スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:ソーシャルメディア

    sh_01

    1: ジャンピングエルボーアタック(中国地方)@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 21:19:45.99 ID:OJWQcE140.net BE:988481136-2BP(1000)
     電車に乗って辺りを見回すと、ほとんどの乗客がスマホを操作している。
    利用しているのはゲームかソーシャルメディアだ。
    普段持ち歩くスマホを使って、無料でゲームが楽しめるのは実に魅力的だ。

    多くの大人そして子どもたちが、ソーシャルメディアとゲームが一体化したソーシャルゲームに時間を取られ、これに縛られた生活を送っている。

     急速に成長しているソーシャルゲームだが、従来の専用機で遊ぶゲームに比べてとてもシンプルで単純なものが多い。

    開発の敷居が下がった一方で、中毒性は高くなっている。

    引用元: ・スマホのゲームに依存する子供が増加中www

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|Social Media
    総務省発表によると
    主なソーシャルメディアの利用率は、前年に引き続き1位となったLINEの利用率が倍増したほか今回から調査対象に加えられたGoogle+が2位になっている
    LINEの利用率は20代で80.3%となっており、30代以下のすべての年代で半数以上が使用している。

    2位のGoogle+の利用率も20代が最も高く45.3%
    30代以下のすべての年代で30%以上が使用している

    20代と30代でGoogle+を上回った3位のFacebookは、20代の57%が使用
    4位のTwitterは10代と20代でGoogle+を上回り、10代では2位となっている

    しかし、
    それほど広く使われている印象のないGoogle+が2位に入っているのはおかしいと感じる人も多いようだ。
    「Google」と「Google+」の区別がつかずに「利用している」と答えたのではないかという推測もある

    IT情報つめこみ速報|LINE電話
    via.Yahoo
     総務省が15日発表した2013年のメディアの利用に関する調査結果によると、
    10代と20代の「LINE(ライン)」などソーシャルメディアの平日の平均利用時間が
    前年比ほぼ2倍となり、メールと逆転したことが分かった。

    同省情報通信政策研究所は
    「若年層のコミュニケーション手段はメールからソーシャルメディアに移行している」と分析している。

     調査では、携帯通話、固定通話、ネット通話、ソーシャルメディア、メールの
    コミュニケーション手段ごとの平日の平均利用時間を尋ねた。
    10代ではソーシャルメディアの48.1分に対しメールは23.8分。
    20代でも45.1分(メールは35.9分)だった。
    30~60代はいずれもメールがトップとなった。 


    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|twitter-logo

    [15日 ロイター]
    -短文投稿サイト運営の米ツイッターは15日、ソーシャルメディアデータ提供会社グニップを買収したと発表した。

    金額は公表されていない。
     

    ツイッターは、グニップの買収で1日5億件に及ぶツイート(つぶやき)関連市場に
    より深く食い込めるとブログで表明した。

    ツイッターはこれまで、グニップやデータシフトなど第三者がツイートを採集・統合して
    顧客に販売するのを認めてきたが、今回の案件を受けて
    グニップ以外のデータ提供会社との関係がどうなるかはまだ不明だ。

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ