによって
    端末を使い分け、冒険の続きを楽しむことができるぞ。
     

    なお、すでにアプリを購入しているユーザーはバージョンアップを行うことでクラウドセーブに
    対応できるようになるので、まだアップデートをしていない人はこの機会にぜひチェックしておこう。


    詳細は以下より:
     Gamer iOS/Android「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」自分のセーブデータを各種端末で共有できる“クラウドセーブ”に対応
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ