IT情報つめこみ速報|震災

 グーグルは4月24日、地図サービス「Google マップ」のストリートビューにおいて、過去に撮影された町並みや風景を、時間をさかのぼって見られる「タイムマシン」機能を世界で同時に公開した。
同日より順次適用していくという。
 まずはPC版から提供し、今後はモバイル版の提供も検討する。
 

 2007年にサービスを開始したストリートビューは、現在50数カ国で提供されているという。
タイムマシン機能を利用するには、Google マップで閲覧したい場所のストリートビューを表示し、画面の左上部にある小さな時計のアイコンをクリック。スライダーで見たい時期を指定する。
 

 この機能によって、日本では2008年から撮影された各地の季節ごとの景色を楽しんだり、新しい建物が作られていく様子を振り返ったりできる。
写真を撮影するストリートビューカーが通過した回数が多い地域ほどさかのぼれる時間も増えるが、グーグル グループプロダクトマネージャの河合敬一氏によれば「どの場所でも2回以上はさかのぼれる」そうだ。

タイムマシンは日本からグローバルへと広がった機能だ。
グーグル日本法人では、2011年7月からストリートビューによる被災地域のデジタルアーカイブプロジェクトを開始。ストリートビューカーを使って、津波の被害が大きかった東北地方の沿岸地域などを撮影し、同年12月から震災前後の被災地のストリートビュー画像を、東日本大震災のアーカイブサイト「
未来へのキオク」で公開している。