スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:アート


    1: 歴史教育推進係 ◆OFACtauI4s 2014/07/29(火) 21:18:51.70 ID:B25/eaWs0 BE:361461932-PLT(13000) ポイント特典
    オーストラリア・シドニー(Sydney)で29日、同市の目抜き通りへの設置が計画されている日本人建築家の巨大パブリックアート作品が発表された。
    だが、作品が同市の評判を上げるだろうとの声が上がる一方で、「ばかばかしい」との批判も上がっており、作品の評価は真っ二つに分かれている。

    ?東京を拠点に活動する建築家の石上純也(Junya Ishigami)氏がデザインを担当する高さ50メートルの鋼鉄製のアート作品
    「クラウド・アーチ(Cloud Arch)」は、同市中心部のビジネス地区や街路、公園の美化計画の一環として、ジョージ通り(George Street)を
    またぐように設置される予定。

    ?だが、「クラウド・アーチ」のデザインについては誰もが納得しているわけではない。鋼板を二つの方向に曲がりくねらせながら細く延ばしたようなその外観は、ジェットコースターのコースや、糸ようじ、さらにはスパゲティの麺など、さまざまなものに例えられている。

    ?マイクロブログのツイッター(Twitter)上では、「市中心部に新しく設置される作品は、とんでもなくばかばかしい。

    市が選んだ最高のものがあれか?」との投稿や、アルマニアス氏の作品について「あの『ミルク箱』は全く滑稽だ」とのコメントもみられた。

    ?地元紙シドニーデーリーテレグラフ(Sydney Daily Telegraph)は、同市のクローバー・ムーア(Clover Moore)市長について、
    「クローバーの頭はクラウド(雲)の中にあるのか?」と問いかけた。また同紙のウェブサイトで実施されたアンケートでは、3分の2近くがこのプロジェクトは金の無駄と回答した。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3021765
    no title

    続きはコチラ

    and_588892

    商店街のトイレに朴槿恵大統領の風刺落書きが発見された。その落書きはセウォル号のことが描かれており「DECIMATOR OF THE SEWOL(セウォル号大虐殺)」と書かれている。

    朴槿恵大統領と思われる人物の絵と海に沈むセウォル号、そして白骨化した死体を表現したこの落書き。

    この落書きを発見したのは商店街管理人。

    それを通報したところ、落書きをしたと思われる20代男性が逮捕された。
    深夜の2時頃にこの絵は発見され、ほかにもステッカーなども見つかっている。

    逮捕された罪状は器物損壊だという。また男性に余罪が無いか追求している。

    朴槿恵大統領の風刺画を発見 20代を現行犯で検挙(ハングル)

    続きはコチラ

    IT情報つめこみ速報|dust_bunny
     NOAカプランが制作するオブジェは、元の形が認識されなくなるまで拡大し、
    自然に存在する、小さな物の構造が持つ奇妙な美しさを探っています。

     カプラン氏は述べています。

    あなたが過ごす時間の中でよく目にするものは、すべて美しい。
    だから私はそこから個性が無いように見える物の中から何を選ぶだろう?

     家の周りに蓄積するほこり、綿毛、髪の塊 - -

     彼女はほこりの塊を選ぶことにしました。

    皮膚、昆虫の羽と絡み合ったカーペット繊維で形作られたダストバニー は、複雑で魅力的な構成を明らかにするために大規模なプラスチックに改造されています。

    1: ベガスφ ★ 2013/10/07(月) 19:36:42.69 ID:???

    "女子大生の“太ももイラスト”、授業中の暇つぶしが世界から評判に"

    米国のある女子大生は、いつも講義の時間中に“太ももにイラストを描く”

    という暇つぶしをしていた。そして出来上がった作品を写真に撮り、

    ネットに投稿していたところ、そのクオリティに世界が注目。

    大きな反響を呼ぶことになったという。


    米紙ボストン・グローブやニューヨーク・デイリーニュースなどによると、
     
    注目を集めているのは、フロリダ州出身で、ボストンにあるエマーソン大学に
     
    通っている19歳の女子大生、ジョディ・スティールさん。


    数多くの米国人俳優を輩出したほか、日本人でもタレントの関根麻里が

    卒業生に名を連ねるエマーソン大学は、米国でも有数の名門芸術系大学として知られ、

    スティールさんも現在映画製作者を目指している学生の1人だ。


    そんな彼女が自信を持っていた特技がイラスト。約1年前のある日、

    大学の授業に集中できなくなった彼女は、暇つぶしになにか落書きしようと

    考えたものの、描く紙がないことに気付いたそう。そこで紙の代わりに

    「手っ取り早い」と選んだのが、きれいな肌をした自分の太ももだった。


    彼女はそこに、水性インクペンを使って人気ドラマの出演者などを描き、

    出来上がったイラストはiPhoneで撮影して、ネットに投稿するようになったそうだ。
     

    すると、彼女が描いた素晴らしい出来栄えのイラストはすぐに評判を呼ぶようになり、
     
    やがて自分の名前を明かした上で次々と作品を投稿。今では米国内のみならず、

    世界中に彼女のファンが広がっているそうで、最近は彼女のイラストに興味を持った

    「ブラジルやフランス、香港」などの企業から、仕事の依頼も舞い込んでいるという。


    授業の暇つぶしが注目を集めて世界の人と繋がる機会を持つようになり、

    彼女は「ネットで有名になって得た素晴らしいこと」「ものすごく興奮すべき出来事」

    と話しており、現状には大いに満足している様子だ。


    人を描くときは事前に、それ以外の猫や象といった動物などは

    その場で題材を決めて描くというスティールさん。


    だいたい45分で1作品を描き上げてしまうそうで、写真に残した後は

    石鹸と水でで洗い流し、“太もものキャンバス”を元通りにするという。

    ちなみに、“副業”ばかり力を入れて本業の映画製作に関する勉強が疎かになっては

    眉をひそめる大人もいるだろうが、彼女の場合はほとんどAと成績も優秀なのだそうだ。

     
    2013/10/07 18:44
    http://www.narinari.com/Nd/20131023241.html
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ