スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:アニソン

    IT情報つめこみ速報|hires
    アニソン・Jポップのハイレゾ音源配信もスタートし、今やハイレゾは手軽で普通な存在となりつつある。
    この1~2年の急激な一般化の波と拡大化を見ると、今こそハイレゾを理解する良きタイミングなのだ。
    ハイレゾ生活をスタートするまでに覚えておきたいポイントを5つにまとめてみたので参考までに。

    1.配信サイトの特長を知る

    最初に知っておくべきは音源購入するサイトの特長だ。
    サイトごとに揃えている楽曲の特長や、

    検索性も含めて使いやすいと感じるサイトを試してみよう。

    用意している音源フォーマットが違う点も要注意だ。

    2.PCM音源とDSD音源の違いを知ろう

    ハイレゾ音源の形式は大きく分けて2種類。
    1つが
    一般的に
    ポップスやロックに向くとされる
    PCMでその特性が「精細さ」なのに対し、

    もう1つのクラシックやジャズに向くDSDは「柔らかさ、きめ細かさ」を特長とする。

    3.製品選びは機能性を優先して選ぶ

    製品選びに音質はもちろん大事だが、音質に関するスペックを理解するにはある程度のリテラシーも求められる。
    シンプルに機能性・設置性・操作性・接続方法など「使いやすさ」を重視して選ぶことが重要だ。

    4.DAC内蔵の出力機器が最も手軽な手段

    ハイレゾ音源を再生するには「DAC」が不可欠。
    USB DAC製品が選び難いなら、スピーカーやヘッドホンなど
    DAC内蔵の出力機器の購入も手だ。

    PCとUSB接続するだけで良いので、手軽にハイレゾ音源を聴ける。

    5.幅広いフォーマットに対応した製品を選ぶ

    音源フォーマットに対して妥協は厳禁。
    現状でDSD再生の機会がなくとも、DSD音源が配信された時に対応出来る様、
    PCMとDSDの両方に対応したモデルを選ぼう。


    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ