スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:エボラ熱

    no title

    管理人のコメントリベリアから帰国した60代男性がエボラ出血熱との疑いが浮上!!しかし、なんと!その男性が“消息不明”に!?一時連絡がとれないとの報道が!!((((; ゚Д゚)))ガクブル

    続きはコチラ

    46

    管理人のコメント猛威を振るう『エボラ出血熱』路上では死体が放置状態…そんな中、衝撃の出来事が!!ヒトからヒトへと感染していくウチに…ウイルスは変貌していき…。

    続きはコチラ

    no title

    管理人のコメント信じられない事実がリベリアで起こってしまった!恐怖の感染病『エボラ出血熱』の隔離施設が襲撃された…リアルバイオハザードだ…

    続きはコチラ

    3eacd818
    1: トラースキック(禿)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 10:45:56.36 ID:90po1Knsi.net BE:252675218-PLT(15000) ポイント特典
    エボラ出血熱 医療従事者も感染相次ぐ
    8月4日 4時57分
    西アフリカで、エボラ出血熱の患者が増え続けるなか、医療従事者が感染する事例が相次ぎ、患者の受け入れをやめる病院も出ており、国際的な支援によって現地の医療体制を強化することが急務となっています。

    エボラ出血熱は、エボラウイルスが引き起こす致死率が極めて高い感染症で、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3か国では、感染が過去最大規模で拡大し、これまでに729人が死亡しています。

    現地では、感染が広がり続けるなか、医師や看護師などが死亡する事例も相次いでおり、WHO=世界保健機関によりますと、これまでに60人以上の医療従事者が死亡したということです。

    こうしたなかで、リベリアでは医療従事者の不足からエボラ出血熱の患者の受け入れをやめた病院も出ているということです。
    さらに、現地に入って医療活動を続けている国際NGOからも、今の体制で対応するには限界だという声も出ています。

    今回、感染が広がった3か国は、医師や看護師が不足するなど、もともと医療体制がぜい弱で、感染の拡大を防ぐためには感染症の専門家の派遣など、国際的な支援によって現地の医療体制を強化することが急務となっています。

    続きはコチラ

    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 07:07:53.31 ID:???0.net BE:348439423-PLT(13557)
    西アフリカのリベリアで宣教してきたスペイン人のカトリック神父がエボラ出血熱に感染したことが分かった。
    所属するスペインの慈善団体が5日、発表した。

    感染したミゲル・パハレス神父(75)は過去50年、リベリアで暮らし、ここ7年間は首都モンロビアの病院を拠点にしてきたが、病院長が2日、エボラ出血熱で死亡した。
    神父は他の5人の宣教師と共に病院に隔離された。

    *+*+ jiji.com +*+*
    http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014080600047

    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ