IT情報つめこみ速報|NHK

インターネットバンキングのパスワードが盗まれ、預金を奪われる被害が急増していますが、
こうしたパスワードを盗み出すコンピューターウイルスに、先月までの1年余りで少なくとも国内の4万台近くのパソコンが感染したことが、セキュリティー会社の調査で分かりました。

国内などのセキュリティー会社3社は14日、合同で、インターネットバンキングを通じた不正送金の現状について説明会を開きました。

00: オレ的VIPPER速報てきなやつ 2014年 RSS記事一覧 :ID/dkajdiojf

法人口座でも預金奪われる

また、ネットバンキングで預金を奪われる被害は、個人の口座だけでなく、企業などの法人口座でも急増していて、法人口座で不正送金が行われた国内の銀行は10行余りに上ることも報告されました。

(中略)

法人口座の被害 銀行は補償せず

同じ手口で不正送金の被害に遭っているにもかかわらず、なぜ、個人口座と法人口座で補償の在り方に違いがあるのでしょうか。


個人よりも厳格なセキュリティー対応が求められる企業などの法人口座については、こうした統一の方針は定められていません。
このため多くの銀行は、個人と同じ手口であっても、法人では、銀行側に過失などがないかぎり補償しないとしています。

詳細は以下より:
パスワード盗むウイルス 約4万台感染
 













音楽アプリ|FunMusicLife|無料|iPhone
無料で音楽聴き放題!登録ナシ!世界中の人気・新曲を毎日更新!噂のiPhone専用・音楽アプリ

コメント

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

人気記事ランキング