スポンサードリンク

    .

    管理人のコメント Hahahahaha! 〜カテゴリーだぜ〜

    タグ:がん

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 13:11:14.25 ID:???0
    音楽家の坂本龍一が、自身をめぐる一部メディアの報道に対しTwitterで疑問を呈している。

    10日に複数のメディアが坂本について
    「6月に入ってから喉に違和感を覚えはじめ、咽頭がんと判明した」
    などと報じたが、スポーツ紙「スポーツニッポン」含む一部メディアは、同日付でこの話題を取り上げ
    「反原発運動に携わってきた立場から『放射線治療は拒否』」
    などの情報も掲載していた。

    この記事のことを指しているのか、坂本のマネージャーは同日に自身のTwitterアカウントで
    「スポニチーーなんて適当な記事...」と投稿し、不信感をあらわにした。

    また、坂本自身もマネージャーのツイートを引用し「読んでないけど。
    ああいう芸能記事を真に受ける人いるの?」と投稿し、同紙の報道に疑問を呈している。

    なお、坂本は同日に公式サイトにコメントを掲載し、6月末に中咽頭癌が見つかったことを正式に公表している。
    コメントでは、坂本がしばらく治療に専念すること、現在携わっている札幌国際芸術祭2014に立ち会えなくなることや、7月30日に予定していたパークハイアット東京でのライブが中止となることについての謝罪の言葉も綴られているが、治療の詳細については触れられていない。

    2014年07月10日11時53分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9028138/
    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 13:11:51.60 ID:McuRLCNR0
    no title

    これか

    【関連記事】

    続きはコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    aXM3VoK
    1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 07:36:26.19 ID:???i
    世界的音楽家・坂本龍一が中咽頭がんであることがわかった。
    治療に専念するため海外を含め全ての演奏活動が休止されることになる。
    創作活動は病床でも続けるとみられる。
    放射線治療は反原発活動の先頭に立ってきた立場から拒否する考えを主治医に伝えているという。

    http://jcc.jp/news/8522365

    続きはコチラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ogimg_blk

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 10:16:32.93 ID:???0.net
    被害者続出、いったいどういうことだ!「がん保険」がんになってもカネは出ない

    ——2人に1人が「がん」になる時代に、保険会社が儲かるカラクリがわかった
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39551
    なりたくてがんになったわけじゃない。

    だからこそ、「いざ」というときのために備えてきた。

    それなのに「保険金は支払えません」なんて、あまりに理不尽じゃないか—そんなトラブルが頻発している。

    「お客様のがんは対象外です」

    「先生からは、確かに『がん』だと告知されました。
    まだ初期だから心配ないと言われましたが、まさか自分ががんに罹るとは思ってもいなかったのでショックでした。

    不幸中の幸いだったのは、がん保険に入っているから治療費の心配はしなくていいということ。
    ところが、保険会社に申請すると、『お客様のがんは、保険の対象外です』と突き返されたんです。
    がんだと診断されたのにがん保険が下りないなんて、どういうことですか?
    これまで20年以上、万が一のためにと思って、保険料を払い続けてきたんです。
    いざというときの備えだったのに、肝心なときにカネが出ないなんて、保険ではなく詐欺じゃないか」 

    東京都在住の68歳の男性は、こう憤る。
    昨年、健康診断で大腸に異常が見つかり、内視鏡手術で切除した。
    医師からは、「早期の大腸がんです」と告げられた。 

    男性は、45歳からがん保険に入っていた。
    会社の上司が肺がんを患い、長期入院の末、退職せざるを得なくなったことがきっかけだ。
    加入したのは、がんと診断されたら一時金として200万円、入院1日につき1万円がもらえる保険。月に8000円弱の出費となったが、「収入が無くなり、治療費で貯金が取り崩されることを考えれば必要経費。安心をカネで買ったようなもの」だった。 
    それから23年。ついに「その日」が訪れた—と思ったら、自分のがんは「対象外」 
    と冷たく見放されたのである。
    続きはコチラ

    特選記事はコチラ!

    このページのトップヘ