スカイラインにベンツのエンジン

1: 声なき声に力を ★ 2014/05/26(月) 20:58:54.56 ID:???
日産自動車は、代表的な車種の「スカイライン」に、ドイツのメルセデス・ベンツにも
使われている燃費性能が高いガソリンエンジンを搭載した新型モデルを発表しました。

発表によりますと、日産自動車のスカイラインの新型モデルは、提携先のドイツの
自動車メーカー「ダイムラー」が製造し、メルセデス・ベンツにも使われているエンジンを搭載しています。
エンジンの排気量は2000ccで、この車種では従来より小型になりました。
出力を高める「ターボ」の効果で2500ccのエンジンと出力はほぼ同じですが、
ガソリン1リットル当たりの燃費は最大13.6キロと、20%程度改善したということです。
スカイラインはハイブリッド車になっていましたが、この新型モデルは大容量のバッテリーなどが
必要ないためハイブリッド車に比べ100キロ程度、軽量化されたとしています。
日産は今回、開発コストを引き下げるため、従来型エンジンの燃費向上や性能で実績がある
ドイツメーカーのエンジンを採用することになったと説明しています。
燃費向上や環境への対応で日本メーカーではハイブリッド車などに力を入れてきましたが、
ヨーロッパでは従来型エンジンの排気量を小型化し、ターボなどを活用して出力を確保する技術が進んでいます。
日産自動車の西川廣人副社長は「日本ではハイブリッド車が主力だが、ヨーロッパでは
エンジンの小型化が主流で先行している。非常に魅力を感じているので勉強していきたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140526/k10014739011000.html
関連記事:


引用元: ・【自動車】日産スカイラインにベンツのエンジン搭載 2014/05/26

続きはコチラ