スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:コミュニケーション

    1_500

    1: ファイヤーボールスプラッシュ(秋田県)@\(^o^)/ 2014/06/22(日) 10:34:03.79 ID:xTcvvmXB0.net BE:194767121-PLT(14001) ポイント特典

    コミュ障・・・。大学で男女入り乱れて「ウェーイwww」といっているリア充たちを尻目に、彼ら、いえ、私達はひっそりとおとなしく、影を殺すかのように佇んでいます。
    今回は、そんなコミュ障にありがちな言動とともに、コミュ症解消策などをご紹介します。

    1.慣れない相手にはカオナシ状態

    「『あっ、お願いします』とか『あ、あの、よろしくお願いします』とか、絶対最初になんかつけてしまう。自分でもカオナシかよって思う」
    コミュ障にとって、慣れない相手に話しかけるときのカオナシ状態はデフォルト。でもこれで自分の話し出すテンポを調整しているので、必要なんですよね。
    体育で走るときに、歩幅の調整をしたり、ちょっとした動きをつけてテンポをつかむような、あんな感じです。いつかは「あっ」て言わなくても話し出せるようになるはず。
    大丈夫、気に病まず頑張っていきましょう。

    2.会話シミュレーションは必須

    「大勢の飲み会とかで、まずどの場所について、そこからどういうテンションで誰に話しかけて、もちろんその内容も事前に考えて頭のなかで1回言ってみて、
    その返答からどうやって和やかに場が進むか考える。」
    頭のなかでは完璧ですが、考えすぎてタイミング逃して話しかけられなかったり、仮にできたとしてもシミュレーションの饒舌さはどうしたのだ、
    と自分に問いたくなるぐらいうまくいかなかったりしますよね。ここはガッツリ計画をねって自分が話して、というのではなく、適当にその環の近くに行って、
    相槌を打つことから始めていきましょう。

    http://news.ameba.jp/20140618-490/

    続きはコチラ

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/22(日)16:30:32 ID:cyeYtygP4
    実生活で役に経つもしくは経つ機会が多いオススメの趣味があったら教えてくれ。
    できればそんなに金がかからない趣味で。
    ちなみに今は野球ぐらいしかない。

    引用元: ・人生で何かと役立ちそうな趣味教えてくれ

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|twitter-logo
    via.Glitty
     最近、ビジネスソースとしても、お手軽ブログとしても、iPhoneが世間に浸透し始めてから、ユーザーがかなりアップしたtwitter。

    私も前からユーザーですが、iPhone ユーザーになり始めてから、眺める時間が増えたように思います。

     twitterがニュースソースになる程、今話題のtwitterですが、日本のtwitterにはないなぁ...と感じるのは、  仏教心理学で超有名な作家さんがtwitterしていたり、 瞑想とか教えている人が、今日の気づきをお知らせしていたり、 お坊さんから聞いたばかりの「感動した講話」をアップしていたり。

     タイにはそういう人が何人もいて、それをretweetして、感想を述べ合うというネットワークが延々と続くんですよ。

    精神的な疲れをここで癒したり、気付きをもらっているのかなって思います。

    (馬場 陽子)





     
    なんだ?コレ..........


    【関連記事】

    【生活】不安になって精神科行ったら知的障害域診断されたwwwwwこれからどうしよwww

    IT情報つめこみ速報|お父さん

     LINEも若年女性を中心に幅広い世代に支持されているが、
    彼女たちはLINEをどう使っているのだろうか。


     起床後、LINEの未読メッセージをチェックすることから彼女たちの1日はスタートするという。
    通勤・通学中や休み時間、退勤後や放課後、就寝前など、彼女たちは絶えずLINEを使う。
     始めたきっかけは、周りが徐々に使い始めて自然に利用し始めた人もいれば

    「Wi-Fi接続だけで利用できることもあり、遠距離恋愛していた彼氏に勧められました」(庭野さん)
    という意見や
    「連絡手段として便利だからという理由で、お父さんにインストールされました」(中谷さん)
    という女子高生ならではの意見もあった。
     

     ほとんどは友だちや恋人かと思いきや、意外にも6人中5人は家族と頻繁にLINEでやり取りしていた。
     また、グループについては家族間で複数存在するという気になる話も。
    どういうことかと尋ねると

    「お父さん抜きのグループがあるんです」(庭野さん)
    という回答。


    お父さんが聞くとショックを受けてしまいそうな話だが、なぜ家族で複数のグループを作るのだろう?
     

     「お父さんはその事実を知りません。
    グループの名前は、お父さんに見られても分からないようにしています。

    会話の内容は『今日お父さんいないの? やったぁ』というものや、
    お母さんが上機嫌で『今日何を食べに行こうか?』などです(笑)」
    (中谷さん)

    6人全員ではないものの、世のお父さんにとっては悲しい会話が繰り広げられていた。

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|Social Media
    総務省発表によると
    主なソーシャルメディアの利用率は、前年に引き続き1位となったLINEの利用率が倍増したほか今回から調査対象に加えられたGoogle+が2位になっている
    LINEの利用率は20代で80.3%となっており、30代以下のすべての年代で半数以上が使用している。

    2位のGoogle+の利用率も20代が最も高く45.3%
    30代以下のすべての年代で30%以上が使用している

    20代と30代でGoogle+を上回った3位のFacebookは、20代の57%が使用
    4位のTwitterは10代と20代でGoogle+を上回り、10代では2位となっている

    しかし、
    それほど広く使われている印象のないGoogle+が2位に入っているのはおかしいと感じる人も多いようだ。
    「Google」と「Google+」の区別がつかずに「利用している」と答えたのではないかという推測もある

    忙しい時、つい後回しになってしまうのがメールの返信。

    返さなきゃと思いつつ長時間放置してしまった経験はないだろうか?

    送ったほうにしてみれば、返信が遅いとないがしろにされている気分になるが、
    イライラせずに待てるボーダーラインはどのくらいなのか?

    R25が実施したビジネスマン610人
    (対象:25歳~34歳の1都3県に勤務する男性有識者)へのアンケート調査によると

    仕事で同僚に送った(比較的容易に回答できるはずの)メールに対し「返信が遅い」と感じるのは
    「24時間以上」が最も多く120人。

    次いで「3時間以上」が116人、「1時間以上」が104人となっている。

    すぐに返信ができない場合、最悪でも当日中には返信しておいたほうがよさそうだ。
     
    IT情報つめこみ速報|メール返信
    via.R25
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ