スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:エボラウイルス

    13dc20b7

    管理人のコメント 日本に入ってくる可能性は十分に考えられます。今のうちから空港・港を本格的に管理しないと日本は最も危険な状況に陥るでしょう。もし水道が汚染されたら?スーパーで食材を買ってエボラが発症してしまったら?あなたはどうしますか?

    続きはコチラ

    09

    管理人のコメント驚異的な広がりを見せている恐怖のエボラウイルスについてアンソニー・バリー国連特別代表がマジキチな発言をした…。

    続きはコチラ

    Ebola-620x350

    管理人のコメント 日本にエボラ出血熱が入ってきたら、人口密度と平和ボケのせいで10万人位すぐに死にそうorz受け入れの病院とかもなく世界最強のウイルスで致死率80-94%のエボラウイルスに蹂躙されそう(泣)

    続きはコチラ

    46

    管理人のコメント猛威を振るう『エボラ出血熱』路上では死体が放置状態…そんな中、衝撃の出来事が!!ヒトからヒトへと感染していくウチに…ウイルスは変貌していき…。

    続きはコチラ

    383A9E794BBE5838F
    1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 12:42:15.91 ID:???O.net
    西アフリカで大変な事態が起きつつある。
     ほとんどの読者の方は、今年2月から西アフリカの3カ国(ギニア、シエラレオネ、リベリア)でエボラ出血熱(以下エボラ)が発生していることをご存じだろう。

    致死率が50~90%に達する世界で最も怖い伝染病

    先週、ある事件が起きたことで、エボラがさらなる拡大を見せつつあるのだ。ウイルスに感染すると致死率が50~90%という高さであり、もはや日本から遠く離れたアフリカの風土病と位置づけている時代は終わりを告げるかもしれない。

     実はナイジェリアの首都ラゴスで7月25日、エボラによる死亡者が出た。この事例は単に感染が4カ国に広がったということではない。

    深刻な事態に発展する可能性があるのだ。

     と言うのも、ラゴスの病院で亡くなったパトリック・ソイヤーさんという40代のリベリア人男性は、リベリア財務省のコンサルタントで、飛行機でリベリアからナイジェリアの空港に着いた直後に倒れて病院に搬送されている。

     ラゴスの保健省によると、ソイヤーさんがナイジェリアに着いてから59人との接触があった。周囲の人たちはソイヤーさんがエボラの患者だったことを知らない。
    すでに59人は特定されて、感染の注意が喚起されているというが、経過が注目されている。 
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ